〜季節誌しずく写真集「百肖」〜東三河の地産地消

豊橋、豊川、田原、新城、蒲郡「東三河」の地産地消を応援する季節誌しずく。創刊4周年を記念して100人の生産者さんを紹介する写真集「百肖〜ひゃくしょう〜」を平成27年秋に発行。このブログ内では、今回、百肖に登場する生産者さんの取材風景や生産者の素顔を紹介。

三枝正彦さん【豊橋】東三河の農業・六次産業を共に…

国立大学法人豊橋技術科学大学の教授を務める、

三枝正彦先生。

百肖「豊橋」三枝正彦


私と先生の出会いは、2年前。

6次産業化推進人材育成事業の資格を取得するため、

参加した授業で、先生の講義を受けました。

刺激的でした。

百肖「豊橋」三枝正彦

私は農業を行ってはいませんが、

農業を営む方の目線でデザインのお手伝いをしたいっと、

お世話になりました。

百肖「豊橋」三枝正彦

ここは、技術大学内の植物工場。

ここも見学に訪れた個所のひとつでした。

百肖「豊橋」三枝正彦

学ばなければ、

先生と出会うこともなかったですし、

技大へ足を踏み入れることもなかった…

今思うと、とても貴重な経験をしたんだなっと、

そして、人との出会い、私自身の方向性…

先生にはいろんなことを教えてくださいました。

百肖「豊橋」三枝正彦

本当に、ありがとうございました。

先生はもうすぐ仙台へ帰られてしまいます。

さみしいです…

東三河の農業がどのようにうつり、

他とはどう違うのか…

お話しは尽きません。

先生のお話…楽しすぎます♪




季節誌しずくをもっと知りたい…
季節誌しずく


季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
アイスタイルデザイン





 
photo by shizuku2015
0

    清水未緒さん【豊橋】くくむガーデン


    いつも笑顔がステキな清水未緒さん。

    百肖「豊橋」清水未緒

    東京農業大学を卒業。

    モクモク手づくりファームで働く経歴も持ち、

    農業大国、東三河へ舞い降りました。

    くくむガーデン店長・宮地めぐみさんと二人三脚で7年。

    百肖「豊橋」清水未緒

    くくむガーデンは2015年12月31日をもって、閉店。

    2016年4月に新しい移転場所で、オープン予定です。

    百肖「豊橋」清水未緒

    お花あり…

    百肖「豊橋」清水未緒

    こだわり産直あり…

    私にとっても、大変癒しのお店でありました。

    百肖「豊橋」清水未緒

    しずくで取り上げさせていただいた方もみえます。



    清水さんは、3月に出産のため、復帰はオープン後の予定だそう。

    新しい新店舗は、

    カフェが中心のお店作りになるそうです。

    ここ、くくむガーデンのカフェも11月で幕を下ろします。

    モーニングタイムからいつも賑わっていて、

    清水さんのレシピも数々登場しています。

    東三河の食材をいかにおいしく食べてもらえるか…

    こうした気持ちがお客さんにちゃんと繋がっているのですね。


    新しい店舗も楽しみ♪

    くくむガーデンも年内は営業しますので、

    残りの期間も楽しみたいと思います。

    清水さんは、私の憧れの人の一人です(笑顔)




    季節誌しずくをもっと知りたい…
    季節誌しずく

    季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
    アイスタイルデザイン

     
    photo by shizuku2015
    0

      河合晃さん【豊橋】銀色のヒゲのお米「女神のほほえみ」生産者


      豊橋の河合果樹園さんと言えばレモン。

      その河合果樹園さんのお父さんの河合晃さん。

      百肖「豊橋」河合晃

      龍の瞳の突然変異で生まれた、女神のほほえみ。

      今年から販売に向けて、

      イベントが組まれました。

      百肖「豊橋」河合晃

      こちらは、田植えの時。

      百肖「豊橋」河合晃

      刈り取りの前を迎えた頃…

      百肖「豊橋」河合晃

      佐原豊橋市市長が、見学に来られました。

      昨年、偶然にも食べられたということで、

      おいしさに、ぜひ現場を見たいと来られました。

      百肖「豊橋」河合晃

      こちらは、9月に開かれた稲刈りイベントの田んぼ。

      百肖「豊橋」河合晃

      たわわに実ったお米は、大粒で、甘みがあり、

      もっちり。

      田んぼで食べた女神のほほえみのおにぎりは、

      最高!でした!


