〜季節誌しずく写真集「百肖」〜東三河の地産地消

豊橋、豊川、田原、新城、蒲郡「東三河」の地産地消を応援する季節誌しずく。創刊4周年を記念して100人の生産者さんを紹介する写真集「百肖〜ひゃくしょう〜」を平成27年秋に発行。このブログ内では、今回、百肖に登場する生産者さんの取材風景や生産者の素顔を紹介。

お届けしています。

i-styledesginのテーマ「紙にチカラをあたえますもの」。

紙にはネットではできない、

そして紙しかできない可能性があると信じています。

たくさんの笑顔をもらえる...そんな紙のチカラを信じてこれからも頑張ります。

ご協力いただいたみなさま、本当に本当にありがとうございました。


しずくスタッフ 村井・山田
 

季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜 季節誌しずく〜百肖〜
photo by shizuku2015
0

    伊藤正雄さん・正幸さん・博昭さん【豊川】株式会社イトコーから地産地消を発信


    豊川市の工務店、株式会社イトコー。

    会長・伊藤正雄さん、社長・伊藤正幸さん、専務・伊藤博昭さん。

    百肖「豊川」伊藤正雄さん・正幸さん・博昭さん

    過去3回のしずく朝市の会場、としても、

    お世話になっております。

    百肖「豊川」伊藤正雄さん・正幸さん・博昭さん

    奥三河の木を使い、地産地消。

    住むだけでなく、そこに住む人も健康に…

    こうした、あたたかさが伝わってきます。

    百肖「豊川」伊藤正雄さん・正幸さん・博昭さん

    家のメンテナンスだけでなく、

    体のメンテナンス講座や、

    ライフスタイルの提案など、

    家と人が結びつく、そんな提案をいただけます。

    百肖「豊川」伊藤正雄さん・正幸さん・博昭さん

    百肖「豊川」伊藤正雄さん・正幸さん・博昭さん

    ひとつひとつを丁寧に、

    計算尽くされた家づくりに、

    なるほどの一言。



    しずくにとっても、本当に感謝です。




    季節誌しずくをもっと知りたい…
    季節誌しずく


    季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
    アイスタイルデザイン




     
    photo by shizuku2015
    0

      三枝正彦さん【豊橋】東三河の農業・六次産業を共に…

      国立大学法人豊橋技術科学大学の教授を務める、

      三枝正彦先生。

      百肖「豊橋」三枝正彦


      私と先生の出会いは、2年前。

      6次産業化推進人材育成事業の資格を取得するため、

      参加した授業で、先生の講義を受けました。

      刺激的でした。

      百肖「豊橋」三枝正彦

      私は農業を行ってはいませんが、

      農業を営む方の目線でデザインのお手伝いをしたいっと、

      お世話になりました。

      百肖「豊橋」三枝正彦

      ここは、技術大学内の植物工場。

      ここも見学に訪れた個所のひとつでした。

      百肖「豊橋」三枝正彦

      学ばなければ、

      先生と出会うこともなかったですし、

      技大へ足を踏み入れることもなかった…

      今思うと、とても貴重な経験をしたんだなっと、

      そして、人との出会い、私自身の方向性…

      先生にはいろんなことを教えてくださいました。

      百肖「豊橋」三枝正彦

      本当に、ありがとうございました。

      先生はもうすぐ仙台へ帰られてしまいます。

      さみしいです…

      東三河の農業がどのようにうつり、

      他とはどう違うのか…

      お話しは尽きません。

      先生のお話…楽しすぎます♪




      季節誌しずくをもっと知りたい…
      季節誌しずく


      季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
      アイスタイルデザイン





       
      photo by shizuku2015
      0

        松沢政満さん【新城】循環式有機農業


        豊橋有機農業の会・会長松沢政満さん。

        百肖「新城」松沢政満

        初めてであったのは、

        2011年、そう、しずくを立ち上げる時。

        とても貴重な出会いであり、スタートを支えてくださいました。

        百肖「新城」松沢政満

        松沢さん宅へ訪れるのは、

        これで2回目。

        百肖「新城」松沢政満

        築200年のお家を拠点に、

        田んぼ、畑、池、果樹…

        農園というよりは、もう、里です。

        百肖「新城」松沢政満

        松沢マップという、福津農園の地図があり、

        どこに何が生え、生息しているのかが書かれています。

        草、微生物などなど…すべての命あるのもが、

        共存し、サイクルを作る。そこに、人間が加わる。

        百肖「新城」松沢政満

        基本というより、

        昔は当たり前だったことを教わっています。(終わりはないので…)

        百肖「新城」松沢政満

        この地にきますと、

        ひとごみなどの音はなく、静かで、

        なにか…体が浄化される感じ。

        不思議です。

        百肖「新城」松沢政満

        にわとり、やぎ、犬…

        共に生きる仲間。

        そして、自然の贈り物。

        感謝の言葉が自然と生まれるんですね。


        本当に、いつもありがとうございます。



        季節誌しずくをもっと知りたい…
        季節誌しずく

        季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
        アイスタイルデザイン

        しずく 松沢さん



         
        photo by shizuku2015
        0

          酒井 淳さん【名古屋】地産地消の大切さを食す


          しずく朝市でも大変お世話になった、

          元アークリッシュホテルの酒井淳シェフ。

          百肖「名古屋」酒井 淳


          今年、9月に名古屋にお店をオープン。

          目の前で談話をしながらお料理を作る所を見ながら、

          フランス料理をいただくスタイル。

          百肖「名古屋」酒井 淳

          お店はとってもおしゃれ。

          百肖「名古屋」酒井 淳

          とっても大切な空間が伝わります。

          シェフは東三河にいるころから、

          食材は自分で足を運んで生産者さんと会っていました。

          アークリッシュもその形で、提供されていました。

          食べる人のことを考え抜いたことに、

          作られるお料理にじんわりです。


          百肖「名古屋」酒井 淳

          こちらは、第2回のしずく朝市です。

          子どもたちのために、オリジナルドレッシングを作ってくれました。


          百肖「名古屋」酒井 淳

          こちらは、第1回のしずく朝市。

          豊川産のさつまいもを使った、

          オリジナルサツマイモポタージュ。

          お料理が美しい。


          こんな私たちに、

          いろいろと力を貸してくれたシェフに感謝です。

          今後とも、よろしくお願いします。




          季節誌しずくをもっと知りたい…
          季節誌しずく


          季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
          アイスタイルデザイン

           
          photo by shizuku2015
          0

            小泉仁敬さん【田原】フードオアシスあつみ


            田原市、豊橋市、豊川市に店舗を持つ、

            フードオアシスあつみさん。

            販促企画担当の小泉仁敬さん。

            百肖「田原」小泉仁敬

            「ここにある、いろんなPOPは、

            店舗のスタッフで作ってるんですよ。」

            っと、とっても楽しいPOPばかり。

            「これ、僕が作ったんです!」っと、

            楽しさがいっぱいに詰まったPOPを紹介していただきました。

            わかりやすさや、安心が消費者にとっては、

            とってもうれしいです ハート

            私も見入ってしまいました。

            百肖「田原」小泉仁敬

            取材時は、ボジュレヌーボーの告知。

            工夫やアイデアがいっぱいで、

            勉強になりました。(大汗)
                ↑
            デザインの人間としては興味深々。


            百肖「田原」小泉仁敬

            ここは、田原市のセントファーレ店。

            百肖「田原」小泉仁敬


            あつみさんと言えば、

            こだわり抜いた食材や調味料がそろい、

            健康志向や本物の味を届けてくれます。

            珍しい食材も多く、本当に勉強になり、

            店内でいつもウロウロしてしまう私なのです…




            季節誌しずくをもっと知りたい…
            季節誌しずく

            季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
            アイスタイルデザイン





             
            photo by shizuku2015
            0

              牧野延全さん【豊川】JAひまわり


              JAひまわりの企画・広報担当の牧野延全さん。

              百肖「豊川」牧野延全

              グリーンセンター豊川に併設している、

              わいわいホールでのイベント企画や広報など、

              豊川の食材をもっと知ってもらいたい!

              豊川の野菜や果物をたくさん食べてもらいたい!

              っと、仕掛け人として毎日、駆け巡ってみえます。


              百肖「豊川」牧野延全

              百肖「豊川」牧野延全

              店内はとっても広く、

              私も大好きな産直です。

              百肖「豊川」牧野延全

              取材時は、みかんの出荷がピーク。

              甘酸っぱさがたまらない、早生みかん。

              百肖「豊川」牧野延全

              店内の野菜のチェックも…

              百肖「豊川」牧野延全

              わいわいホールにあるキッチンでは、

              お料理教室やイベントが行われます。

              私たち、しずくの自家製滴楽部もお世話になっております。

              地元の食材を知って、触れて、作って、おいしく食べる。

              地元消費者にとっても本当にありがたいですヤッタv




              季節誌しずくをもっと知りたい…
              季節誌しずく

              季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
              アイスタイルデザイン





               
              photo by shizuku2015
              0

                野田博司さん【豊川】米の専門店 のだや

                豊川のこだわりのお米やさんと言えば…

                米の専門店のだやさん。

                3店舗をまとめる、野田博司さん。


                百肖「豊川」野田博司

                今年から本格的発売となった、

                東三河奇跡のお米、「女神のほほえみ」の実行委員会も務め、

                イベントを組み、盛り上げています。


                百肖「豊川」野田博司

                もちろん、店舗の方もこだわりや健康に関して、

                プロモーションやお米について、

                店舗にいるだけでワクワクできるお店になっています。

                百肖「豊川」野田博司

                百肖「豊川」野田博司

                精米方法がお好みに選べたり、

                どうしたら美味しく炊けるか、

                自分に合ったお米選びがきっと見つかります。

                また、健康に関しても知識が豊富な野田店長さん、

                食生活にプラスになることもアドバイスしてくれます。

                私もお世話になっていますよ。(汗)


                そして、人気なのが…

                「玄米だんご」。

                つぶつぶの玄米がたまらない!

                定番のしょうゆやあんこに加え、

                季節の暦だんごもわくわくです。

                百肖「豊川」野田博司

                こちらは、冬の暦だんご「かぼちゃあん」。


                毎日の食事のお米ですもの・・・

                おいしいのが一番。





                季節誌しずくをもっと知りたい…
                季節誌しずく

                季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                アイスタイルデザイン




                photo by shizuku2015
                0

                  清水未緒さん【豊橋】くくむガーデン


                  いつも笑顔がステキな清水未緒さん。

                  百肖「豊橋」清水未緒

                  東京農業大学を卒業。

                  モクモク手づくりファームで働く経歴も持ち、

                  農業大国、東三河へ舞い降りました。

                  くくむガーデン店長・宮地めぐみさんと二人三脚で7年。

                  百肖「豊橋」清水未緒

                  くくむガーデンは2015年12月31日をもって、閉店。

                  2016年4月に新しい移転場所で、オープン予定です。

                  百肖「豊橋」清水未緒

                  お花あり…

                  百肖「豊橋」清水未緒

                  こだわり産直あり…

                  私にとっても、大変癒しのお店でありました。

                  百肖「豊橋」清水未緒

                  しずくで取り上げさせていただいた方もみえます。



                  清水さんは、3月に出産のため、復帰はオープン後の予定だそう。

                  新しい新店舗は、

                  カフェが中心のお店作りになるそうです。

                  ここ、くくむガーデンのカフェも11月で幕を下ろします。

                  モーニングタイムからいつも賑わっていて、

                  清水さんのレシピも数々登場しています。

                  東三河の食材をいかにおいしく食べてもらえるか…

                  こうした気持ちがお客さんにちゃんと繋がっているのですね。


                  新しい店舗も楽しみ♪

                  くくむガーデンも年内は営業しますので、

                  残りの期間も楽しみたいと思います。

                  清水さんは、私の憧れの人の一人です(笑顔)




                  季節誌しずくをもっと知りたい…
                  季節誌しずく

                  季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                  アイスタイルデザイン

                   
                  photo by shizuku2015
                  0

                    河合晃さん【豊橋】銀色のヒゲのお米「女神のほほえみ」生産者


                    豊橋の河合果樹園さんと言えばレモン。

                    その河合果樹園さんのお父さんの河合晃さん。

                    百肖「豊橋」河合晃

                    龍の瞳の突然変異で生まれた、女神のほほえみ。

                    今年から販売に向けて、

                    イベントが組まれました。

                    百肖「豊橋」河合晃

                    こちらは、田植えの時。

                    百肖「豊橋」河合晃

                    刈り取りの前を迎えた頃…

                    百肖「豊橋」河合晃

                    佐原豊橋市市長が、見学に来られました。

                    昨年、偶然にも食べられたということで、

                    おいしさに、ぜひ現場を見たいと来られました。

                    百肖「豊橋」河合晃

                    こちらは、9月に開かれた稲刈りイベントの田んぼ。

                    百肖「豊橋」河合晃

                    たわわに実ったお米は、大粒で、甘みがあり、

                    もっちり。

                    田んぼで食べた女神のほほえみのおにぎりは、

                    最高!でした!


                    季節誌しずくをもっと知りたい…
                    季節誌しずく

                    季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                    アイスタイルデザイン





                     
                    photo by shizuku2015
                    0

                      牧野幸子さん【新城】ブルーベーリー園とカフェ


                      新城市で、ブルーベリー園と、

                      カフェ「ひだまり」を経営する牧野幸子さん。

                      百肖「新城」牧野幸子

                      退職してから、

                      なにか、やりたい!っと、

                      クレープ店に修行へ行き、

                      自ら栽培しているブルーベリーを使ったカフェを作った。

                      百肖「新城」牧野幸子

                      隠れ家的にあるカフェは人気。

                      先日はテレビで特集されたほどの、

                      経営のモデル。

                      地元の方だけでなく、

                      豊橋や豊川から来てくれるそうです。

                      メニューを見ただけでも、

                      ワクワクしますよ♪



                      季節誌しずくをもっと知りたい…
                      季節誌しずく

                      季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                      アイスタイルデザイン

                       
                      photo by shizuku2015
                      0

                        土方敏由さん【豊川】豊川ハーブ部会会長


                        豊川市内で、ハーブを専門に栽培している、土方敏由さん。

                        百肖「豊川」土方敏由


                        百肖「豊川」土方敏由

                        ハウスの中は、

                        スイートバジルでいっぱい!

                        百肖「豊川」土方敏由

                        「豊川=ハーブっと、言われるようになりたいな。」

                        っと土方さん。

                        豊川で新しい農産物を!っと

                        約10年前に最初は数人で取り組み始めた。

                        イタリア料理屋さんをはじめ、

                        要望に応えれるよう、

                        品種も部会員さんも増えていきました。

                        百肖「豊川」土方敏由

                        バジルが腰の高さまで育つなんて、

                        知らなかった…

                        私のベランダ菜園のバジルは30センチくらい…

                        だったかしら…(大汗)

                        百肖「豊川」土方敏由

                        百肖「豊川」土方敏由

                        イタリアンパセリも少々。

                        部会内で、

                        得意な物を栽培しつつも、

                        その商品が欠品にならないように、

                        調整して、他のハーブも栽培しているそう。




                        季節誌しずくをもっと知りたい…
                        季節誌しずく

                        季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                        アイスタイルデザイン

                         
                        photo by shizuku2015
                        0

                          西浦充さん【蒲郡】若きつまもの専門農家


                          な、なんと…

                          EXILE…

                          っと思う程の、若きエース、西浦充さん。

                          百肖「蒲郡」西浦充

                          西浦農園として、

                          つまもの部会長として、

                          この蒲郡のつまものを守っています。

                          百肖「蒲郡」西浦充


                          つま菊、南天、食用ほおずきと、

                          これぞ、つまもの。

                          百肖「蒲郡」西浦充

                          この地域でも、

                          高齢化が問題となっているため、

                          若い力を結集して、

                          生産が落ちないように、日々、情報などの交換もしているそう。

                          百肖「蒲郡」西浦充


                          百肖「蒲郡」西浦充

                          品種の特性もしっかりと見極めて、

                          これからの年末に向けて、

                          急ピッチで作業に入ります。

                          百肖「蒲郡」西浦充

                          「脇役だけど、

                          日本食ブームもあって、

                          しっかりと作り上げていきたい。」っと西浦さん。

                          つまものもそうですが、

                          西浦さんファンも多そう…
                          (ご結婚されてます)




                          季節誌しずくをもっと知りたい…
                          季節誌しずく

                          季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                          アイスタイルデザイン



                           
                          photo by shizuku2015
                          0

                            小林幸夫さん【蒲郡】ほぼ市街地でイチゴを作りあげる


                            蒲郡の主道路より、ちょこっと入ったところに、

                            小林幸夫さんのハウスはあります。
                            (ビックリ!)

