〜季節誌しずく写真集「百肖」〜東三河の地産地消

豊橋、豊川、田原、新城、蒲郡「東三河」の地産地消を応援する季節誌しずく。創刊4周年を記念して100人の生産者さんを紹介する写真集「百肖〜ひゃくしょう〜」を平成27年秋に発行。このブログ内では、今回、百肖に登場する生産者さんの取材風景や生産者の素顔を紹介。

森嘉隆さん【豊橋】ビジネスとして農業の神髄

百肖「豊橋」森嘉隆
雨の翌日の空き時間に取材に応じてくださった「森嘉隆さん」。
21歳のころに就農して34年。親の代から続く農家を継ぎました。

現在では「豊橋市認定農業者連絡会」の会長を務められています。

百肖「豊橋」森嘉隆
伺ったこの日は「あまながくん」の終わりごろでした。
これからはキャベツと白菜などを手掛けるとお話しされていました。

10人前後の従業員さんと共にたくさんの畑を管理しています。
畑には減肥を図るために「菌」を入れて土壌消毒をしない農法を行っています。

百肖「豊橋」森嘉隆
農業を大きくすることや「収量」ばかりを追求するのではなく、その先にある「おいしさ」もしっかり追求している森さん。テレビやメディアに取り上げられることもしばし。流通によって出てしまう「価格差」が減り、地元での流通の整備があるとより地産地消などが進むのではないかと教えてくださいました。

百肖「豊橋」森嘉隆
身内の方が「アトピー」になられた時に、病院に行っても治らないと聞き「おれの畑の野菜を食わせればいいだ。」と勧めたことでアトピーが改善したというお話を聞かせてくださいました。

実は「季節誌しずく」の創刊前に聞いたお話の中に「親の生まれ育った水源」をたどりそれを子供が摂取することで病気が快方に向かう研究があり、実践しているお医者さんがいると聞いたことがあったので〜ちょう〜感動したしずくスタッフ。

百肖「豊橋」森嘉隆
体が覚えている口から入る「しずく」遺伝子の地図がきっとあると思うのです。

百肖「豊橋」森嘉隆
現在の流通は他府県が多い森さん、こんな発言にしずくスタッフは頭を叩かれました。

「私が預かっているのは「国民の食」。これからも安心安全なものを提供していくよ。」

この言葉しびれました〜。感動、感動の連続!
ありがとうございました。



季節誌しずくをもっと知りたい…
季節誌しずく

季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
アイスタイルデザイン


photo by shizuku2015
0
    << 永田晴敬さん【豊橋】黄金たもぎ茸を向山から | main | 小久保知弘さん【田原】しらすの仕掛け人 >>









    blog information

    >> Latest Photos
    >> Recent Comments
    >> Recommend
    >> Mobile
    qrcode
    >> Links




    百肖〜季節誌しずく写真集〜

    創刊4周年を記念してアイスタイルデザイン「しずく企画室」が東三河の生産者100人をご紹介。写真集の詳細は下をクリック!

    季節誌しずく写真集「百肖」



    最近のブログ

    このページの先頭へ

    管理者ページ