      季節誌しずくをもっと知りたい…
      季節誌しずく

      季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
      アイスタイルデザイン





       
      photo by shizuku2015
      0

        伊藤嘉則さん【豊橋】重量野菜を中心にお任せ


        ちょうど3年目に、しずくに登場していただいた、

        伊藤嘉則さん。

        百肖「豊橋」伊藤嘉則

        取材時は、伊藤さんの代名詞の白菜の畑にお邪魔しました。

        3年前はブロッコリーと長ネギの畑を拝見しました。

        キャベツも主力としていますので、

        私はキャベツの伊藤さんとお呼びしております。

        百肖「豊橋」伊藤嘉則

        豊橋でも、代表とするこの白菜の作り手さんは、

        実は減っているそうです。

        核家族で1個をなかなか消費できなかったり、

        生産者さん側からは重量野菜になり、

        高齢化に伴い減っているのが現実…

        百肖「豊橋」伊藤嘉則

        今年は、秋の長雨で・・・

        っと、遅れているのかとおもいきや、

        伊藤さんは、順調ですと。

        百肖「豊橋」伊藤嘉則

        「今は草も取り切って、

        やることがあまりないんです。」っと伊藤さん。

        雨の合間やその前に、

        仲間と協力し合い、助けてもらい、助けて植え切ったそうです。

        こうして植えられた白菜は、

        ツヤツヤ。

        百肖「豊橋」伊藤嘉則

        キレイですね。

        うっとり。

        もうすぐ、伊藤さんにとって、

        忙しくなる冬がやってきます。




        季節誌しずくをもっと知りたい…
        季節誌しずく


        季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
        アイスタイルデザイン


         
        photo by shizuku2015
        0

          伊藤健一さん【豊橋】独自のスタイルと生き方

          百肖「豊橋」伊藤健一
          キャベツと玉ねぎを専門で栽培する伊藤さん。

          理由は「国産」この2種類ならTTPがあっても安心してみんなが食べてくれると確信があるから。

          20歳で就農、4年後には代がわりをし、それから30年余り。

          奥様と2人で徹底したコスト管理と独自の農法で規模を拡大し

          通常ではできないと思われる面積をこなし、周囲の農家に一目置かれる存在。


          百肖「豊橋」伊藤健一

          取材の頭に

          「「地産地消」なんて意味がないだろう。

          近い人より遠い人の方が高く買って、地元の人は県外の安い野菜に手が伸びる。

          こんな矛盾してることはおかしい。でもこれが現実。

          自分はそういうのは嫌いで有名だからわたしなんか写真に出すと周囲に避難されるぞ。」

          と一喝。続けざまに

          「一般農家の人たちが思っているような思想はない。それでは生活できない。」

          取材を通じて感じたこと、そのまま言われてしまった…

          利益を追求するのは「会社員」も「農家」も同じなのだ。




          それでも、畑の話や農法の話をお聞きするうちに…

          昔のことをお話ししてくれはじめました。

          農業学校の卒業式には、病気が原因で出られなかったこと…

          医師に農業ではなくデスクワークを勧められたこと…

          体に負担をかけずに農業を続けられる策を考えて現在に至ること…

          来年には息子さんが就農されて、すぐにでも代がわりをすること…


          百肖「豊橋」伊藤健一

          きれいな畑の人は農業が上手。

          そうなんです、めずらしいハウスを使わない「苗」の畑。

          実は効率至上主義の伊藤さん。

          ハウスや大型農機具を使わない徹底的にコスト面にもこだわりを持つ。


          百肖「豊橋」伊藤健一

          なのに土手はこんな感じ。

          「普通の農家さんならきれいにするでしょ?でもそれはしないのがひとつの技術。

          雑草がはえていることで雨水による土の流失が防げるから。」

          納得の理論。





          百肖「豊橋」伊藤健一




          そしてこの150mの先が見えないうね〜〜〜すごすぎます。


          こんなにきれいな畑。

          実は、伊藤さんの独特なスタイルの秘密が隠されているのです。。。


          何も植えられていない時期の畑は、市役所に「畑が荒れていますから、手入れしてください」と

          忠告を受けるほどの畑だとか…

          で…

          定植の寸前に耕して、そのままその日のうちか翌日には定植し、

          収穫までの期間、水も、草取りも、穴の開いた葉を取るなどのお世話は最低限。


          ほとんど畑には入らないとか…

          百肖「豊橋」伊藤健一

          実は伊藤さん、このまま農業を続けるとハンデを背負う可能性があると

          医者に言われ、とにかく体に負担をかけない農業を目指したとか…



          その後もここには書ききれないほどのお話しと

          ここでは書けない「爆弾発言」もたくさん飛び出しました…(笑)



          最後には笑顔で冗談を言ってくださるほど。
          ほんとに楽しい時間を過ごせました。


          百肖「豊橋」伊藤健一

          少し、本人も自負するほど変わり者?の伊藤さんですが、

          「あぶら菜会」「大成会」などの農家さんを集めた勉強会や

          二川本陣まつりなどでたくさんの人々の交流を手助けしているのです。。。




          最後にこれからの夢は?の問いに…

          「今まで世話になった人たちに恩返しをしたい。人のために役立ちたい」と。

          これを聞いたしずくスタッフは超感動!でした。


          取材も終盤にさしかかったこのタイミングでお会いできたご縁に感謝、感謝です。

          ありがとうございました。









          季節誌しずくをもっと知りたい…
          季節誌しずく


          季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
          アイスタイルデザイン
          photo by shizuku2015
          0

            blog information

            >> Latest Photos
            >> Recent Comments
            >> Recommend
            >> Mobile
            qrcode
            >> Links
            1 / 6 >>




            百肖〜季節誌しずく写真集〜

            創刊4周年を記念してアイスタイルデザイン「しずく企画室」が東三河の生産者100人をご紹介。写真集の詳細は下をクリック!

            季節誌しずく写真集「百肖」



            最近のブログ

            このページの先頭へ

            管理者ページ