                            百肖「蒲郡」小林幸夫

                            イチゴ農家として二代目。

                            あきひめを栽培し、11月から6月半ばまで、

                            出荷は続きます。

                            百肖「蒲郡」小林幸夫

                            高設栽培で、有機培養を使用。

                            こだわりは、

                            ギリギリまで待って熟度を確認してから、出荷すること。

                            実に触らず、痛みを少なくする配慮。

                            百肖「蒲郡」小林幸夫

                            百肖「蒲郡」小林幸夫

                            32アール、5ハウス。

                            広い。

                            百肖「蒲郡」小林幸夫

                            収量が多くとれる、あきひめだから、

                            本当に、旬の時期は大変だと思います…


                            百肖「蒲郡」小林幸夫


                            次に伺う時は、きっと、

                            ハウス内がイチゴの香りで、

                            いっぱいだと思います。

                            楽しみ♪




                            季節誌しずくをもっと知りたい…
                            季節誌しずく

                            季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                            アイスタイルデザイン



                             
                            photo by shizuku2015
                            0

                              牛田真里子さん【豊川】すべてが美しい野菜たち


                              JAひまわりさん企画で登場の、牛田真里子さん

                              笑顔が本当にかわいいのです。

                              百肖「豊川」牛田真里子

                              「見て見て!」

                              っと、畑ではしゃぐ牛田さん。

                              「私の畑きれいでしょ。

                              土手の雑草が入らないように、

                              土手の草も取ってるの。」

                              本当に、きれい。

                              百肖「豊川」牛田真里子

                              牛田さんの得意は、小松菜とにんじんと、キャベツと…

                              いろいろです…(汗)

                              とにかく、バイタリティーがすごい。

                              それは、きっと、

                              師匠の中村弘幸さんのバイタリティーと同じだわ…

                              っと思います。

                              百肖「豊川」牛田真里子

                              きれいな小松菜です。

                              うっとり。

                              百肖「豊川」牛田真里子

                              産直でも牛田さんの野菜は大人気なんです。

                              百肖「豊川」牛田真里子

                              もう、野菜がかわいくて仕方のでしょう…

                              だって、この広さをたった1人で栽培しているのですから。

                              すごい。


                              季節誌しずくをもっと知りたい…
                              季節誌しずく

                              季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                              アイスタイルデザイン


                               
                              photo by shizuku2015
                              0

                                山本篤さん【豊川】大葉農家三代目として


                                山本園芸の三代目を務める、山本篤さん。

                                百肖「豊川」山本篤

                                東三河の特産と言えば、大葉。

                                豊川の大葉部会の会長さんを務めます。

                                百肖「豊川」山本篤

                                5反を半年のサイクルで、栽培。

                                同じハウス内で、大葉のみ育てる…

                                連作障害との闘い。

                                同じものを作り続ける難しさ。

                                百肖「豊川」山本篤

                                土壌分析も、

                                数字だけにとらわれずに、

                                葉の顔色をいつも伺っているそう。

                                百肖「豊川」山本篤

                                「休みもなく大変だけど、

                                消費者の方にもっと食べてもらいたいと、

                                レシピも提案してきたい。」

                                百肖「豊川」山本篤

                                お刺身の横にあるだけでなく、

                                「食べる」という提案は、

                                主婦から見ても、納得のことであります。

                                歳を重ねると、よりおいしく感じてくるんだよな…
                                (私だけ…?)

                                山本さんのおすすめは、

                                納豆に大葉、

                                しゃけごはんに大葉。




                                季節誌しずくをもっと知りたい…
                                季節誌しずく

                                季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                アイスタイルデザイン



                                 
                                photo by shizuku2015
                                0

                                  山本久己・八重子さん【豊川】退職後に始めた、ブルーベリー園


                                  公務員を退職され、ブルーベリー園を営む、

                                  山本久己・八重子さんご夫婦。

                                  百肖「豊川」山本久己・八重子

                                  退職して、6年。

                                  娘さんたちも手伝いながら、

                                  ジャムやフレッシュのブルーベリーを販売するお店も経営。

                                  百肖「豊川」山本久己・八重子

                                  本宮山を背に、広がるブルーベリー畑。

                                  百肖「豊川」山本久己・八重子

                                  約10種類のブルーベリーを育てています。

                                  「退職してから始めたけど、

                                  いろいろ試行錯誤してここまできました。

                                  将来は摘み取り園とかもやりたいな…。」っと、

                                  まだまだこれからの勢いを感じました。

                                  百肖「豊川」山本久己・八重子

                                  取材時は、もう時期が終わってしまっていたのですが、

                                  また来年が楽しみ。

                                  豊川のブルーベリーっと、

                                  特産になる日も近いのでは…



                                  季節誌しずくをもっと知りたい…
                                  季節誌しずく

                                  季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                  アイスタイルデザイン




                                   
                                  photo by shizuku2015
                                  0

                                    山口敏夫さん【豊川】豊川の河川敷で、ヤギと烏骨鶏もいつも一緒


                                    山口敏夫さんは、豊川有機農業の会の一員。

                                    コッコマルシェ工房が屋号です。

                                    いつも、烏骨鶏を連れて朝市にも来ています。

                                    百肖「豊川」山口敏夫

                                    取材時は、

                                    畑へ向かう途中までお迎えに来ていただいたのですが、

                                    やぎちゃんたちも一緒にお迎えに来てくれました。

                                    ありがと。

                                    百肖「豊川」山口敏夫

                                    畑は、豊川の河川時期。

                                    やぎちゃんを連れ、いざ畑へ。

                                    百肖「豊川」山口敏夫

                                    畑作業をしながら、かたわらで、

                                    草を食べてむしゃむしゃ。

                                    百肖「豊川」山口敏夫

                                    のどかな時間が過ぎていく気がします。

                                    お米、露地野菜だけで、

                                    年間300種は栽培するそうです。

                                    百肖「豊川」山口敏夫

                                    「ネギは得意なんだ。立派だろう!

                                    百肖「豊川」山口敏夫

                                    ちなみに、このにんじんの間引きは、

                                    今晩、いわしだまを作る材料にするんだ。」

                                    っと、とにかく、

                                    なんでもできる、山口さんなのです。

                                    安心で安全なものを…っという気持ちが、

                                    伝わってきます。

                                    野菜だけでなく、いろいろな技も。






                                    季節誌しずくをもっと知りたい…
                                    季節誌しずく

                                    季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                    アイスタイルデザイン






                                     
                                    photo by shizuku2015
                                    0

                                      伊藤嘉則さん【豊橋】重量野菜を中心にお任せ


                                      ちょうど3年目に、しずくに登場していただいた、

                                      伊藤嘉則さん。

                                      百肖「豊橋」伊藤嘉則

                                      取材時は、伊藤さんの代名詞の白菜の畑にお邪魔しました。

                                      3年前はブロッコリーと長ネギの畑を拝見しました。

                                      キャベツも主力としていますので、

                                      私はキャベツの伊藤さんとお呼びしております。

                                      百肖「豊橋」伊藤嘉則

                                      豊橋でも、代表とするこの白菜の作り手さんは、

                                      実は減っているそうです。

                                      核家族で1個をなかなか消費できなかったり、

                                      生産者さん側からは重量野菜になり、

                                      高齢化に伴い減っているのが現実…

                                      百肖「豊橋」伊藤嘉則

                                      今年は、秋の長雨で・・・

                                      っと、遅れているのかとおもいきや、

                                      伊藤さんは、順調ですと。

                                      百肖「豊橋」伊藤嘉則

                                      「今は草も取り切って、

                                      やることがあまりないんです。」っと伊藤さん。

                                      雨の合間やその前に、

                                      仲間と協力し合い、助けてもらい、助けて植え切ったそうです。

                                      こうして植えられた白菜は、

                                      ツヤツヤ。

                                      百肖「豊橋」伊藤嘉則

                                      キレイですね。

                                      うっとり。

                                      もうすぐ、伊藤さんにとって、

                                      忙しくなる冬がやってきます。




                                      季節誌しずくをもっと知りたい…
                                      季節誌しずく


                                      季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                      アイスタイルデザイン


                                       
                                      photo by shizuku2015
                                      0

                                        星野圭子さん【田原】保育と農業を結ぶ


                                        しずく2号で登場してくださった、星野圭子さん。

                                        私にとっては、田原の姉貴的存在の、

                                        やさしいお姉さまです。

                                        百肖「田原」星野圭子

                                        しずく2号。

                                        当時は保育所とカフェ(ハナレ)を経営。

                                        自ら育てた野菜を保育所の給食と、カフェで味わう、

                                        なんともうらやましい環境。

                                        百肖「田原」星野圭子

                                        スタイルも星野流で、かわいいです。

                                        百肖「田原」星野圭子

                                        この方は、星野さんの農業の師匠。

                                        となりの畑で農業をし、

                                        なんと87歳。

                                        元気もらいますね。

                                        百肖「田原」星野圭子

                                        「大豆なのよ。もう収穫してもいいわね。」

                                        百肖「田原」星野圭子

                                        「オクラは、もう終わりね。

                                        急いで、冬野菜の準備しなきゃね。」っと、

                                        本当に楽しんで育てていることが伝わってきます。

                                        現在は、保育所に勤務しながら、

                                        農作業をしてみえます。


                                        車の荷台には、農グッツがいっぱい!

                                        ああ、あこがれます〜


                                        季節誌しずくをもっと知りたい…
                                        季節誌しずく

                                        季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                        アイスタイルデザイン

                                         
                                        photo by shizuku2015
                                        0

                                          鈴木克也さん【新城】作手の製茶業三代目


                                          新城市作手にある鈴木製茶さん。

                                          作手でも田代という、山深い地区にあります。

                                          この田代で製茶業の三代目として、

                                          忙しい毎日を送る鈴木克也さん。

                                          百肖「新城」鈴木克也


                                          有機JASを取得している製茶さんとしても有名。

                                          克也さんは、地元の高校を卒業後、

                                          静岡、京都へ修行に行き、

                                          戻ってきて三代目として受け継ぎます。

                                          百肖「新城」鈴木克也

                                          百肖「新城」鈴木克也

                                          こちらは、今年新しく植えたお茶の木。

                                          お茶の木の寿命はおよそ50年。

                                          有機JASは植え替えると認定されなくなるため、

                                          この地も新たに取得を目指します。

                                          百肖「新城」鈴木克也

                                          かわいいですね…

                                          抹茶の原料の「おくみどり」。

                                          百肖「新城」鈴木克也

                                          「ここは、作手の中でもあたたかい方です。

                                          霜に弱く、寒い地域だけど、寒暖の差が作手のお茶。」

                                          っと、克也さん。

                                          百肖「新城」鈴木克也

                                          「父の代から、

                                          積極的にイベントでの販売なども行うようになりました。

                                          紅茶の製造もはじめ、挑戦もこれからしていきたい。」

                                          っと、若さあふれる闘志を感じました。

                                          百肖「新城」鈴木克也

                                          収穫時期は5〜6月と短い間ですが、

                                          その以外の期間も、次の歳においしいお茶ができるように、

                                          日光のあたり具合や土壌の管理や刈込みなど、

                                          手を休める時はないそう。


                                          日本人にとって、

                                          お茶は日常の飲み物。

                                          ほっとできたり、健康のためだったり、

                                          私にとってもかかせないのがお茶です。




                                          季節誌しずくをもっと知りたい…
                                          季節誌しずく

                                          季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                          アイスタイルデザイン

                                           
                                          photo by shizuku2015
                                          0

                                            小林寛利さん【豊川】農業と飲食、そして、季節誌しずくの原点


                                            4年前、季節誌しずくはベジモさんの畑から出発しました。

                                            どこのものかもわからない私を、

                                            畑へ招いてくださったのが、

                                            小林寛利さん。

                                            百肖「豊川」小林寛利

                                            今は、

                                            畑のみならず、

                                            飲食店も経営する、若き経営者さんに。

                                            4、4年…

                                            私にとって4年は長く、

                                            でも、ここのベジモさんの畑へ伺っていなかったら、

                                            どうなっていただろうか…っと思ったり…

                                            何か、ここへ導いてくれた縁に

                                            本当に感謝です。

                                            百肖「豊川」小林寛利

                                            畑の野菜を見てワクワク、

                                            そして、

                                            勢いあるベジモさんに刺激をうけっぱなしでした。


                                            百肖「豊川」小林寛利


                                            百肖「豊川」小林寛利

                                            4年経って、この地にこれたのもまた縁。

                                            お忙しい小林さんにお会いすることができて、

                                            本当によかった。

                                            また、原点に戻った気持ちで!っと、

                                            私もがんばらなくっちゃ。



                                            百肖「豊川」小林寛利


                                            野菜はどれもピカピカ。

                                            ベジモ食堂のお野菜はここから向かっています。




                                            季節誌しずくをもっと知りたい…
                                            季節誌しずく

                                            季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                            アイスタイルデザイン


                                            季節誌しずく1号

                                            ベジモ愛知
                                             
                                            photo by shizuku2015
                                            0

                                              村田典弥さん【新城】八名丸さといもを守る


                                              新城のブランドの一つが八名丸さといも。

                                              奥三河さといもともよばれ、

                                              守っている一人が、村田典弥さん。

                                              百肖「新城」村田典弥

                                              八名丸さといもの特徴は、

                                              親いも、子いも、孫いもの実は丸く、葉も丸みを帯び、

                                              葉の根元は緑色など、

                                              他の種類のさといもと区別して種イモを守っています。

                                              百肖「新城」村田典弥

                                              取材時は、

                                              もう収穫を待つばかりの状態でした。

                                              この畑一面はさといも畑。

                                              百肖「新城」村田典弥

                                              トトロの持つ葉っぱをイメージするように、

                                              サトイモの葉は大きいです。

                                              百肖「新城」村田典弥

                                              村田さんは、

                                              この八名丸さといもを使って、

                                              ポタージュスープを開発。

                                              地元のこだわりさといものおいしさが、

                                              ぎゅっとつまっています。

                                              道の駅で販売されています。



                                              季節誌しずくをもっと知りたい…
                                              季節誌しずく

                                              季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                              アイスタイルデザイン



                                               
                                              photo by shizuku2015
                                              0

                                                中西浩孝さん【新城】新城、豊橋、田原に畑があります


                                                中西浩孝さんも、豊橋有機農業の会のおひとりとして、

                                                初号よりお世話になっています。

                                                百肖「新城」中西浩孝

                                                なんと、田原、新城、豊橋に畑を持ち、

                                                ぐるぐるまわりながら畑を営んでいるそうです。

                                                すごい。

                                                7年目に入り、年間約50種を作っています。

                                                百肖「新城」中西浩孝

                                                この日は、

                                                京都からお友達がお手伝いにみえてました。

                                                百肖「新城」中西浩孝

                                                自慢のにんじんは、初回に植えた分が雨で流れてしまい、

                                                2回目に蒔いたため、

                                                遅れているそう。

                                                百肖「新城」中西浩孝

                                                カブは順調。

                                                かじらせていただき、

                                                甘さにびっくり!!

                                                しあわせなおいしさでした。

                                                百肖「新城」中西浩孝

                                                冬野菜も太陽の光をたっぷりと浴び、

                                                冬野菜はこれからが楽しみです。




                                                季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                季節誌しずく

                                                季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                アイスタイルデザイン

                                                 
                                                photo by shizuku2015
                                                0

                                                  正木努さん【新城】ここの畑で結婚式挙げました


                                                  豊橋有機農業の会の一人で、

                                                  週に一度の朝市で、

                                                  ひときわ服装が決まっている、正木努さん。

                                                  百肖「新城」正木努


                                                  しずく第1号の時からお世話になっていて、

                                                  もうかれこれ4年のお知り合いになりました。

                                                  そして、やっと、

                                                  畑にお邪魔することができました。

                                                  百肖「新城」正木努

                                                  なんともキャンパスのよう…

                                                  百肖「新城」正木努

                                                  「この畑で、結婚式挙げたんですよ」っと、

                                                  ポツリと正木さん。

                                                  す、ステキです!!

                                                  っと、叫んでしまった私…

                                                  ステキ過ぎます!

                                                  奥様も幸せですね♪

                                                  百肖「新城」正木努


                                                  冬の一足前にとれたダイコン。

                                                  次の日の朝市の出荷用。

                                                  百肖「新城」正木努

                                                  ピンピンな力強さが、

                                                  正木さんと共に、

                                                  カッコイイです。


                                                  季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                  季節誌しずく

                                                  季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                  アイスタイルデザイン


                                                   
                                                  photo by shizuku2015
                                                  0

                                                    植田宏昭さん【新城】日本の物を食べていたらいいだよ


                                                    家の裏庭の畑と、

                                                    原木しいたけを栽培している、

                                                    植田宏昭さん。

                                                    百肖「新城」植田宏昭

                                                    取材時は、

                                                    原木しいたけにお目にかかることはできませんでした。

                                                    「しいたけは20度以下でないと…

                                                    雨が少なくて、気温が高いから、

                                                    今年は遅れそう…」っと植田さん。

                                                    百肖「新城」植田宏昭

                                                    裏庭の畑も、

                                                    植田さんの楽しみ。

                                                    百肖「新城」植田宏昭

                                                    冬野菜が、ぞくぞくと実っております。

                                                    百肖「新城」植田宏昭


                                                    「あったかいから、

                                                    葉物に虫がついちゃうな…」

                                                    百肖「新城」植田宏昭

                                                    今年の天候はやはりちょっとおかしいと、

                                                    植田さんも感じているそうです。

                                                    もうすぐ、原木しいたけに会えるかしら…

                                                    「日本の物を食べていると、

                                                    健康でいられると思うよ。

                                                    日本で育った物を食べてたらいいだよ。」

                                                    っと、なんだかじんわりきた言葉でした。



                                                    季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                    季節誌しずく


                                                    季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                    アイスタイルデザイン





                                                     
                                                    photo by shizuku2015
                                                    0

                                                      山田忠雄・きみ子さん【新城】夫婦そろって、農業に夢中


                                                      サラリーマンを退職し、

                                                      今は、夫婦二人で、農業を楽しんでいる、

                                                      山田忠雄・きみ子。


                                                      百肖「新城」山田忠雄・きみ子



                                                      百肖「新城」山田忠雄・きみ子

                                                      伺った時は、

                                                      冬野菜が少しずつ大きくなり始めた頃でした。

                                                      「ここは、豊川の水が引けているから、便利なの。」

                                                      っと、きみ子さん。

                                                      百肖「新城」山田忠雄・きみ子

                                                      ピチピチの新生姜。

                                                      百肖「新城」山田忠雄・きみ子

                                                      そして、

                                                      自慢の、やわらかいニラ。

                                                      とても評判がいいそう。



                                                      百肖「新城」山田忠雄・きみ子

                                                      なんと、

                                                      畑の横には、栗畑。

                                                      もう収穫し終わってしまったということで、

                                                      残念…

                                                      これだけの量を作っているのは、

                                                      初めてみました。

                                                      百肖「新城」山田忠雄・きみ子

                                                      ひとつひとつが、

                                                      手間暇かけて、愛情たっぷり。

                                                      お二人のお人柄が野菜にも出ています。

                                                      なんだか、憧れちゃうな…




                                                      季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                      季節誌しずく

                                                      季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                      アイスタイルデザイン
                                                      photo by shizuku2015
                                                      0

                                                        宮浦清子さん【新城】今は体と相談しながら…


                                                        新城旬の広場の近くで畑を営む、宮浦清子さん。

                                                        なんと、80歳。

                                                        百肖「新城」宮浦清子

                                                        お肌はツヤツヤ。

                                                        かわいらしい宮浦さん。

                                                        百肖「新城」宮浦清子


                                                        事故にあってしまい、

                                                        今は息子さんが作業を手伝いに来てくれているそうです。






                                                        「ちょっと虫が食っちゃってるわね…」

                                                        っと、自然に任せているところも…。

                                                        百肖「新城」宮浦清子

                                                        畑をずっと手入れしながら、

                                                        仕立て屋、横浜ゴムの務めを終え、

                                                        そして、

                                                        本格的に畑をやり始めて23年。

                                                        年間30種類くらいを栽培しています。

                                                        百肖「新城」宮浦清子

                                                        夏の終わりを感じます…

                                                        百肖「新城」宮浦清子

                                                        この日も、

                                                        袋詰めしたインゲンマメを、

                                                        旬の広場まで運んでいきます。



                                                        季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                        季節誌しずく


                                                        季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                        アイスタイルデザイン



                                                         
                                                        photo by shizuku2015
                                                        0

                                                          加藤陽子さん【新城】毎日コツコツ楽しんでいます


                                                          新城市の旬の広場の出展者さんの一人、

                                                          加藤陽子さん。

                                                          百肖「新城」加藤陽子

                                                          暑い日差しが苦手で、

                                                          お昼休みはしっかりととり、

                                                          あとは集中してコツコツ楽しみながらやっているそう。

                                                          百肖「新城」加藤陽子

                                                          っといっても、この広さを一人でこなす。

                                                          百肖「新城」加藤陽子

                                                          街中にありながら、

                                                          これだけの面積をやりこなす加藤さんの元気の源が、

                                                          百肖「新城」加藤陽子

                                                          こちらのヤーコン。

                                                          自分が消費するために作っているため、

                                                          出店先にあまり並ぶことは少ないそう…



                                                          さつまいもに見えますが、

                                                          初めて拝見しました、ヤーコン。


                                                          百肖「新城」加藤陽子


                                                          百肖「新城」加藤陽子

                                                          季節の野菜をはじめ、

                                                          ハーブなども挑戦しているそう。

                                                          百肖「新城」加藤陽子

                                                          ところ狭しと、

                                                          本当にたくさんの種類を手掛け、

                                                          「これはね…こっちはね…」

                                                          っと、一生懸命説明してくださいました。

                                                          機械を使用せず、

                                                          畝作りから何から何まで、

                                                          全部手作業だそうです。

                                                          この力強さは、

                                                          ヤーコンの力なのかしら…






                                                          季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                          季節誌しずく

                                                          季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                          アイスタイルデザイン





                                                           
                                                          photo by shizuku2015
                                                          0

                                                            氏原幹人さん【新城】お茶農家一代目、60年


                                                            なんと、新城市で、お茶農家一代目、60年の、

                                                            富岡製茶の氏原幹人さん。


                                                            百肖「新城」氏原幹人


                                                            いくつかかかえるお茶畑でも、

                                                            百肖「新城」氏原幹人


                                                            百肖「新城」氏原幹人

                                                            ここのロケーションは最高!

                                                            山のふもとにあるものの、

                                                            太陽の光をいっぱいに浴びて作られる、

                                                            新城茶。

                                                            豊川の御津の山々が望めます。


                                                            百肖「新城」氏原幹人

                                                            お茶だけでなく、

                                                            紅茶も販売しているしています。


                                                            百肖「新城」氏原幹人


                                                            お父様がお茶の加工業をしていたことから、

                                                            栽培を始めたそう。

                                                            百肖「新城」氏原幹人

                                                            新城茶は、

                                                            新城の代表的な農産物として知られています。

                                                            ここの地形や気候だからできる味は、

                                                            人気も高いそうです。


                                                            ほかに、ぎんなんやいちご、栗も作っている、

                                                            笑顔の素敵な氏原さん。




                                                            季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                            季節誌しずく


                                                            季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                            アイスタイルデザイン

                                                             
                                                            photo by shizuku2015
                                                            0

                                                              井原正亘・るみ子さん【新城】夫婦で作り出す紅ほっぺ


                                                              新城市で、紅ほっぺにこだわり、

                                                              夫婦二人三脚で栽培している、井原正亘・るみ子さん。

                                                              百肖「新城」井原正亘・るみ子

                                                              百肖「新城」井原正亘・るみ子


                                                              取材時は、まだまだ…


                                                              百肖「新城」井原正亘・るみ子

                                                              花が咲き始めた頃。

                                                              11月10日頃から6月15日頃まで、

                                                              出荷がはじまるそうです。

                                                              (いちごに会えるのが楽しみ♪)

                                                              百肖「新城」井原正亘・るみ子


                                                              どーんと広がる高設栽培。

                                                              今年で11年目で、紅ほっぺ一筋。

                                                              新城はやはり、平地とは条件が異なり、

                                                              日射量や気温の管理はやはり難しく、

                                                              手間暇も1粒育てるのに時間はかかるけど、

                                                              その分、おいしいいちごを作れることがうれしいそう。


                                                              百肖「新城」井原正亘・るみ子

                                                              みつばちも大忙しです。

                                                              百肖「新城」井原正亘・るみ子

                                                              パートさんを含め、

                                                              これだけの広さを管理するのは、ほんと、すごいです。

                                                              百肖「新城」井原正亘・るみ子

                                                              もうすぐ、こちらの摘み取りの際のカートが大活躍するんだな…


                                                              早く、紅ほっぺに会いたいな…



                                                              季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                              季節誌しずく

                                                              季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                              アイスタイルデザイン



                                                               
                                                              photo by shizuku2015
                                                              0

                                                                伊藤武治さん・徳子さん・久野愛子さん【北設楽】平地に豊根の恵みを

                                                                百肖「北設楽」伊藤武治
                                                                北設楽豊根村の大立地区で野菜やお茶などを育てている伊藤さん。

                                                                80歳をこえる現在でも精力的に野菜の栽培を続けている。

                                                                「畑仕事が好きだから」と。


                                                                百肖「北設楽」伊藤武治

                                                                やはり過疎化の進むこの地域、集落として現在は8軒程度。

                                                                昔のダム建設の関係で大きかった集落の半分はダムの下に。

                                                                林業が盛んだった時期は、豊橋や天竜川を使い浜松方面へと木材を出すなどで

                                                                この地域も賑わいを見せた時期もあると話す。


                                                                百肖「北設楽」伊藤武治


                                                                武治さんが小学のころはまさに第二次世界大戦の最中。

                                                                食糧のない時代だったこともあり、父が現在の家屋の目の前を自力で掘り起し、

                                                                平たくし、田んぼを作ったのが伊藤さん宅での農業の起源、

                                                                そのころ、武治さんはまだ小学3年生。



                                                                その後、小学6年生で終戦を迎えるまで、畑での収穫は

                                                                兄弟の多かった伊藤家の食卓の一部を支えたという。



                                                                百肖「北設楽」伊藤武治

                                                                林業の傍ら、父の始めた農業はやめることなく続けた、時代の流れで

                                                                山林に囲まれるこの一帯が過疎地域。

                                                                しかし、過去には大立地区の付近で石器や土器が見つかったこともあるらしく、

                                                                水源の近いところに恵みが生まれ、人の住む地域ができるのだと

                                                                改めて集落の集落たる所以を感じるお話を聞くことができた。



                                                                そして集落のある地域の土壌はやはり恵まれている。

                                                                人が住み着くには理由があるのだと…

                                                                百肖「北設楽」伊藤武治

                                                                そんな地域ではぐくまれた野菜や食文化を残し、

                                                                伝えなければと娘の愛子さんは時期が来た野菜を

                                                                できる時に、できるだけ豊橋へ運び、流通させることを始めたのが数年前。


                                                                百肖「北設楽」伊藤武治

                                                                八ツ頭里芋、長なす、ミョウガ、エゴマなど可能な限りだが

                                                                この大立地域の灯を消さず、届けることで未来へ繋げる。


                                                                新しくこの地域で農業を始める活動もスタートさせ、蕎麦やコメなどの栽培をスタートさせた。

                                                                この灯がこの先の未来へとつながり、大きくなることに期待を感じる取材になった。


                                                                季節誌しずくでも紹介しています、こちらから。


                                                                季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                季節誌しずく


                                                                季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                アイスタイルデザイン


                                                                photo by shizuku2015
                                                                0

                                                                  伊藤健一さん【豊橋】独自のスタイルと生き方

                                                                  百肖「豊橋」伊藤健一
                                                                  キャベツと玉ねぎを専門で栽培する伊藤さん。

                                                                  理由は「国産」この2種類ならTTPがあっても安心してみんなが食べてくれると確信があるから。

                                                                  20歳で就農、4年後には代がわりをし、それから30年余り。

                                                                  奥様と2人で徹底したコスト管理と独自の農法で規模を拡大し

                                                                  通常ではできないと思われる面積をこなし、周囲の農家に一目置かれる存在。


                                                                  百肖「豊橋」伊藤健一

                                                                  取材の頭に

                                                                  「「地産地消」なんて意味がないだろう。

                                                                  近い人より遠い人の方が高く買って、地元の人は県外の安い野菜に手が伸びる。

                                                                  こんな矛盾してることはおかしい。でもこれが現実。

                                                                  自分はそういうのは嫌いで有名だからわたしなんか写真に出すと周囲に避難されるぞ。」

                                                                  と一喝。続けざまに

                                                                  「一般農家の人たちが思っているような思想はない。それでは生活できない。」

                                                                  取材を通じて感じたこと、そのまま言われてしまった…

                                                                  利益を追求するのは「会社員」も「農家」も同じなのだ。




                                                                  それでも、畑の話や農法の話をお聞きするうちに…

                                                                  昔のことをお話ししてくれはじめました。

                                                                  農業学校の卒業式には、病気が原因で出られなかったこと…

                                                                  医師に農業ではなくデスクワークを勧められたこと…

                                                                  体に負担をかけずに農業を続けられる策を考えて現在に至ること…

                                                                  来年には息子さんが就農されて、すぐにでも代がわりをすること…


                                                                  百肖「豊橋」伊藤健一

                                                                  きれいな畑の人は農業が上手。

                                                                  そうなんです、めずらしいハウスを使わない「苗」の畑。

                                                                  実は効率至上主義の伊藤さん。

                                                                  ハウスや大型農機具を使わない徹底的にコスト面にもこだわりを持つ。


                                                                  百肖「豊橋」伊藤健一

                                                                  なのに土手はこんな感じ。

                                                                  「普通の農家さんならきれいにするでしょ?でもそれはしないのがひとつの技術。

                                                                  雑草がはえていることで雨水による土の流失が防げるから。」

                                                                  納得の理論。





                                                                  百肖「豊橋」伊藤健一




                                                                  そしてこの150mの先が見えないうね〜〜〜すごすぎます。


                                                                  こんなにきれいな畑。

                                                                  実は、伊藤さんの独特なスタイルの秘密が隠されているのです。。。


                                                                  何も植えられていない時期の畑は、市役所に「畑が荒れていますから、手入れしてください」と

                                                                  忠告を受けるほどの畑だとか…

                                                                  で…

                                                                  定植の寸前に耕して、そのままその日のうちか翌日には定植し、

                                                                  収穫までの期間、水も、草取りも、穴の開いた葉を取るなどのお世話は最低限。


                                                                  ほとんど畑には入らないとか…

                                                                  百肖「豊橋」伊藤健一

                                                                  実は伊藤さん、このまま農業を続けるとハンデを背負う可能性があると

                                                                  医者に言われ、とにかく体に負担をかけない農業を目指したとか…



                                                                  その後もここには書ききれないほどのお話しと

                                                                  ここでは書けない「爆弾発言」もたくさん飛び出しました…(笑)



                                                                  最後には笑顔で冗談を言ってくださるほど。
                                                                  ほんとに楽しい時間を過ごせました。


                                                                  百肖「豊橋」伊藤健一

                                                                  少し、本人も自負するほど変わり者?の伊藤さんですが、

                                                                  「あぶら菜会」「大成会」などの農家さんを集めた勉強会や

                                                                  二川本陣まつりなどでたくさんの人々の交流を手助けしているのです。。。




                                                                  最後にこれからの夢は?の問いに…

                                                                  「今まで世話になった人たちに恩返しをしたい。人のために役立ちたい」と。

                                                                  これを聞いたしずくスタッフは超感動!でした。


                                                                  取材も終盤にさしかかったこのタイミングでお会いできたご縁に感謝、感謝です。

                                                                  ありがとうございました。









                                                                  季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                  季節誌しずく


                                                                  季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                  アイスタイルデザイン
                                                                  photo by shizuku2015
                                                                  0

                                                                    加藤則明さん【豊橋】仲間と先輩に感謝!まずはポジティブに!

                                                                    百肖「豊橋」加藤則明
                                                                    就農はまだまだとおっしゃる7年目。

                                                                    代替わりをして4年が経つがここのところの「異常気象」で

                                                                    ずいぶんとご苦労が多いとか。



                                                                    百肖「豊橋」加藤則明

                                                                    広い面積を確保できていられるが、

                                                                    「他の畑が見れないのは今の自分にとってはよくないことだね。」

                                                                    と農法にしても、いろいろなタイミングにしても

                                                                    見て習うことができない環境にあることなどをはっきりと

                                                                    適切なアドバイスをもらえる周囲の先輩や仲間に恵まれている

                                                                    加藤さんの人柄がなんだか、取材中にも感じられてとってもやさしい気持ちに(^^)



                                                                    百肖「豊橋」加藤則明

                                                                    そんな加藤さん、まだまだ若い時分に少しの期間の家の手伝いをしていたこともあり、

                                                                    その当時の記憶やしみついた農業感が今も出てしまい、どうしても

                                                                    ちょっと古い農業スタイルになってしまうことがあるとか。



                                                                    百肖「豊橋」加藤則明

                                                                    昔取った杵柄も、現在の農業では通用しないようで

                                                                    その感覚を変えていくことなど、毎年毎年が本当に勝負。

                                                                    そして勉強だと。。。


                                                                    なんのなんの、畑の白菜はとっても元気でまだまだ小さくても

                                                                    生命力にあふれています!






                                                                    百肖「豊橋」加藤則明

                                                                    このところは水不足の年や、雨、風、台風の年と2年続きで思うような農業ができていない。

                                                                    それでも、前向きにシフト!原動力に変えてポジティブに

                                                                    これからを進んでいきたいとお話しされた目に

                                                                    とっても強い意志と熱い!エネルギーを感じました。


                                                                    そして取材終わりの白菜畑で作業を始めた加藤さん、とっても素敵でした!


                                                                    この畑一面に今年はいっぱい、いっぱい白菜がなるのを近所のしずくスタッフは

                                                                    のぞきに来ますのでよろしくお願いします(^^)






                                                                    季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                    季節誌しずく


                                                                    季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                    アイスタイルデザイン
                                                                     
                                                                    photo by shizuku2015
                                                                    0

                                                                      若見佳成さん【豊橋】大型水耕栽培のサンチュとオクラ?

                                                                      百肖「豊橋」若見佳成
                                                                      御年62歳、18歳から就農している大ベテランの若見さん。

                                                                      このお顔から見てもお分かりのとおり、とってもソフトな方。

                                                                      この若さでなんと5人のお孫さんが、その上最近結婚したとか。。。

                                                                      もうすぐひ孫ですねの問いに、終始笑顔(^^)の若見さんです。


                                                                      百肖「豊橋」若見佳成

                                                                      そんな若見さんのハウス、とにかくデカい。

                                                                      今までみた水耕栽培のハウスで一番おおきい、その上、向こうに何棟も…



                                                                      百肖「豊橋」若見佳成

                                                                      少し育ちが悪いからと謙遜されていましたが、

                                                                      それでこの発育状態…

                                                                      青物の少ない今の時期に見渡す限りのサンチュ。サンチュ。サンチュ…


                                                                      百肖「豊橋」若見佳成

                                                                      どれもとってもきれいで元気。

                                                                      とても美味しそうです。。。

                                                                      市場で「若見さんのは日持ちがいいよ!」と言われたことが

                                                                      最近のうれしかったこと。

                                                                      そんな簡単な言葉でうれしいと思えることが、ここまで続けられた原動力なんだろうな〜

                                                                      っと胸が少し熱くなりました…

                                                                      で〜

                                                                      隣にオクラがあるからと、完全の土耕気分でハウスを除くと…


                                                                      百肖「豊橋」若見佳成

                                                                      お〜お〜「水耕栽培のオクラ!」


                                                                      ど〜ど〜ん。


                                                                      これまた一面、オクラ、オクラ、オクラ…


                                                                      百肖「豊橋」若見佳成

                                                                      場所がサンチュに合わなくて、昨年挑戦したらできたからと…

                                                                      今年は1ハウス全部を「オクラ」にしたとか…

                                                                      スケールが違います。。。


                                                                      百肖「豊橋」若見佳成

                                                                      小さな虫も少しの換気で入ることもあったり、

                                                                      水耕栽培ゆえに配管の流れで病気が一気に回ってしまうことなんかもあり、

                                                                      規模が大きいぶんだけやはり気を遣うことも多いとか。

                                                                      それでも、「いつかは息子が継いでくれるかな?」なんて

                                                                      屈託のない笑顔で話される若見さんの近い未来はきっと明るいんだろうな~っと

                                                                      とってもほほえましい取材になりました、若見さん、ありがとうございました。






                                                                      季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                      季節誌しずく


                                                                      季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                      アイスタイルデザイン

                                                                      photo by shizuku2015
                                                                      0

                                                                        宮下喜美子さん【豊橋】なんでも挑戦してみること


                                                                        豊橋市の小高い丘にある宮下喜美子の畑。

                                                                        百肖「豊橋」宮下喜美子

                                                                        おばあさんから教わったことを守りながら、

                                                                        新しいものや興味の持ったものをなんでも挑戦してみることからはじまる。

                                                                        そして、豊橋技術科学大学で、

                                                                        IT先導士、植物工場マネージャー、六次産業化人材育成など…

                                                                        とにかく、勉強熱心。


                                                                        百肖「豊橋」宮下喜美子

                                                                        今は、勉強することに重点をおいていて、

                                                                        勉強を含めたことを実践していくのは、これから。

                                                                        百肖「豊橋」宮下喜美子

                                                                        基本は、農薬や化学肥料は与えていないそう。

                                                                        レモンや、いちじく、アンティチョーク、さつまいも、アピオス…

                                                                        種類が豊富。

                                                                        百肖「豊橋」宮下喜美子

                                                                        レモンクラスなど、ハーブが得意。

                                                                        月桂樹の木や、珍しいものも…。

                                                                        百肖「豊橋」宮下喜美子

                                                                        女性ならではの、

                                                                        これからあったらいいな…

                                                                        っというものを調べて育てているうちに、

                                                                        畑全体が、果樹や野菜、木でいっぱいになっていくそう。




                                                                        季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                        季節誌しずく


                                                                        季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                        アイスタイルデザイン

                                                                         
                                                                        photo by shizuku2015
                                                                        0

                                                                          Comming Soon...

                                                                          百肖「季節誌しずく」
                                                                          この方のブログは現在、編集中です。

                                                                          もうしばらくお待ちくださいませ〜

                                                                           
                                                                          アイスタイルデザイン「しずく企画室」


                                                                          季節誌しずく〜別冊〜百肖(ひゃくしょう)にもどる



                                                                           

                                                                          photo by shizuku2015
                                                                          0

                                                                            中川佳子さん【新城】自慢の米、つくで米「ミネアサヒ」

                                                                            百肖「新城」中川佳子
                                                                            実家も農業だった中川さん、嫁ぎ先の農家の仕事を手伝い始めたのが23歳のころ。

                                                                            自身が「地産地消」というごとく、作手生まれの作手育ち、嫁ぎ先ももちろん作手。

                                                                            「作手が大好きなんです!」と笑顔がまぶしい!

                                                                            百肖「新城」中川佳子

                                                                            嫁ぎ先は「鶏舎」を構え、ひよこから卵を産み始める寸前まで育てる

                                                                            「育雛」を中心に行っていたが、鳥インフルエンザのあおりを受け

                                                                            取引先の倒産や鶏舎の老朽化などがあり、稲作中心の農業を始めたという。



                                                                            百肖「新城」中川佳子

                                                                            昔は千代錦(ちよにしき)などが中心だったが、寒暖の差の激しい標高550mの中山間地の

                                                                            作手にあったミネアサヒに品種を変え、食味や味もよく周囲から好評を得ているという。

                                                                            実は作手の「ミネアサヒ」、収量が少なく他府県に出回ることが極めて少ない極上米ということで

                                                                            「幻のお米」と呼ばれているそうです。



                                                                            百肖「新城」中川佳子


                                                                            旦那さまは「組織米部会」の一員、この組織から出たお米を「つくで米」として

                                                                            ブランドとしての地位を確立。

                                                                            佳子さんの今のお仕事は裏方の「収穫後」。

                                                                            様々な機械を使い、稲の籾殻を取り除き、玄米にする仕事。


                                                                            百肖「新城」中川佳子

                                                                            「こんたく長篠」「本宮の湯」などで小売販売をすることで、お客様との接点を持ち、

                                                                            そこから得られる反応がやりがいの一つだと教えてくれました。


                                                                            「県外、市外の方が「ミネアサヒ」を、偶然に手にし食した方が

                                                                            直接連絡をくれ「おいしかったから送ってください!」などと

                                                                            リピーターとしてお付き合いが始まったりすることが本当にうれしいんです!」

                                                                            と笑顔でお話ししてくださいました。


                                                                            これからの「つくで米」の躍進に活性化の糸口のひとつを感じた取材になりました。

                                                                            ありがとうございます。




                                                                            季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                            季節誌しずく


                                                                            季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                            アイスタイルデザイン

                                                                            photo by shizuku2015
                                                                            0

                                                                              藤田忠久さん【新城】柿農家のパイオニア

                                                                              百肖「新城」藤田忠久
                                                                              40年程度、柿一筋で農家を続ける藤田さん。

                                                                              昭和50年代にいろいろと手掛けていた栽培を農協のすすめで柿への転作に絞ったという。


                                                                              百肖「新城」藤田忠久

                                                                              そんな藤田さんも18歳で普通に就職、人に使われることに疑問を感じ23歳のころに独立。

                                                                              大手建設業の請負を生業にしていた、そんな時オイルショックのあおりで職をなくし

                                                                              家業の農家を手伝いながらいろいろな仕事をしていたという。


                                                                              百肖「新城」藤田忠久

                                                                              何年かしたころ、父のすすめで家業の農家を継ぐべく就農、現在に至ると。


                                                                              百肖「新城」藤田忠久

                                                                              現在、石巻にも柿畑を持ち、年齢的なこともあって

                                                                              1町歩ほど手放したが、それでも広大な柿畑で栽培を続けている。

                                                                              上の写真のハウスの前に見える柿畑も、ハウスの向こうの柿畑でも栽培していると話す。




                                                                              百肖「新城」藤田忠久

                                                                              雄花の木と雌花の木をバランスよく配置し、みつばちを使う養蜂などの手は最近は借りずに行う自然受粉、

                                                                              受粉しなかった柿などによる生理落下などで数を調整、枝などのバランスもとりながら11月のピークを迎える。


                                                                              柿は「富有柿」と「次郎柿」を中心に栽培。

                                                                              最近では8月のまだ青いうちに食べられる「大秋」と言われる品種の栽培に力を入れていると。

                                                                              まだ青い「大秋」は梨のような食感で甘味のあるとか。





                                                                              現在、新城の柿農家は100を超えるが高齢化などにより、心配は多い。

                                                                              若い就農者への期待を持ちつつ、今後もこのスタイルで柿農家を続けていくと、

                                                                              そんな藤田さんの笑顔が印象的な取材となりました。




                                                                              季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                              季節誌しずく


                                                                              季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                              アイスタイルデザイン

                                                                               
                                                                              photo by shizuku2015
                                                                              0

                                                                                織田凌輔さん【新城】作手農業の担い手として

                                                                                百肖「新城」織田凌輔
                                                                                新城市作手で就農し「夏秋トマト」農家として20年の経歴を持つ傍ら、

                                                                                市のすすめる「しいたけ」栽培をはじめて5年になる織田さん。


                                                                                百肖「新城」織田凌輔

                                                                                5年前から同じような「菌床しいたけ」の栽培をする農家さんは、12〜13程度。

                                                                                新城の農家の一人として「菌床しいたけ」の産地の拡大を目指しています。

                                                                                今後、全国から遅れをとったと言われる産地競争に追いつけ追い越せで加速していくのではないかと

                                                                                お話しを聞いて感じました。



                                                                                百肖「新城」織田凌輔

                                                                                ところで、この織田さん、ちょっと変わった経歴をお持ちで…

                                                                                もともと会社員だった織田さん、就職したのはバブルのころ、就職先にも「いずれは独立するから。」。。。

                                                                                と独立宣言をしていたそう。営業端で仕事に慣れていくことに違和感を覚え、退職、挑戦する道を模索するも

                                                                                ゼロベースの目標に迷いを感じていたころに「農業」に関心をもち、

                                                                                地元「岡崎」を出て、作手に移住。


                                                                                百肖「新城」織田凌輔

                                                                                一時は「平地の鶏飼育」を志すが、周囲のすすめなどもあり

                                                                                「夏秋トマト」での就農で生計を立てていったという。


                                                                                現在は縁があって作手の地に、自宅と「菌床しいたけ」のハウスを構えている。


                                                                                百肖「新城」織田凌輔

                                                                                トマトと時期がずれることではじめた「菌床しいたけ」栽培だが

                                                                                「作手地区ではわれわれぐらいの若い年代の就農者は優遇される。

                                                                                その分、この地域への思いは強く、担い手としてこの地域を盛り上げていけたら」

                                                                                と話してくれました。


                                                                                お子さんが小さいころに「いちご」や「トマト」をおいしそうにほおばる様子を見たり

                                                                                サラリーマンと比べると自由になる時間があったことはよかったと振り返りつつ、

                                                                                トマトの名産地としての責任と覚悟を感じる取材となりました。




                                                                                季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                季節誌しずく


                                                                                季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                アイスタイルデザイン


                                                                                 
                                                                                photo by shizuku2015
                                                                                0

                                                                                  佐々木やすさん【新城】毎日目標を立ててこなす畑作業


                                                                                  新城市杉山にある、

                                                                                  「旬のひろば」の出展者の一人、佐々木やすさん。

                                                                                  百肖「新城」佐々木やす

                                                                                  なんと80歳。

                                                                                  お肌はツヤツヤ、

                                                                                  「ちょっと待っとって…」と

                                                                                  向かう先まで、なんと駆け足する姿。

                                                                                  かわいらしさとパワフルさに、脱帽。


                                                                                  百肖「新城」佐々木やす


                                                                                  出身が豊根村で、ダム建設に伴い、

                                                                                  新城市内へ越してきました。

                                                                                  若い時にやっていた畑仕事を思い出し、

                                                                                  独学でやっているそう。

                                                                                  食べたいものを植えて、

                                                                                  1日1日目標を立てて、丹精込めて育てて、

                                                                                  一人で毎日作業しているそうです。

                                                                                  百肖「新城」佐々木やす

                                                                                  百肖「新城」佐々木やす

                                                                                  今年の自慢は、

                                                                                  たけのこ芋。(京野菜のさといも)

                                                                                  やすさんの背丈をはるかにこす、おおきな姿。

                                                                                  百肖「新城」佐々木やす

                                                                                  カマを持ち、どんどん刈り取っていきます。

                                                                                  百肖「新城」佐々木やす

                                                                                  「細長いでしょ。たけのこみたいだから、

                                                                                  たけのこいもって呼んでるの。」

                                                                                  っと、素早い手さばきで、見せていただきました。

                                                                                  今年は特に大きくできて、

                                                                                  びっくりしているとやすさん。


                                                                                  百肖「新城」佐々木やす

                                                                                  おちゃめなやすさんの背中には、

                                                                                  お友達が作ってくれたという、

                                                                                  蓑を背負っていました。

                                                                                  夏は涼しくて、冬はあったかい。雨もしのいでくれる。

                                                                                  毛糸で作られた、ポンポンが、

                                                                                  やすさんにぴったり。 ハート



                                                                                  季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                  季節誌しずく


                                                                                  季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                  アイスタイルデザイン



                                                                                   
                                                                                  photo by shizuku2015
                                                                                  0

                                                                                    黒田俊博さん【新城】新城自慢のきゅうり


                                                                                    新城市のきゅうり農家の一人、黒田俊博さん。

                                                                                    百肖「新城」黒田俊博

                                                                                    現在、JA東愛知の部会長もやっており、

                                                                                    多忙な毎日。

                                                                                    取材に伺った時は、ちょうど、植え付けの日でした。


                                                                                    百肖「新城」黒田俊博


                                                                                    ハウスの中は、汗をかくほど暑く、植え付けは手作業。



                                                                                    百肖「新城」黒田俊博


                                                                                    ひとつひとつ、丁寧に植え付けされ、

                                                                                    あと1か月後(11月中旬から)には、収穫ができるのだそう。

                                                                                    夏前まで収穫できるとあって、

                                                                                    冬、春、初夏と楽しむことができます。(ビックリ!)

                                                                                    百肖「新城」黒田俊博


                                                                                    新城のきゅうり農家として、名が通っている黒田さん。


                                                                                    産直にも出荷していて、

                                                                                    実は、自分も、産直へ寄った時に、

                                                                                    偶然にも黒田さんのきゅうりを購入したことがあったのです…
                                                                                    (ダブルビックリ!)

                                                                                    水色の袋に入れられたきゅうりは、

                                                                                    味は変わりなくおいしいけど、

                                                                                    少し曲がっているものなど、

                                                                                    規格外品が多く入ったお得な袋。

                                                                                    何度か買っていたので、

                                                                                    出荷者の名前をなんとくなく覚えていて、

                                                                                    訪ねてみたところ…

                                                                                    ピッタンコでした!! ヤッタv


                                                                                    味も抜群と記憶しております。


                                                                                    百肖「新城」黒田俊博


                                                                                    これもご縁なのでしょうか…

                                                                                    っと勝手に思ったのでした…

                                                                                    1か月後が楽しみであります♪


                                                                                    他にも、ハウスイチジクに力を入れており、

                                                                                    ハウスの外でもとってもいい香りがしていました。


                                                                                    百肖「新城」黒田俊博


                                                                                    一仕事終えた、耕運機がかっこよかったです!!




                                                                                    季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                    季節誌しずく


                                                                                    季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                    アイスタイルデザイン











                                                                                     
                                                                                    photo by shizuku2015
                                                                                    0

                                                                                      久保田和男さん【新城】鳳来牛をこれからも

                                                                                      百肖「新城」久保田和男
                                                                                      豊田市へぬける国道257号線の川沿いに大きな白い屋根が目印の牛舎を運営する久保田さん。

                                                                                      この地域の「ブランド牛」の先駆けともいえる「鳳来牛」を育てる畜産農家さん。

                                                                                      百肖「新城」久保田和男

                                                                                      この大きな牛舎でも現在300頭ほど。

                                                                                      年間100頭、実に鳳来牛の総出荷量の半分がここから出荷されるそうです。


                                                                                      百肖「新城」久保田和男

                                                                                      写真で見ると、不思議と仔牛のよう

                                                                                      全然迫力がなく、残念。。。実物はなんと700圓鯆兇┐覽霏痢

                                                                                      ここではもっとも出荷に近いそうです。


                                                                                      百肖「新城」久保田和男

                                                                                      牛さんは実はとっても臆病なんです、でも好奇心が旺盛。
                                                                                      カメラを向けるとほとんどこちらを見てくれます。


                                                                                      ところで久保田さん、22歳の時にこの畜産業に入り、33歳で跡継ぎに。
                                                                                      36,7年、この道を歩んできました。

                                                                                      転機は「造体重視のホルスタイン」をやめ、「肉質重視の和牛」にすべての牛に変えたことだとか。


                                                                                      百肖「新城」久保田和男

                                                                                      今までもBSEによる風評被害など逆風の時代もあった。

                                                                                      これからの時代はもっとわからない時代になる。

                                                                                      しかし、JAや市役所、そして地元のチカラを合わせ「鳳来牛」を守ってきた。



                                                                                      百肖「新城」久保田和男

                                                                                      健康志向のあおりで「脂肪=毒」のようなイメージもあるが、

                                                                                      実は牛肉の栄養には「オレイン酸・ステアリン酸・カルニチン」など健康の代表格ともいえる

                                                                                      栄養素も多く含まれていて、ある程度コレステロール値が必要な高齢な方の食事には適していると

                                                                                      認識はかわりつつあるのです。(公益財団法人日本食肉消費総合センター


                                                                                      百肖「新城」久保田和男


                                                                                      現在、4軒しかない「鳳来牛の指定農家」。ライバルというよりも運命共同体として

                                                                                      出荷先である「こんたく長篠」で販売とレストランを中心に展開しています。

                                                                                      もちろん、地元ブランドとして「地産地消の給食」のメニューとしてカレーになって登場したりもしています。


                                                                                      久保田さんの喜びは?の質問に

                                                                                      「等級の高いランクを目指して育てているやはりA5ランクなどをもらうとうれしいね。」

                                                                                      と今日一の笑顔で答えてくださいました。


                                                                                      9年ほど前から息子さんも同じ道を歩み始め、親子二人三脚でこれからも「鳳来牛ブランド」を守っていっていただきたと

                                                                                      お肉も好きなしずくスタッフは応援していこうと改めて思う取材となりました。

                                                                                      久保田さん、これからも頑張ってくださいね。






                                                                                      季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                      季節誌しずく

                                                                                      季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                      アイスタイルデザイン


                                                                                       
                                                                                      photo by shizuku2015
                                                                                      0

                                                                                        関原香緒里さん【新城】みんなを繋ぐ「しいたけ」

                                                                                        百肖「新城」関原香緒里
                                                                                        お子様の小学校入学をきっかけに、就農7年目になる関原さん。

                                                                                        旬のひろば」の出品者さんでもあります。

                                                                                        実は関原美彦さんの義娘さん。

                                                                                        結婚後、義母のすすめで「しいたけ」栽培を一緒にはじめました。

                                                                                        勉強のために1年間、畑を借りて農業の厳しさを知り、右も左もわからず、

                                                                                        ご両親に農業を教えてつつ。6年間、この仕事を続けられているそうです。

                                                                                        百肖「新城」関原香緒里

                                                                                        家事と育児、しいたけ栽培のバランスが時間の拘束のある「パート」に比べ、

                                                                                        それぞれの成長時期にあった時間の使い方ができるので

                                                                                        とても充実した毎日が送れていると楽しそうに話す関原さん。



                                                                                        百肖「新城」関原香緒里

                                                                                        伺ったこの日も新しいお手伝いさんと女性3人

                                                                                        和気あいあいと楽しそうに作業されていました。


                                                                                        百肖「新城」関原香緒里

                                                                                        こどもがしいたけ農家であることを友だちにアピールしてくれたことがきっかけで

                                                                                        「名前」を覚えてもらい、店先で見かけたよとか買ったよとか教えてくれたり

                                                                                        ママ友が「うちの子、関原さんのしいたけなら、おいしいから食べる」と聞いたり

                                                                                        つらいこともあるが、うれしいこともたくさんあるという。


                                                                                        百肖「新城」関原香緒里

                                                                                        何より、この大きなしいたけハウスを信頼して任せてくれている両親に感謝しているという。

                                                                                        同時に任してくれていることに喜びも感じているとか。



                                                                                        百肖「新城」関原香緒里

                                                                                        ご両親への体への負担も考え、ハウスをもう少し拡張し、

                                                                                        いずれは家族みんなで「しいたけ栽培」を中心に農業を続けていきたいと話す関原さん。


                                                                                        そんな関原さんのイキイキした生き方にとっても勇気を頂く取材となりました。

                                                                                        新城のこれからを支えていくお1人としてとっても期待をしてしまうしずくスタッフなのです。






                                                                                        季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                        季節誌しずく

                                                                                        季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                        アイスタイルデザイン




                                                                                         
                                                                                        photo by shizuku2015
                                                                                        0

                                                                                          近藤治敬さん【新城】川売の梅の第一人者

                                                                                          百肖「新城」近藤治敬
                                                                                          山間盆地になるこの地区、川売。

                                                                                          川売の梅(かおれ)といってこの近藤さんを知らない人はいないのではというほどの方です。

                                                                                          伺ったこの日は「快晴」、それでも朝方は初めて10度をきるほどの気温だったそうです。

                                                                                          暖かい縁側でお話を聞くことができました。

                                                                                          百肖「新城」近藤治敬

                                                                                          現在80歳になる近藤さんが就農したのは40歳の頃。

                                                                                          もともと、こんにゃく芋の産地だったころは海老町だった頃。

                                                                                          「いのしし」の獣害に悩み、栗などを栽培したが今度は「猿」などの獣害…

                                                                                          当時の農協のすすめもあり、この地域での「梅」の栽培がはじめられたのが昭和20年ごろ。

                                                                                          今では「3/1〜3/28開催の梅花まつり」には1500本の梅の花がいっぱいになり観光客も多く訪れることで有名です。


                                                                                          そして、近藤さんもその梅農家の一人として梅栽培を始めたそうです。



                                                                                          百肖「新城」近藤治敬

                                                                                          そして梅は昭和28年頃までは1280円の高値で取引され

                                                                                          「青いダイヤ」と呼ばれ、珍重され、もてはやされていたそう。

                                                                                          当時、木材が馬車で運ばれる中、町に1台しかなかった車が梅の「集荷」にまわるほどだったという。


                                                                                          百肖「新城」近藤治敬

                                                                                          今では農業のあり方として主流になりつつある「6次産業」。

                                                                                          その先駆けとなる「加工品」への着手も近藤さんは就農当時から初めていたという。

                                                                                          梅干しはもちろん、ジャムやペーストなど現在でも9割程度は加工販売しているという。

                                                                                          毎年違う「梅の顔色」を伺いながら、仕込みの作業をしている、

                                                                                          「毎年が勉強だよ」っとさらっと言われて、反省するしずくスタッフ…(汗)

                                                                                          百肖「新城」近藤治敬

                                                                                          お話の中で、ある木を基準に梅の花が満開になるんだよと、

                                                                                          家の上にある梅園でお話してくださいました。

                                                                                          その言葉に歴史の重みを感じ「じ〜ん」…



                                                                                          百肖「新城」近藤治敬百肖「新城」近藤治敬

                                                                                          所々に植えてあるつばきや桜の木。

                                                                                          近藤さんは「つまもの部会」の部会長さんで十数年も交代がいないからと

                                                                                          歴任されているそうです。


                                                                                          百肖「新城」近藤治敬

                                                                                          「農家はなんでもやらないと食っていけなくなるから」と

                                                                                          大きな声で笑った近藤さんにとっても元気をいただきました。

                                                                                          5月に足に怪我をされて、少し足をひきずられていましたが、

                                                                                          「あと5年は頑張って米を作らんと」…


                                                                                          あまりのバイタリティに出る言葉を失いました。(汗)


                                                                                          百肖「新城」近藤治敬

                                                                                          来年の3月、梅の咲くころにまた近藤さんに会いに来たいな。

                                                                                          と楽しみが増えたことになんだか気持ちが少しワクワクするのを感じました。


                                                                                          近藤さん、またお話を聞かせてくださいね。
                                                                                          ありがとうございました。


                                                                                          実はしずくでは「石黒商店」さんが紹介してくださっています。
                                                                                          そんな人気のおせんべいはコチラから


                                                                                          季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                          季節誌しずく

                                                                                          季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                          アイスタイルデザイン





                                                                                           
                                                                                          photo by shizuku2015
                                                                                          0

                                                                                            池田彰信さん・嘉子さん【新城】自家採取を目指して

                                                                                            百肖「新城」池田彰信・嘉子
                                                                                            新城旬のひろばの出品者でもある池田さんとは何度かイベントでご一緒したご夫妻。

                                                                                            お顔とお名前がようやく一致する取材となりました。

                                                                                            彰信さんはもともと京都の南丹市で農業法人で会社員として農業を、奥様の嘉子さんは全然関係のない仕事をしつつ大阪で生活されていたそうです。

                                                                                            そんなお二人、彰信さんの実家の湖西市に戻り、就農を目指しているところ、

                                                                                            さまざまな縁で福津農園の松沢さんに出会い、

                                                                                            新城の魅力にひかれ、新天地として選んだそうです。


                                                                                            百肖「新城」池田彰信・嘉子

                                                                                            もちろん実践するのは「有機農業」。

                                                                                            たとえ減農薬でも、まびき菜などを出荷する際にやはり残留農薬の問題をクリアするには壁がある。

                                                                                            やはりそれならば「無農薬」しかないと現在は完全無農薬で栽培をしているという。


                                                                                            百肖「新城」池田彰信・嘉子

                                                                                            確かにこの農業は難しく、採算があうという仕事ではないかもしれない。


                                                                                            それでも、

                                                                                            多品目栽培を目標にしているので、野菜にあった農薬散布は他の野菜への影響も考えられる。
                                                                                            何より同じ野菜しか作らない「農業人として面白味」のなさには変えられないという。


                                                                                            百肖「新城」池田彰信・嘉子

                                                                                            仕事も家庭も畑も一つのサイクルとして回っていくことが理想的だと

                                                                                            とても楽しそうに野菜のことを話す彰信さん。

                                                                                            一方、現在は家事と育児、そして家庭生活を大切に考えている嘉子さん。

                                                                                            お手伝い程度だがいずれはご主人の目指している「自家採取」の農業の成功を

                                                                                            バックアップしたいと思っていると話してくださいました。



                                                                                            百肖「新城」池田彰信・嘉子

                                                                                            「自家採取」の種は生育もまちまちだが、野菜が土壌に合わせて変化することもあるとか。

                                                                                            お二人が新天地で回りの人々との触れ合いで変化していったように

                                                                                            自家採取の種がこの地、新城で、池田さんの畑を緑色いっぱいに埋める日を楽しみにしています。


                                                                                            ●そんなお二人の「ひなび舎」はコチラ




                                                                                            季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                            季節誌しずく

                                                                                            季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                            アイスタイルデザイン




                                                                                             
                                                                                            photo by shizuku2015
                                                                                            0

                                                                                              星 洋輔さん【新城】有機農業のサイクルの中に

                                                                                              百肖「新城」星 洋輔
                                                                                              豊橋有機農業の会の一員の星さん。

                                                                                              季節誌しずくとしては創刊号でお世話になって以来です。

                                                                                              もちろん、その間に毎週の朝市などで何度もお目にかかっておりましたが、

                                                                                              実はわたくし、ゆっくりお話ししたこともなく「有機農業」のお話をお聞きするのが楽しみでした。


                                                                                              あいさつをすると?なんだか少しお疲れの様子。理由をお聞きすると

                                                                                              祭りの関係で「夜更かし」やら「普段と違う食事」で体内時計がちょっとくるってしまって…とのこと。

                                                                                              百肖「新城」星 洋輔
                                                                                              さすが採食中心生活のサイクルに本当に入っておられるのだと実感。


                                                                                              肉もしっかり摂る生活をするしずくスタッフ、

                                                                                              年齢的にもそろそろ、そちらにシフトしないと…ちと反省…

                                                                                              百肖「新城」星 洋輔


                                                                                              取材の中ではとっても珍しい、ご自宅の前に畑のある環境…

                                                                                              大きな国道から少し奥まった場所にあるここは本当に「田舎」の感じがしてとっても落ち着きます。

                                                                                              本当にマイナスイオンも感じられるほど。


                                                                                              百肖「新城」星 洋輔

                                                                                              新城での就農10年になるまでに神奈川に生まれ、25歳の時に大分〜
                                                                                              それから今の奥さまが田原出身だったこともあり愛知へ。

                                                                                              さまざまな縁で福津農園の松沢さんに出会い…新城移住は「松沢さんの奥さま」に口説かれたのが理由だそうです。



                                                                                              年間60種類ほどを少量多品目で「有機無農薬」を実践する星さん。

                                                                                              きっかけは自身の「アトピー」だったこともあってこの農法へ進まれたそうです。



                                                                                              百肖「新城」星 洋輔

                                                                                              うれしいことや楽しいことは?の問いに、

                                                                                              今はまだ小さなお子様と家族としての時間を大切に過ごされていることと

                                                                                              新城という過疎の進む町で「次世代の農業の担い手」として地域に必要とされていることに

                                                                                              とってもやりがいや喜びを感じていると。



                                                                                              百肖「新城」星 洋輔

                                                                                              販売は朝市と宅配が中心。しかし、それを求める客層も広がりを感じることもあり、

                                                                                              これからも星さんなりのスタンスとサイクルの中で農業を追求していかれるんだろうな〜と

                                                                                              この地でしっかりと根を張り、活躍される星さんに

                                                                                              すがすがしい気持ちをいただいた感慨深い取材となりました。

                                                                                              ありがとうございました。




                                                                                              そんな星さんのブログはコチラ


                                                                                              季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                              季節誌しずく

                                                                                              季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                              アイスタイルデザイン




                                                                                               
                                                                                              photo by shizuku2015
                                                                                              0

                                                                                                関原美彦さん【新城】定年後の就農

                                                                                                百肖「新城」関原美彦
                                                                                                ご夫婦でお米としいたけを中心に農業をされている関原さん。


                                                                                                百肖「新城」関原美彦
                                                                                                なんと就農は定年してから。今では10町歩ほど「受託作業」をしているという、凄腕の関原さん。
                                                                                                取材もそこそこに、作業に取り掛かれてしまいました(汗)…


                                                                                                百肖「新城」関原美彦
                                                                                                あまり収穫は見たことがなかったしずくスタッフ目の前でどんどん、稲刈りを進めていきます。
                                                                                                さすが、面積をこなすだけのこともあって操作がお上手です。。。


                                                                                                百肖「新城」関原美彦

                                                                                                写真撮影がしたいとお願いすると奥様がお声をかけに行ってくださいました。






                                                                                                そしてまたまた、

                                                                                                撮影もそこそこに作業再開。

                                                                                                そんな寡黙な姿勢にとっても好感を覚えました。

                                                                                                百肖「新城」関原美彦

                                                                                                60歳の定年後の収納から数えて今年で12年。

                                                                                                65歳の時に事業を拡大すると決め、「しいたけ栽培」もはじめ、
                                                                                                現在では息子さんのお嫁さんに任せてあると。

                                                                                                百肖「新城」関原美彦

                                                                                                作業の前にお話を聞いた時に「しいたけ栽培」を任せている「お嫁さん」の話になると顔がほころび、嬉しそうにお話をしてくださった表情がとっても印象的でした。

                                                                                                ちなみに…
                                                                                                関原さんが自前で育てているお米もあり、産直などに出荷されているそうです。その中の一部は「米粉」として地元の洋菓子店などでスイーツの原料として「地産地消」にも一役かっているそうです。

                                                                                                これからも家族みなさまで頑張っていただきたと強く思うしずくスタッフでした。




                                                                                                季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                季節誌しずく

                                                                                                季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                アイスタイルデザイン




                                                                                                 
                                                                                                photo by shizuku2015
                                                                                                0

                                                                                                  池田悦子さん【豊川】農薬を使わず26年


                                                                                                  豊川市内…っといっても、

                                                                                                  住宅街の中にも畑を持ち、

                                                                                                  いくつもの畑をうまく輪作して栽培している、

                                                                                                  池田悦子さん。

                                                                                                  百肖「豊川」池田悦子


                                                                                                  (いつも伺う時は、口紅をしておしゃれなんですよ)きらきら

                                                                                                  難しいとされる、農薬を使わず、とうもろこしを作る名人でもあり、

                                                                                                  JAひまわりさんの産直でも、リピーターが多い。

                                                                                                  惚れ込んだお客さんは、

                                                                                                  池田さん宅まで、わざわざ買いにくるそうです。


                                                                                                  百肖「豊川」池田悦子


                                                                                                  今は、近くの小学生にも、

                                                                                                  農業の仕事を知ってもらおうと、

                                                                                                  企画を立てて、学校に提案し、

                                                                                                  ボランティアで、指導を行っているそうです。

                                                                                                  「この歳になって、

                                                                                                  次にできることは、こういうことかな…と思っています。」

                                                                                                  っと池田さん。

                                                                                                  育てることから食べることまでを、

                                                                                                  工夫しながら、体験してもらっているそうです。


                                                                                                  百肖「豊川」池田悦子


                                                                                                  畑の丁寧な仕事ぶりがわかります。

                                                                                                  池田さんから教えてもらう生徒さんが、

                                                                                                  ああっ…とっても羨ましいです。ヤッタv




                                                                                                  季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                  季節誌しずく

                                                                                                  季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                  アイスタイルデザイン





                                                                                                   
                                                                                                  photo by shizuku2015
                                                                                                  0

                                                                                                    皸羸杵造気鵝數橋】イラコファーム、これからの未来

                                                                                                    百肖「豊橋」皸羸杵
                                                                                                    イラコファームの3代目の皸罎気鵝△箸辰討蘯磴て熱い〜エネルギーに溢れた人柄。


                                                                                                    百肖「豊橋」皸羸杵
                                                                                                    取材に訪れたここが「鶏舎」。
                                                                                                    まったくそんな様子もなく一見するとまるで工場のようです。
                                                                                                    それもそのはず、床がすべてコンクリート。実はこれ「鳥インフルエンザ」対策の一環。
                                                                                                    壁の面をそって移動する畑から来るねずみの習性を逆手にとって、その壁やの代わりとなる草など、隠れることのできるを環境をなくすことで侵入を防ぐそうです。鳥インフルエンザは空からだけでなく、地面からの対策も必要なんだとか・・・


                                                                                                    百肖「豊橋」皸羸杵
                                                                                                    もともとは「鶏の卵の集配と販売」を生業にスタート、バラバラな場所から仕入れるため品質や衛生面などが統一されずトラブルも多かったそう。ちょうど立体構造の鶏かごが一般的になり始めたのを機に、一気に鶏舎を建設し事業を拡大。「仲買」から「生産者」へと景気の波に乗り一気に売り上げを伸ばし、正和さんの代でさらに倍の鶏舎を構えることになったそうです。


                                                                                                    百肖「豊橋」皸羸杵
                                                                                                    お邪魔した鶏舎の中はまるで「映画のワンシーン」に出てきそうななんとも近代的かつ広大。
                                                                                                    先の見えないところまで鶏がいます。写真では見にくいのですが、床の下にも同じぐらいの数の鶏がいます!

                                                                                                    百肖「豊橋」皸羸杵
                                                                                                    そして、ここイラコファームさんから出荷されるのはすべて赤玉。
                                                                                                    皸罎気鵑鰐滅鬚い話を聞かせてくださいました。

                                                                                                    >>>問1.
                                                                                                    「「白い卵のにわとりは白」「赤い卵のにわとりは茶色の卵」なんでか、わかりますか?」



                                                                                                    ●正解
                                                                                                    卵を温める習性のある鶏のお腹の下で温められる卵。
                                                                                                    白い鶏が赤い卵を抱いていたら、卵があるってすぐにばれてしまうでしょう?
                                                                                                    だから「白の鶏には白」「茶色の卵には茶色」なんですよ〜っと。


                                                                                                    百肖「豊橋」皸羸杵
                                                                                                    こちらは卵の選別所です。

                                                                                                    色や大きさなどを手作業で丁寧に検品していきます。

                                                                                                    そして…

                                                                                                    >>>問2.
                                                                                                    卵の大きさの秘密〜

                                                                                                    百肖「豊橋」皸羸杵
                                                                                                    いくつか種類がありますが…実は栄養価は「親鶏の食べるもの」に由来し、ここでは不足したビタミン群を補うことで健康補助食品としてさらに栄養価を高めているそうです。卵の黄身の黄色。。。これも黄色いトウモロコシを食べるから、今流行りの白いトウモロコシを食べさせたら白くなるそうです。


                                                                                                    ●正解
                                                                                                    そして、大きさの秘密というか「使い方」のアドバイス!

                                                                                                    たまごが大きくても小さくても黄身の重さは、ほとんど同じ。大きなサイズは白身の量が多いのです。
                                                                                                    必要な料理によって選ぶといいそうです。黄色が濃くしたければ黄身の少ない「MS」、メレンゲが多く欲しい時は「L」といった具合です。

                                                                                                    皸罎気鵑里話し、知らないことばかりでほんと!面白いです。

                                                                                                    >>>問3

                                                                                                    日本の卵、なぜ白が多いのか…


                                                                                                    ●正解
                                                                                                    実は理由は2つ
                                                                                                    その1「茶色より白の方が低燃費」
                                                                                                    茶色の鶏は大きく、白色の鶏は小さい。大きい方が小さい方が餌の量も少なくて済む。つまり低燃費な方を育てることで効率を上げていくことに。そのことから白の鶏が多くなり、国内流通の割合が多くなったそうです。

                                                                                                    その2「戦争に負けたから」
                                                                                                    ヨーロッパ圏の多くはちゃぼなどの茶系の鶏が多いのに対し、敗戦国となった日本は「アメリカ」の統治におかれました。そのおかげで日本に多く「白い鶏」が入り、品種改良されて多く卵を産む小さい個体の白い鶏が多いのです。もし勝っていたら赤玉が主流になった可能性もあるのです。






                                                                                                    おすすめの卵料理は?の質問に

                                                                                                    温泉卵」と教えてくれた皸罎気鵝

                                                                                                    作り方まで教えてくださいました〜

                                                                                                    百肖「豊橋」皸羸杵
                                                                                                    ちょうど3つ卵が入るぐらいのカップ麺の容器(どんぶり型がおすすめ)を用意。
                                                                                                    そこに沸騰したお湯をそそぎお皿などで「ふた」をしたら15分待つ…
                                                                                                    それだけで「美味しい温泉卵」ができるそうです〜一度お試しください。


                                                                                                    卵料理の中でも人気の高い「たまごかけごはん」。

                                                                                                    これも日本の真面目さが生んだ料理ではないかと語る皸罎気鵝

                                                                                                    「品質のよい管理された卵」は日本だからできること」

                                                                                                    海外では生では食べてはいけないということです。


                                                                                                    百肖「豊橋」皸羸杵

                                                                                                    ほぼ、卵の豆知識講座となり、皸罎気鵑里款匆陲あまりありませんでした。
                                                                                                    最後に直球のご質問をさせていただきました。

                                                                                                    今後の夢はの問いに

                                                                                                    「現在の出荷先は中部圏を中心に、関東と関西。関東圏へは「震災の影響」での出荷が始まりました。採算の取れるラインまでに時間はかかりましたが、安心安全なものを食べさせたいという親世代の優しさを知り、続けてくることができました。『いずれは全国どこのスーパーにいってもイラコファームの卵が買えるようにしていきたい』。」と小さな卵に大きな夢を乗せて笑顔で語る皸罎気鵝とっても素敵な取材になりました。

                                                                                                    ありがとうございました。







                                                                                                    季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                    季節誌しずく

                                                                                                    季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                    アイスタイルデザイン
                                                                                                     
                                                                                                    photo by shizuku2015
                                                                                                    0

                                                                                                      中村敏秀さん、ゆかりさん【豊橋】千両ハウスなすのこれからをつなぐ

                                                                                                      百肖「豊橋」中村敏秀・ゆかり
                                                                                                      就農する10年前に両親の始めた「千両なす」一筋、この道に入り26年になる中島敏秀さん。
                                                                                                      奥さまも農家の嫁として家事と育児を両立して現在に至るという。


                                                                                                      百肖「豊橋」中村敏秀・ゆかり
                                                                                                      8〜9月上旬に定植し、背丈を越えるほどに育てる農法で少ない時でも1日800本ほど出荷、ピーク時には300本を市場に送り出すという。


                                                                                                      百肖「豊橋」中村敏秀・ゆかり
                                                                                                      敏秀さんの楽しみは何といっても「生産性をあげること」「品質を向上すること」、終わりのないこの課題に取り組む、光合成の研究や新しい試みなどを続け、小さいグループを作り、常に新しい情報を交換しながら「千両なす」のこれからを模索し続けているという。
                                                                                                      子供のように楽しそうに話す様子は取材しているしずくスタッフも見習うべきと痛感しました(^^)。

                                                                                                      百肖「豊橋」中村敏秀・ゆかり
                                                                                                      このハウスの他にいくつかあるハウスから翌年の7月まで休むことなく出荷を続けるそうです。



                                                                                                      百肖「豊橋」中村敏秀・ゆかり
                                                                                                      ほとんどが中部圏に届き、もちろんこの地にもたくさん流通する「千両なす」。
                                                                                                      トマトとは逆で糖度よりも「なす」のおいしさの基準は食味(触感やみずみずしさ)。


                                                                                                      百肖「豊橋」中村敏秀・ゆかり
                                                                                                      「千両なす」の魅力は皮の柔らかさを感じられること、良質なものほど出荷までの期間が短く、すっっと育ったものだとか。
                                                                                                      どう調理してもおいしい「千両なす」をこれからも極めていきたいと話されていました。


                                                                                                      百肖「豊橋」中村敏秀・ゆかり
                                                                                                      現在、縁があって仕事を手伝ってもらっている若者の就農、技術習得などの手助けなどを通じて次世代へのバトンタッチをしていきたいという。豊橋産のハウスなす農家の拡大やブランド力を上げて今後のこの地への貢献をできたらとお話ししてくれました。


                                                                                                      仲良しなお二人のこれからの二人三脚でつくる「千両なす」に心強さと期待を持たざるを得ないしずくスタッフなのでした。


                                                                                                      そんな中村さんのブログ「豊橋ナス日記」はこちら。




                                                                                                      季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                      季節誌しずく

                                                                                                      季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                      アイスタイルデザイン

                                                                                                       
                                                                                                      photo by shizuku2015
                                                                                                      0

                                                                                                        中島由盛さん【豊橋】白菜にこれからの未来を

                                                                                                        百肖「豊橋」中島由盛
                                                                                                        先祖代々、生粋の農家の14代目(たぶん)の中島さん。
                                                                                                        高校生までは農家になるつもりではなかったそう。


                                                                                                        百肖「豊橋」中島由盛
                                                                                                        高校で勉強したインターネットの可能性、まわりの方々から聞く「農業」の可能性へ未来を感じ、道を決め農業大学へ進学。収納12年目になる現在、キャベツに進む時流の中、「白菜」の魅力と減りはじめた「白菜農家」により白菜への思いを強くしたそうです。


                                                                                                        百肖「豊橋」中島由盛
                                                                                                        地元に多くの所有の農地が点在している中、この地での白菜の品質の違いを感じ、場所にこだわって定植しているそう。

                                                                                                        百肖「豊橋」中島由盛
                                                                                                        豊川用水から外れたこの地は「赤土」土壌。水はけも良くなくお話を聞くかぎりでは「こだわる」理由が見当たらない、しかし過去この地は白菜畑ばかりだったことに着眼し、ここでの「白菜」づくりに未来を乗せているという。

                                                                                                        実は豊橋の白菜は関東圏の市場ではバイヤーさんの「No.1」と言われるほどの品質を誇り、一時【磯部白菜】といえば高品質な白菜として名を馳せたことがあるほど。一般的な白菜が冷蔵保存で45日が限界のところ、豊橋産白菜は60日持つと言われているほど高品質なことで有名だそう。

                                                                                                        百肖「豊橋」中島由盛
                                                                                                        鍋や漬物が料理の主流と思われがちな「白菜」。そんな中、中島さんのおすすめレシピは「生食」。
                                                                                                        採れたての白菜の甘味はなかなか一般的に感じられないものだが「サラダ」などで食べてもらえる食文化が根付けばと期待を膨らませているという。

                                                                                                        JAの白菜の部会長として今後の手腕と、中島さんの感じた可能性にこの地の特産品の未来を見れた気持ちのいい取材になりました。

                                                                                                        豊橋産の白菜の未来を担う若き農業者の未来に期待と応援を覚えたしずくスタッフなのです。



                                                                                                        季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                        季節誌しずく

                                                                                                        季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                        アイスタイルデザイン

                                                                                                         
                                                                                                        photo by shizuku2015
                                                                                                        0

                                                                                                          中村弘幸さん【豊川】季節外れの時期にも栽培を可能にする


                                                                                                          豊川市で路地栽培とハウス栽培をする中村弘幸さん。


                                                                                                          百肖「豊川」中村弘幸

                                                                                                          牛田真理子さんの師匠でもある。

                                                                                                          撮影に伺った際に、

                                                                                                          まず驚いたのがこの光景。

                                                                                                          百肖「豊川」中村弘幸

                                                                                                          ピカピカに光る、あおあおとした野菜。

                                                                                                          白菜。

                                                                                                          10月の上旬になぜ…

                                                                                                          「この時期に作り出すことは、大変難しい。」

                                                                                                          っと中村さん。

                                                                                                          そ、そうでしょう…

                                                                                                          虫にもやられず、暑さにもやられず…

                                                                                                          ただ、ただ、すごい。

                                                                                                          この技術と技を持つ中村さん、すごいです。

                                                                                                          百肖「豊川」中村弘幸


                                                                                                          実は、この白菜は、

                                                                                                          近々あるお祭りに、白菜漬けが食べたいからと、

                                                                                                          つくられたもの。

                                                                                                          理由もすごいヤッタv


                                                                                                          百肖「豊川」中村弘幸

                                                                                                          こちらは水菜。中村さんの栽培する代表的な野菜のひとつ。

                                                                                                          百肖「豊川」中村弘幸


                                                                                                          サラダ水菜で、この時点でやわらかくておいしそう。

                                                                                                          中村さんは、作り方を知りたい!っという人にも、

                                                                                                          教えるそうです。

                                                                                                          もし、教えた人が同じように作れたら、

                                                                                                          自分はその人よりも、もっと上のレベルで作る目標を作るためだそう。

                                                                                                          百肖「豊川」中村弘幸

                                                                                                          1畝1畝、管理表が掲げられ、

                                                                                                          細かな管理と記録を取る。

                                                                                                          この管理が経験と技術を生み出し、

                                                                                                          本来の季節ではない野菜も作り出すことができる。


                                                                                                          季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                          季節誌しずく

                                                                                                          季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                          アイスタイルデザイン


                                                                                                           
                                                                                                          photo by shizuku2015
                                                                                                          0

                                                                                                            市川靖雄さん【豊川】季節誌しずくでお馴染み絶品ミニトマト



                                                                                                            季節誌しずく2号で旬のしずくを飾った、

                                                                                                            カネイチ農園の市川靖雄さん。

                                                                                                            私たちにとって、長いお付き合いをさせていただいております。


                                                                                                            百肖「豊川」市川靖雄


                                                                                                            私たちがイベントに出展する際には、

                                                                                                            必ず、市川さんのトマトを並べます。

                                                                                                            力強い、濃いトマトの味に魅了されたからです。

                                                                                                            百肖「豊川」市川靖雄


                                                                                                            ミニトマトとアイコ。

                                                                                                            百肖「豊川」市川靖雄


                                                                                                            土耕栽培で、

                                                                                                            お父さんから受け継いだ、

                                                                                                            昔ながらの栽培方法。

                                                                                                            百肖「豊川」市川靖雄


                                                                                                            レストランや有名ホテルが主ですが、

                                                                                                            直接買い付けも可。


                                                                                                            百肖「豊川」市川靖雄

                                                                                                            こちらは、セロリ。

                                                                                                            なんと、花束のようなセロリがこれからできます。

                                                                                                            ほかにも、にんじんも栽培し、

                                                                                                            にんじんとリンゴのジュースや、

                                                                                                            絶品ミニトマトのトマトソースやジュースなど、

                                                                                                            加工品も手掛ける。



                                                                                                            季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                            季節誌しずく


                                                                                                            季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                            アイスタイルデザイン



                                                                                                             
                                                                                                            photo by shizuku2015
                                                                                                            0

                                                                                                              鈴木洋子さん【豊川】ブルーベリーを愛す


                                                                                                              豊川市御津町でブルーベリーを栽培している、

                                                                                                              鈴木洋子さん。

                                                                                                              百肖「豊川」鈴木洋子


                                                                                                              ブルーベリーを豊川で栽培する一人として、

                                                                                                              そして、加工品にも力を入れ、

                                                                                                              ブルーベリー酢など、

                                                                                                              早くから着目して、新城市の生産者と共に組合を設立し、

                                                                                                              製造しています。


                                                                                                              百肖「豊川」鈴木洋子


                                                                                                              開けた畑は、

                                                                                                              太陽の光をいっぱいに浴び、

                                                                                                              風通しもいい。

                                                                                                              百肖「豊川」鈴木洋子


                                                                                                              百肖「豊川」鈴木洋子


                                                                                                              撮影時は、ブルーベリーの季節は終わっていましたが、

                                                                                                              フレッシュが徐々に認知され、

                                                                                                              今年は生食用の人気だったそう。

                                                                                                              洋子さんは、マコモタケも生産しています。

                                                                                                              とにかく、勉強熱心。



                                                                                                              季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                              季節誌しずく

                                                                                                              季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                              アイスタイルデザイン




                                                                                                               
                                                                                                              photo by shizuku2015
                                                                                                              0

                                                                                                                鈴木義弘さん【豊橋】豊橋次郎柿でできること

                                                                                                                豊橋市北部地区で、柿農家を営む鈴木義弘さん。

                                                                                                                柿農家三代目として、次郎柿を守っています。


                                                                                                                百肖「豊橋」鈴木義弘

                                                                                                                コスモス咲くこの時期、

                                                                                                                オレンジ色に色づくのを待っています。


                                                                                                                百肖「豊橋」鈴木義弘


                                                                                                                百肖「豊橋」鈴木義弘

                                                                                                                もうすぐ…

                                                                                                                形は四角であるのが特徴。

                                                                                                                シャキッとした歯ごたえと甘みあり、

                                                                                                                地元でもファンは多い。


                                                                                                                百肖「豊橋」鈴木義弘


                                                                                                                石巻の次郎柿は誕生して100年。

                                                                                                                人間と同じで30から40年の木が、最も盛りになるそう。

                                                                                                                でも、100歳の木ももちろん実をつけます。

                                                                                                                技術と経験で、とれる木に仕立てるのも技。


                                                                                                                百肖「豊橋」鈴木義弘

                                                                                                                訪れたこの日は、

                                                                                                                近くの西郷小学校の児童が、

                                                                                                                袋かけをしたところ。

                                                                                                                これは、震災のあった石巻市に送るためのもの。

                                                                                                                石巻と石巻市、柿と牡蠣…

                                                                                                                こうした云われから、交流がなされているそう。


                                                                                                                百肖「豊橋」鈴木義弘


                                                                                                                邪魔にならない支援、そして、

                                                                                                                次郎柿を知ってもらいたい、食べてもらいたい…

                                                                                                                子供たちの気持ちがいっぱい詰まっていると思います。

                                                                                                                今年も、たくさんの豊橋次郎柿が、

                                                                                                                石巻市へ送られます。




                                                                                                                季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                季節誌しずく

                                                                                                                季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                アイスタイルデザイン









                                                                                                                 
                                                                                                                photo by shizuku2015
                                                                                                                0

                                                                                                                  安藤成彦さん【豊橋】有機農業を通じて


                                                                                                                  豊橋市賀茂町、本宮山が見え、豊川近くに

                                                                                                                  安藤成彦さんの畑はあります。




                                                                                                                  百肖「豊橋」安藤成彦

                                                                                                                  安藤さんのお父さんが有機農業に取り組み、

                                                                                                                  その技術を受け継ぎ、畑・田んぼともに

                                                                                                                  有機栽培に取り組んでいます。

                                                                                                                  今では有機農業を学びに、安藤さんの所へたくさん訪れます。

                                                                                                                  百肖「豊橋」安藤成彦

                                                                                                                  取材時は、米なすがたくさん実っていました。

                                                                                                                  ずっしり。

                                                                                                                  百肖「豊橋」安藤成彦

                                                                                                                  ピカピカで、

                                                                                                                  コンパニオンプランツにあさつきが植えられ、

                                                                                                                  土の力によって育てられている力強さを感じます。

                                                                                                                  米ぬかや、もみ殻を炭にしたもの、

                                                                                                                  豊川の河川で刈り取られた草が肥料となり、

                                                                                                                  動物性のものは一切使っていません。


                                                                                                                  百肖「豊橋」安藤成彦


                                                                                                                  オクラは白オクラや、赤オクラなど…

                                                                                                                  百肖「豊橋」安藤成彦


                                                                                                                  夏過ぎたこの季節に、

                                                                                                                  花を咲かせて、のびのびと育っています。

                                                                                                                  百肖「豊橋」安藤成彦

                                                                                                                  えざねは町名。

                                                                                                                  月に1回、この場所で朝市があります。

                                                                                                                  まわりの農家さんと共に、

                                                                                                                  自慢の野菜が並ぶそうです。


                                                                                                                  おいしいを求めて、出た答えが「有機栽培」だった。

                                                                                                                  土つくりが命。

                                                                                                                   

                                                                                                                  百肖ホームページ 

                                                                                                                  季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                  季節誌しずく

                                                                                                                  季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                  アイスタイルデザイン


                                                                                                                   












                                                                                                                   
                                                                                                                  photo by shizuku2015
                                                                                                                  0

                                                                                                                    安田弦矢さん【田原】ベビーリーフの未来を津具と田原で

                                                                                                                    百肖「田原」安田弦矢
                                                                                                                    安田商店の代表でもある安田さん。
                                                                                                                    キャベツやとうもろこし、数年前からベビーリーフの栽培をはじめたころ、安田さんは外食産業から転職、就農しました。

                                                                                                                    百肖「田原」安田弦矢
                                                                                                                    現在、土耕、高設での土耕の2種類でベビーリーフを栽培。
                                                                                                                    田原と設楽の津具を行き来しながら忙しい毎日を送っているとか。


                                                                                                                    百肖「田原」安田弦矢
                                                                                                                    近年、ベビーリーフは注目が高まり、サラダはもちろん、スムージーなどでも人気。
                                                                                                                    しかし、最近の天候不良で一時出荷が間に合わないこともあったと話してくれました。

                                                                                                                    百肖「田原」安田弦矢
                                                                                                                    もちろん、しずくスタッフは試食済みですが、ほかのものと比べると「美味しい」です。
                                                                                                                    水の違いや水耕でないことなどの違いですか?とお聞きすると…
                                                                                                                    「同じものをそうしているのでわかりませんね。。。」と。


                                                                                                                    百肖「田原」安田弦矢
                                                                                                                    以前お聞きしたお話では、温度や品質などをある部分で管理することで収量をあげることができるとお話していただいたこともあり、きっとそんな見えない気配りが「味」に反映しているのではないかと思いました。


                                                                                                                    百肖「田原」安田弦矢
                                                                                                                    少し前に事故にあわれた後遺症もなく、元気そうな安田さんにお会いできて安心しました。

                                                                                                                    百肖「田原」安田弦矢
                                                                                                                    そして、またこれから新しいことに挑戦されると思うとワクワクするしずくスタッフなのです。




                                                                                                                    季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                    季節誌しずく


                                                                                                                    季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                    アイスタイルデザイン

                                                                                                                     
                                                                                                                    photo by shizuku2015
                                                                                                                    0

                                                                                                                      多田 剛さん【田原】栽培は環境作りから

                                                                                                                      百肖「田原」多田剛
                                                                                                                      田原市でミニトマト、アイコなどを育てる多田さん。
                                                                                                                      就農31年、露地のスイカ、カリフラワー、サニーレタスからスタート。

                                                                                                                      2年目から大玉トマト栽培のためにハウスを建てこれまで加工用トマト(中玉)〜ミディトマトなどを経て現在のミニトマト栽培へ。実に農業人生のほとんどを「トマト」に捧げているといっても過言でありません。
                                                                                                                      百肖「田原」多田剛
                                                                                                                      この日、お邪魔したハウスは光が燦々と入りとても暖か。

                                                                                                                      百肖「田原」多田剛
                                                                                                                      収穫を控えたトマトもとても気持ちよさそう。

                                                                                                                      百肖「田原」多田剛
                                                                                                                      この多田さん、実は先記「岡本直樹さん」と同じアクセルのメンバーで会の創設者。5年ほど前から、1、2週に1回、同じトマト農家さんとの交流と技術向上を目指した勉強会を実施。全国のトマト農家さんとも研修などを実費で行いながらネットワークを構築。
                                                                                                                      Accelメンバーは田原・豊橋・豊川の同じJAの部会員などで構成され、情報交換やお互いの圃場をまわりながらミニトマトの品質向上を目指しています。


                                                                                                                      百肖「田原」多田剛
                                                                                                                      勉強会の内容は目下「植物育成のための環境整備」。環境を一定に整える技術を向上することで収量の見込めない天候不良などでも最低限の収量を確保できるようにさまざまな天候や気候に合わせたデータを数値化し、それもとに植物の育成環境を整え、糖の流れを知り、コントロールしてると話してくれました。


                                                                                                                      百肖「田原」多田剛
                                                                                                                      「勘や経験だけではこれからの農業は伸びしろはしない。どこまで効率化を図れるか、そして余剰時間にまた次の施策を打てるように準備していかなければならない。」


                                                                                                                      百肖「田原」多田剛
                                                                                                                      農業のリスク管理、そしてその先の目的意識がこれから必要になると話してくださいました。

                                                                                                                      少し進んだ「天候まかせ」ではない次の農業に期待を感じるしずくスタッフでした。





                                                                                                                      季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                      季節誌しずく


                                                                                                                      季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                      アイスタイルデザイン

                                                                                                                       
                                                                                                                      photo by shizuku2015
                                                                                                                      0

                                                                                                                        加藤真史さん【豊橋】さわやかな笑顔といちごへの思い

                                                                                                                        百肖「豊橋」加藤真史
                                                                                                                        石巻地区、32歳という若さで大きなハウスでいちご(章姫)を栽培する加藤さん。
                                                                                                                        就農して8年、大学を卒業後、「人につかわれる」ことに抵抗を感じ、周囲の人たちに相談して決断したそうです。




                                                                                                                        百肖「豊橋」加藤真史
                                                                                                                        清潔なハウス内には苗が生き生きと育っていました。


                                                                                                                        百肖「豊橋」加藤真史
                                                                                                                        「バラ」農家への道に迷ったが、重油が高騰した時期だったこともあって、今のいちご農家への道を選択したそうです。

                                                                                                                        百肖「豊橋」加藤真史
                                                                                                                        設備投資などもあり「今が一番つらい時期です」と笑顔で話す加藤さん。


                                                                                                                        百肖「豊橋」加藤真史
                                                                                                                        「まだまだ味へのこだわりは持っているものの収量も大切。どちらもそこまで到達していない自分への戒めもある。」

                                                                                                                        百肖「豊橋」加藤真史
                                                                                                                        「これからは「美味しい」と思えるものを作り、さらに上を目指したい」。と力強い話を聞かせてくれた加藤さんにしずくスタッフ感動なのです。





                                                                                                                        季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                        季節誌しずく


                                                                                                                        季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                        アイスタイルデザイン

                                                                                                                        photo by shizuku2015
                                                                                                                        0

                                                                                                                          加藤詳郎さん【豊橋】ミニトマトに未来を託し

                                                                                                                          百肖「豊橋」加藤詳郎
                                                                                                                          就農して3年の加藤さん。農家さんとは思えないほどおしゃれなイメージを感じたしずくスタッフはワクワクしてしまいました。2年間、名古屋で勉強してもともと農家の実家のぶどうハウスをミニトマトに変えてスタートしました。


                                                                                                                          百肖「豊橋」加藤詳郎
                                                                                                                          JAの部会に参加し、全量出荷を続け、たくさんの先輩方にアドバイスをもらいながら努力を続けています。


                                                                                                                          百肖「豊橋」加藤詳郎
                                                                                                                          毎年が勉強でまだまだすごい先輩には届かない、それでも「美味しさ」を追及していると話す加藤さん。


                                                                                                                          百肖「豊橋」加藤詳郎
                                                                                                                          そんな思いで作るミニトマトは小鈴。
                                                                                                                          ハウスの中はとっても清潔です。

                                                                                                                          百肖「豊橋」加藤詳郎
                                                                                                                          出荷できないものは近所の方に配る。
                                                                                                                          その時に帰ってくる「美味しい」という言葉がうれしいとはなす加藤さんの笑顔。


                                                                                                                          百肖「豊橋」加藤詳郎
                                                                                                                          若さの中に確実に感じた「芯の強さ」に、豊橋のミニトマトの未来に期待するしずくスタッフなのです。




                                                                                                                          季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                          季節誌しずく


                                                                                                                          季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                          アイスタイルデザイン

                                                                                                                          photo by shizuku2015
                                                                                                                          0

                                                                                                                            川合伸吉さん【豊橋】豊橋産100%こんにゃくを目指して

                                                                                                                            百肖「豊橋」川合伸吉
                                                                                                                            石巻「次郎柿」の畑の土壌を利用して「こんにゃく芋」を育てる川合さん。
                                                                                                                            高齢化に伴い使われなくなった柿畑の再利用を目指しています。




                                                                                                                            百肖「豊橋」川合伸吉
                                                                                                                            石巻地区は日本でも人気の高い甘柿「次郎柿」の一大産地。
                                                                                                                            5年前から3年かかるこんにゃく芋を育て続け、ようやく収穫時期の昨年から徐々に豊橋産のこんにゃく芋の生産を本格的に奥様のみえる「織九」で加工販売を始めました。

                                                                                                                            百肖「豊橋」川合伸吉
                                                                                                                            大震災で土の中でできる野菜の大切さを感じ、一念発起したと川合さん。

                                                                                                                            百肖「豊橋」川合伸吉
                                                                                                                            いろいろとご苦労されて、ようやく収穫してできたこんにゃく。
                                                                                                                            もちろん、食べたことのあるしずくスタッフ、全力で応援しているのです!


                                                                                                                            百肖「豊橋」川合伸吉
                                                                                                                            しずく朝市にも奥様と共に出展してくださったことのある川合さん。

                                                                                                                            これからもっと収量を増やし、100%豊橋産のこんにゃくを育て続ける川合さんのこれからに期待大なのです。

                                                                                                                            ●季節誌しずくでの紹介記事は「こちら」。





                                                                                                                            季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                            季節誌しずく


                                                                                                                            季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                            アイスタイルデザイン

                                                                                                                            photo by shizuku2015
                                                                                                                            0

                                                                                                                              小久保知弘さん【田原】しらすの仕掛け人

                                                                                                                              百肖「豊橋」小久保知弘
                                                                                                                              田原で唯一ちりめんを取り扱う「長栄」の小久保さん。
                                                                                                                              以前、季節誌しずくもバックアップしていただいたことがあり今回取材をお願いしました。

                                                                                                                              百肖「豊橋」小久保知弘
                                                                                                                              赤羽根漁港から表浜へ漁へ出掛け、漁場は「伊良湖先端〜静岡までの県境」。黒潮に乗って回遊してくるイワシの稚魚を釜揚げして作られる「しらす・ちりめんじゃこ」。。。
                                                                                                                              田原どんぶり街道でも人気があり、とっても有名です。


                                                                                                                              百肖「豊橋」小久保知弘
                                                                                                                              そんなシラスですが今年は全国的に不漁で少し心配要素があるとお話ししてくださいました。

                                                                                                                              百肖「豊橋」小久保知弘
                                                                                                                              農家さんも同じですが、漁業関係の方も天候や自然を相手にするのですから、大変なんだと改めて感じる取材になりました。


                                                                                                                              百肖「豊橋」小久保知弘
                                                                                                                              前日もTVの取材があったというお話の中で「いつまでもTVは慣れることができないですね〜」と照れ臭そうに話された笑顔がとっても印象的でした。
                                                                                                                              これからも変わらない前向きで紳士的な対応に、渥美で唯一しらすを加工し販売している「長栄」さんの力強い印象にとっても安心したしらす好きのしずくスタッフなのでした。



                                                                                                                              季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                              季節誌しずく


                                                                                                                              季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                              アイスタイルデザイン

                                                                                                                              photo by shizuku2015
                                                                                                                              0

                                                                                                                                森嘉隆さん【豊橋】ビジネスとして農業の神髄

                                                                                                                                百肖「豊橋」森嘉隆
                                                                                                                                雨の翌日の空き時間に取材に応じてくださった「森嘉隆さん」。
                                                                                                                                21歳のころに就農して34年。親の代から続く農家を継ぎました。

                                                                                                                                現在では「豊橋市認定農業者連絡会」の会長を務められています。

                                                                                                                                百肖「豊橋」森嘉隆
                                                                                                                                伺ったこの日は「あまながくん」の終わりごろでした。
                                                                                                                                これからはキャベツと白菜などを手掛けるとお話しされていました。

                                                                                                                                10人前後の従業員さんと共にたくさんの畑を管理しています。
                                                                                                                                畑には減肥を図るために「菌」を入れて土壌消毒をしない農法を行っています。

                                                                                                                                百肖「豊橋」森嘉隆
                                                                                                                                農業を大きくすることや「収量」ばかりを追求するのではなく、その先にある「おいしさ」もしっかり追求している森さん。テレビやメディアに取り上げられることもしばし。流通によって出てしまう「価格差」が減り、地元での流通の整備があるとより地産地消などが進むのではないかと教えてくださいました。

                                                                                                                                百肖「豊橋」森嘉隆
                                                                                                                                身内の方が「アトピー」になられた時に、病院に行っても治らないと聞き「おれの畑の野菜を食わせればいいだ。」と勧めたことでアトピーが改善したというお話を聞かせてくださいました。

                                                                                                                                実は「季節誌しずく」の創刊前に聞いたお話の中に「親の生まれ育った水源」をたどりそれを子供が摂取することで病気が快方に向かう研究があり、実践しているお医者さんがいると聞いたことがあったので〜ちょう〜感動したしずくスタッフ。

                                                                                                                                百肖「豊橋」森嘉隆
                                                                                                                                体が覚えている口から入る「しずく」遺伝子の地図がきっとあると思うのです。

                                                                                                                                百肖「豊橋」森嘉隆
                                                                                                                                現在の流通は他府県が多い森さん、こんな発言にしずくスタッフは頭を叩かれました。

                                                                                                                                「私が預かっているのは「国民の食」。これからも安心安全なものを提供していくよ。」

                                                                                                                                この言葉しびれました〜。感動、感動の連続!
                                                                                                                                ありがとうございました。



                                                                                                                                季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                季節誌しずく

                                                                                                                                季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                アイスタイルデザイン


                                                                                                                                photo by shizuku2015
                                                                                                                                0

                                                                                                                                  永田晴敬さん【豊橋】黄金たもぎ茸を向山から

                                                                                                                                  百肖「豊橋」永田晴敬
                                                                                                                                  黄金たもぎ茸を手掛けて4年になる永田さん。
                                                                                                                                  以前、「しずく」にも登場していただきました。

                                                                                                                                  生産場所はなんと大池のある向山町。豊橋の人なら知っている「アピタ」の近くです。

                                                                                                                                  百肖「豊橋」永田晴敬百肖「豊橋」永田晴敬
                                                                                                                                  もともとの家業は「瓦」の製造・販売・設置など。
                                                                                                                                  このほかに陶芸教室やたい肥事業などもやっています。


                                                                                                                                  百肖「豊橋」永田晴敬
                                                                                                                                  伺ったこの日は「菌床」の入荷日でリフトを起用に操りながら、
                                                                                                                                  仕入れ作業をされていました。


                                                                                                                                  百肖「豊橋」永田晴敬
                                                                                                                                  このところの天候やなんだで「菌床」の入荷もまばらだったり、生育などが思うほど進まない時期があり、今後は出荷安定が課題だと話す永田さん。最近では「しいたけ」の栽培を始め、たもぎ茸としいたけの微妙な湿度の違いなどの生育環境の違いを一つの室内で仕切り分けするなど研究熱心に2つの生育を見守っています。


                                                                                                                                  百肖「豊橋」永田晴敬

                                                                                                                                  最近では、乾燥たもぎ茸などにも取り組んでいて、そのバイタリティさに圧倒されるばかり。。。


                                                                                                                                  百肖「豊橋」永田晴敬

                                                                                                                                  これからのたもぎ茸としいたけの栽培に力をいれて安定した収量を増やしていきたいという気持ちをすごく感じる取材になりました。

                                                                                                                                  ●季節誌しずくの登場の回は「コチラ

                                                                                                                                  季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                  季節誌しずく


                                                                                                                                  季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                  アイスタイルデザイン


                                                                                                                                  東三河の素晴らしい生産者〜百肖ホームページへもどる

                                                                                                                                   
                                                                                                                                  photo by shizuku2015
                                                                                                                                  0

                                                                                                                                    伊藤隆章さん【豊橋】冬瓜への情熱

                                                                                                                                    百肖「豊橋」伊藤隆章
                                                                                                                                    「冬瓜を取材して欲しかった〜」と開口一番に伝えてくれた伊藤さん。

                                                                                                                                    百肖「豊橋」伊藤隆章
                                                                                                                                    時期が終わってしまった「冬瓜」の畑を諦めてキャベツと白菜の畑に案内してくれました。

                                                                                                                                    百肖「豊橋」伊藤隆章
                                                                                                                                    一日程度でうね〜定植まで終わらせるという畑はとってもきれい。
                                                                                                                                    もちろん機械でやるという畑の様子はしずくスタッフもつい出てしまった
                                                                                                                                    「きれ〜い」という言葉。。。丁寧に畑を管理されているのです。

                                                                                                                                    初対面ですが〜伊藤さんの几帳面な性格がにじみ出ていると感じてしまいました。


                                                                                                                                    百肖「豊橋」伊藤隆章
                                                                                                                                    豊橋の「冬瓜」についていろいろとお話ししてくれました。
                                                                                                                                    豊橋の冬瓜は「JA豊橋 南部琉球冬瓜部会」が中心となり品質の向上、認知度アップに努めています。そして今年が豊橋冬瓜「30周年」になるそうです。ちなみにこの「琉球冬瓜」、種を沖縄から持ち込み「豊橋」で生産が始まりました。

                                                                                                                                    百肖「豊橋」伊藤隆章
                                                                                                                                    伊藤さんをはじめ、様々な方々の努力もあって冬瓜の生産量は日本国内では沖縄が1位、愛知は2位、その後岡山や、和歌山が続きます。そして、愛知県の「冬瓜」の6〜7割は豊橋で生産されているそうです。
                                                                                                                                    百肖「豊橋」伊藤隆章
                                                                                                                                    傷ものだからと手渡してくれた「冬瓜」。きれない緑で粉もついていない、一見スイカと見違えるほどの色艶。

                                                                                                                                    「冬瓜」大好きなしずくスタッフ、翌日にはもちろん食しましたが〜
                                                                                                                                    今まで食べた「冬瓜」の中で本当に一番おいしかった〜です。

                                                                                                                                    こんな素晴らしい冬瓜が地元にあり、知らなかったことに「恥ずかしさ」すら覚えました。

                                                                                                                                    機会をつくり、是非、冬瓜の生育の様子も見たいと思うしずくスタッフでした。







                                                                                                                                    季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                    季節誌しずく


                                                                                                                                    季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                    アイスタイルデザイン
                                                                                                                                     
                                                                                                                                    photo by shizuku2015
                                                                                                                                    0

                                                                                                                                      杉浦正允さん【豊橋】ミニトマト・いちじく・次郎柿をこなす

                                                                                                                                      百肖「豊橋」杉浦正允
                                                                                                                                      石巻でミニトマトの栽培を中心に、いちじく、次郎柿を家族で栽培する「杉浦さん」。
                                                                                                                                      家業を継ぎ、就農して10年ほど経つという。


                                                                                                                                      百肖「豊橋」杉浦正允
                                                                                                                                      今回、訪問したハウスは平成元年に建てられたもの、ここをあわせて3棟あるという。
                                                                                                                                      「ここは小さいんです」と話すここのハウスでも我々しずくスタッフ的にはとても広く、完全土耕のミニトマト。

                                                                                                                                      百肖「豊橋」杉浦正允
                                                                                                                                      育てているのは「小鈴・千果」。愛情を育てているミニトマトも鈴なりでとっても美味しそうです。



                                                                                                                                      百肖「豊橋」杉浦正允
                                                                                                                                      この取材の翌週からは「次郎柿」の出荷がはじまり、いちじく、ミニトマトを並行して出荷。

                                                                                                                                      百肖「豊橋」杉浦正允
                                                                                                                                      「年末までは忙しいですね」と笑顔で話してくれました。


                                                                                                                                      百肖「豊橋」杉浦正允
                                                                                                                                      どれも手を抜かずこだわりをもって育てていると伝えてくれた目に若さと、これからを背負っていく世代の力強さに少し安心したしずくスタッフでした。

                                                                                                                                      【実は〜友人の友人で一度、お酒を飲んだこともある杉浦さん♪また、機会があったら飲みましょうね。】





                                                                                                                                      季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                      季節誌しずく


                                                                                                                                      季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                      アイスタイルデザイン
                                                                                                                                       
                                                                                                                                      photo by shizuku2015
                                                                                                                                      0

                                                                                                                                        鈴木安喜生さん【田原】唯一のごぼう農家さん

                                                                                                                                        百肖「田原」鈴木安喜生
                                                                                                                                        三河ポークブランドの生みの親の一人でもある畜産農家だった鈴木さん。
                                                                                                                                        50歳の時、息子さんが養豚を継ぐことになった頃から、それまでも並行してやっていた農家に力を入れ始めた今年で75歳!とにかくしっかりしていらっしゃって、元気な方です。一昨年前に腰を痛めて手術をうけ、それでも現在もバリバリの農家さんです。

                                                                                                                                        今でも海外旅行へ行くのが楽しみだと話され、しずくスタッフの度肝を抜きました(汗)


                                                                                                                                        百肖「田原」鈴木安喜生
                                                                                                                                        で、この鈴木さんのゴボウ、技科大の三枝先生の目に留まり、沢山の方々に紹介していただいたお陰もあって、とっても人気があるそうです。新聞などにも紹介されるなど、「味の良さには自信がある!」と胸をはって話されていました。

                                                                                                                                        ところで「ごぼう」の収穫って見たことありますか?

                                                                                                                                        伺ったこの日、時間を調整して見せていただきました!なんとユンボを使っての収穫。

                                                                                                                                        土の上に伸びた葉や茎を刈り取り、うねとうねの間にゴボウを傷つけないようにうまく掘り起こし、
                                                                                                                                        百肖「田原」鈴木安喜生
                                                                                                                                        左右のうねとうねの壁面からごぼうをはがしていくのです!

                                                                                                                                        百肖「田原」鈴木安喜生

                                                                                                                                        もちろん、慎重にそして手際よく。。。

                                                                                                                                        百肖「田原」鈴木安喜生

                                                                                                                                        こうして収穫されたごぼうは明日には出荷されて店頭に並ぶそうです。

                                                                                                                                        百肖「田原」鈴木安喜生

                                                                                                                                        ごぼうは4月と11月頃に種まきができ、元々根っこなので収穫をしなければそのまま土の中で保存ができ、必要な時に出荷することもできるとか。

                                                                                                                                        そんな「ごぼう」は連作ができないので「5年間」土を休ませないといけないそうです。
                                                                                                                                        そんな理由で土壌の掘り返しや改良作業や苦労も多いそうです。

                                                                                                                                        お話しの中で出た「新鮮ゴボウ」という言葉にハッとしたしずくスタッフ。
                                                                                                                                        そうですよね、採れたて!だから新鮮ですよね。

                                                                                                                                        ごぼうの香りや繊維ぽっさがなくとっても美味しいのです!
                                                                                                                                        (少し頂いたのでその日のうちに食べました〜)

                                                                                                                                        すてきな出逢いに感謝、感謝の気持ちでいっぱいな取材でした(^^)





                                                                                                                                        季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                        季節誌しずく


                                                                                                                                        季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                        アイスタイルデザイン

                                                                                                                                         
                                                                                                                                        photo by shizuku2015
                                                                                                                                        0

                                                                                                                                          杉浦敦史さん【蒲郡】みかん農家の五代目


                                                                                                                                          蒲郡市でみかん農家として、五代目の

                                                                                                                                          杉浦敦史さん。

                                                                                                                                          百肖「蒲郡」杉浦淳史


                                                                                                                                          農林高校、静岡の柑橘専門の研修を受け、

                                                                                                                                          みかん農家として、受け継ぐ。

                                                                                                                                          子どもの頃から、みかん農家を継ぐことは決めていたそう。


                                                                                                                                          百肖「蒲郡」杉浦淳史


                                                                                                                                          種類も多く作り、

                                                                                                                                          先代に負けない品質を作ろうと、

                                                                                                                                          自分なりにも工夫をしている。


                                                                                                                                          百肖「蒲郡」杉浦淳史


                                                                                                                                          高齢化もあり、

                                                                                                                                          若い力が必要になっているもの現実。

                                                                                                                                          これからを引っ張っていくには、

                                                                                                                                          せっかく育った蒲郡みかんブランドを、

                                                                                                                                          守っていかなくてはならない。


                                                                                                                                          百肖「蒲郡」杉浦淳史


                                                                                                                                          天気との戦いや、

                                                                                                                                          手入れの経験などなど…

                                                                                                                                          まだまだこれから。

                                                                                                                                          でも、ブランドを守る一人として、

                                                                                                                                          新たな力が、熱く感じました。





                                                                                                                                          季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                          季節誌しずく


                                                                                                                                          季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                          アイスタイルデザイン



                                                                                                                                           
                                                                                                                                          photo by shizuku2015
                                                                                                                                          0

                                                                                                                                            多田栄治さん【蒲郡】みかんハウスの一部をアスパラガス栽培へ


                                                                                                                                            ハウス栽培と、アスパラガス栽培をしている、

                                                                                                                                            多田栄治さん。


                                                                                                                                            百肖「蒲郡」多田栄治


                                                                                                                                            みかんを育てていたハウスの一部を、

                                                                                                                                            アスパラガス栽培へ移行した。

                                                                                                                                            燃料の高騰をきっかけに、

                                                                                                                                            先輩農家さんからのすすめもあって、

                                                                                                                                            決断した。


                                                                                                                                            百肖「蒲郡」多田栄治


                                                                                                                                            まだまだこれからだけど、

                                                                                                                                            仲間も増え始め、切磋琢磨の毎日。


                                                                                                                                            百肖「蒲郡」多田栄治


                                                                                                                                            毎日どんどん伸びるアスパラガスだから、

                                                                                                                                            休みがないのがネックかな…っと多田さん。

                                                                                                                                            でも、その分、みかんと違って、

                                                                                                                                            コンスタントに収入があるのは、働きがいがあるなか…

                                                                                                                                            っと、みかんとの二刀流の併用は、

                                                                                                                                            やはり難しいのだそう。


                                                                                                                                            百肖「蒲郡」多田栄治


                                                                                                                                            蒲郡にも、「アスパラガス」を育てているんだ!

                                                                                                                                            をもっともっと知ってもらうためにも、

                                                                                                                                            これからが勝負と言います。



                                                                                                                                            季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                            季節誌しずく

                                                                                                                                            季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                            アイスタイルデザイン


                                                                                                                                             
                                                                                                                                            photo by shizuku2015
                                                                                                                                            0

                                                                                                                                              杉浦啓太さん【蒲郡】蒲郡みかん一筋


                                                                                                                                              蒲郡みかんブランドを守る一人、

                                                                                                                                              杉浦啓太さん。





                                                                                                                                              ハウス内には、大切に育てられているみかんの木が

                                                                                                                                              ぎっしりと植わっています。



                                                                                                                                              百肖「蒲郡」杉浦啓太


                                                                                                                                              柿と同じように、

                                                                                                                                              みかんも成る年と、少ない年があるそう。

                                                                                                                                              それをコントロールし、

                                                                                                                                              毎年同じ量をどれだけ安定できるかは、

                                                                                                                                              みかんの作り手にもよるそう。

                                                                                                                                              大きさや甘さ、色など…

                                                                                                                                              厳しい審査を受けて、

                                                                                                                                              蒲郡みかんは全量が農協へ出荷されている。


                                                                                                                                              百肖「蒲郡」杉浦啓太


                                                                                                                                              山の上まで、段々畑になっている風景は、

                                                                                                                                              みかん栽培の地域の特徴。

                                                                                                                                              今は、高齢化と共に山の上の栽培は減ってきているそう。



                                                                                                                                              百肖「蒲郡」杉浦啓太百肖「蒲郡」杉浦啓太


                                                                                                                                              ハウスの中は、もうすぐ出荷のみかんたちが、

                                                                                                                                              最後の調整を行っていました。

                                                                                                                                              ピカピカ!!



                                                                                                                                              季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                              季節誌しずく


                                                                                                                                              季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                              アイスタイルデザイン







                                                                                                                                               
                                                                                                                                              photo by shizuku2015
                                                                                                                                              0

                                                                                                                                                土屋康臣さん【北設楽】旧津具村のミニトマトを守る一人


                                                                                                                                                旧津具村で、

                                                                                                                                                ミニトマトを作る、土屋康臣さん。



                                                                                                                                                百肖「北設楽」土屋康臣


                                                                                                                                                中玉トマトからミニトマトにスイッチし、

                                                                                                                                                旧津具村の特産のミニトマトを支えている一人です。

                                                                                                                                                百肖「北設楽」土屋康臣

                                                                                                                                                日中と夜温の差が、

                                                                                                                                                旧津具村のミニトマトのおいしさができています。

                                                                                                                                                この自然の中で作られていると思うと、

                                                                                                                                                それだけで食べてみたくなります。

                                                                                                                                                百肖「北設楽」土屋康臣

                                                                                                                                                毎年毎年がチャレンジで、勉強と土屋さん。

                                                                                                                                                百肖「北設楽」土屋康臣

                                                                                                                                                10月に入ると、終わりを迎えます。

                                                                                                                                                鈴なりにできているひとつひとつのミニトマトを、

                                                                                                                                                大切に育てる姿に愛情を感じますね。


                                                                                                                                                土屋さんも、津具村の若手集団、「百笑一憂したら」のお一人です。

                                                                                                                                                でも、とってもシャイな方ですな方なんです…



                                                                                                                                                季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                季節誌しずく

                                                                                                                                                季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                アイスタイルデザイン






                                                                                                                                                 
                                                                                                                                                photo by shizuku2015
                                                                                                                                                0

                                                                                                                                                  村松憲治さん【北設楽】お米とシクラメン

                                                                                                                                                  シクラメン農家として…

                                                                                                                                                  そして、お米を栽培し、五平もちを作る、

                                                                                                                                                  つぐや園芸の村松憲治さん。

                                                                                                                                                  「百笑一憂したら」のリーダー。

                                                                                                                                                  百肖「北設楽」村松憲治


                                                                                                                                                  百肖「北設楽」村松憲治


                                                                                                                                                  旧津具村の温度差を活かした、シクラメン栽培。

                                                                                                                                                  冬の年末に向けて、1年かけてそだてあげたシクラメンは、

                                                                                                                                                  2ヶ月で、ハウス内のシクラメンが消えていくと言います。

                                                                                                                                                  今は種類もたくさんあり、

                                                                                                                                                  みんなさんに楽しんでもらえるよう、がんばっておられます。


                                                                                                                                                  そして、もうひとつの顔が、

                                                                                                                                                  米作りと、手作りの五平もち。

                                                                                                                                                  作られたお米で、おばあさまが手作りで五平もちを作り、

                                                                                                                                                  新城市にある、「道の駅もっくる」で、

                                                                                                                                                  販売しています。

                                                                                                                                                  百肖「北設楽」村松憲治

                                                                                                                                                  この水、この自然から作りだされる、お米。

                                                                                                                                                  そして、そのお米で作った愛情こもった五平もち。

                                                                                                                                                  味わってみたいな…


                                                                                                                                                  季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                  季節誌しずく

                                                                                                                                                  季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                  アイスタイルデザイン



                                                                                                                                                   
                                                                                                                                                  photo by shizuku2015
                                                                                                                                                  0

                                                                                                                                                    佐々木裕也さん【北設楽】旧津具村のカラフルトマトと米を守る


                                                                                                                                                    旧津具村で、カラフルトマトとお米の収穫代行を行っている、

                                                                                                                                                    佐々木裕也さん。

                                                                                                                                                    百肖「北設楽」佐々木裕也


                                                                                                                                                    旧津具村の若手集団「百笑一憂したら」の一員。

                                                                                                                                                    カラフルトマト栽培を中心に、

                                                                                                                                                    名古屋の市場まで深夜車を走らせることも、しばしば。

                                                                                                                                                    この地域でしか味わえないトマトを届けたい!

                                                                                                                                                    そんな熱意が伝わります。

                                                                                                                                                    百肖「北設楽」村松憲治


                                                                                                                                                    そして、稲刈りの時期になると、

                                                                                                                                                    稲刈りの代行として、地域中を駆け巡ります。

                                                                                                                                                    百肖「北設楽」佐々木裕也


                                                                                                                                                    高齢化が進むこの地域の米を守るためでもあります。

                                                                                                                                                    でも、できることはどんどんやっていき、

                                                                                                                                                    「百笑一憂したら」としても、

                                                                                                                                                    旧津具村から発信できることをしていきたいと、

                                                                                                                                                    立ちあがった。


                                                                                                                                                    季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                    季節誌しずく

                                                                                                                                                    季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                    アイスタイルデザイン




                                                                                                                                                     
                                                                                                                                                    photo by shizuku2015
                                                                                                                                                    0

                                                                                                                                                      冨永陽一さん【豊川】親子でつくる新しいトマト栽培

                                                                                                                                                      船田次郎さんの隣で、親子でトマト栽培をしている、

                                                                                                                                                      冨永陽一さん。

                                                                                                                                                      百肖「豊川」富永陽一

                                                                                                                                                      大規模な桃太郎トマトの生産者として、

                                                                                                                                                      陽一さんは、若手の注目株。

                                                                                                                                                      百肖「豊川」冨永陽一

                                                                                                                                                      お父様もミニトマトなどを手掛け、

                                                                                                                                                      ジュースやジャムなど、

                                                                                                                                                      トマト界としても先輩。

                                                                                                                                                      百肖「豊川」冨永陽一

                                                                                                                                                      撮影に伺った時は、

                                                                                                                                                      あと1週間程で、収穫できるかな…

                                                                                                                                                      っという時で、

                                                                                                                                                      お天気の不安定さも響いているそう。

                                                                                                                                                      百肖「豊川」冨永陽一

                                                                                                                                                      規模が大きいだけに、

                                                                                                                                                      お天気が落ち着かないと、

                                                                                                                                                      ダメージも大きくでてしまう。

                                                                                                                                                      百肖「豊川」冨永陽一

                                                                                                                                                      ハウスの片隅にあった、

                                                                                                                                                      収穫する時に座って動ける、かわいい車。


                                                                                                                                                      百肖「豊川」冨永陽一

                                                                                                                                                      すでに、季節誌しずくでもご紹介したことのあります、

                                                                                                                                                      併設しているカフェ「カフェトマト」さん。

                                                                                                                                                      その名の通り、

                                                                                                                                                      作ったトマトを使ったランチやハヤシライスが人気。

                                                                                                                                                      隠れ家的で、

                                                                                                                                                      近所の方をはじめ、

                                                                                                                                                      ランチ時には、店内はいつもいっぱい。

                                                                                                                                                      こちらも見逃せませんね。


                                                                                                                                                      季節誌しずくで紹介した、
                                                                                                                                                      カフェトマトさん

                                                                                                                                                      季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                      季節誌しずく


                                                                                                                                                      季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                      アイスタイルデザインhttp://i-styledesign.com/
                                                                                                                                                       
                                                                                                                                                      photo by shizuku2015
                                                                                                                                                      0

                                                                                                                                                        船田次郎さん【豊川】桃太郎トマト一筋!

                                                                                                                                                        豊川市の本宮山の麓にハウスを構える、

                                                                                                                                                        船田次郎さん。


                                                                                                                                                        百肖「豊川」船田次郎


                                                                                                                                                        奥様の実家に入り、

                                                                                                                                                        桃太郎トマトに品種を絞り、作り続けている。

                                                                                                                                                        百肖「豊川」船田次郎


                                                                                                                                                        豊川の中でも、寒暖があり、トマト作りには最適の土地だそう。

                                                                                                                                                        百肖「豊川」船田次郎


                                                                                                                                                        産直でも大人気で、形、大きさ、味にこだわりを持ち、

                                                                                                                                                        長年の経験と技術が作り出す。


                                                                                                                                                        百肖「豊川」船田次郎


                                                                                                                                                        息子さんが新たに就農したそうですが、

                                                                                                                                                        ハウスの管理はしっかり分けて、

                                                                                                                                                        オレ流は崩さない。

                                                                                                                                                        「天気や太陽の光など、自然には逆らえない。

                                                                                                                                                        でも、栽培するには、かかせない。

                                                                                                                                                        本当に、農業は難しい。」っと、

                                                                                                                                                        長年、携わってきても、毎年毎年が違うと船田さん。


                                                                                                                                                        百肖「豊川」船田次郎

                                                                                                                                                        写真はキャベツ。

                                                                                                                                                        いろいろな露地野菜も栽培し、

                                                                                                                                                        難しいの中にも、楽しみながらやってらっしゃる姿から、

                                                                                                                                                        元気をもらえます。



                                                                                                                                                        季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                        季節誌しずく


                                                                                                                                                        季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                        アイスタイルデザイン








                                                                                                                                                         
                                                                                                                                                        photo by shizuku2015
                                                                                                                                                        0

                                                                                                                                                          松下拓也・覚さん【北設楽】兄弟が生みだすミニトマト


                                                                                                                                                          北設楽郡旧津具村で、

                                                                                                                                                          兄弟にミニトマトを栽培している、松下拓也さん・覚さん。

                                                                                                                                                          松下ブラザーズと呼ぶ方もみえ、

                                                                                                                                                          二人の力を合わせて栽培しています。


                                                                                                                                                          百肖「北設楽」松下拓矢・覚
                                                                                                                                                                                 (拓也さん)

                                                                                                                                                          百肖「北設楽」松下拓矢・覚
                                                                                                                                                                                  (覚さん)


                                                                                                                                                          もともと、シクラメン農家でしたが、

                                                                                                                                                          津具の産物でもある、ミニトマトを新たに挑戦して2年目。



                                                                                                                                                          百肖「北設楽」松下拓矢・覚


                                                                                                                                                          拓也さんのミニトマト就農に続き、

                                                                                                                                                          覚さんはその後に就農し、

                                                                                                                                                          今は、二人だからできるミニトマトを豊橋などに出荷しています。

                                                                                                                                                          「シクラメンとは栽培が全く異なり、

                                                                                                                                                          毎日が本当に勉強。

                                                                                                                                                          まわりの人たちにも助けられ、がんばっています。」っと、拓也さん。


                                                                                                                                                          百肖「北設楽」松下拓矢・覚


                                                                                                                                                          品種は「チカ」。

                                                                                                                                                          百肖「北設楽」松下拓矢・覚


                                                                                                                                                          二人のお人柄が、

                                                                                                                                                          ミニトマトからも感じます。



                                                                                                                                                          季節誌しずく松下農園掲載記事


                                                                                                                                                          季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                          季節誌しずく


                                                                                                                                                          季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                          アイスタイルデザイン

                                                                                                                                                           

                                                                                                                                                           
                                                                                                                                                          photo by shizuku2015
                                                                                                                                                          0

                                                                                                                                                            佐々木富子さん【北設楽】天狗なすを守り続ける


                                                                                                                                                            滴朝市でも出展していただいていている、

                                                                                                                                                            北設楽郡旧津具村の佐々木富子さん。


                                                                                                                                                            百肖「北設楽」佐々木富子

                                                                                                                                                            奥三河天狗なすの生産者でもあり、

                                                                                                                                                            保存会の会長を務める、愛称「とみちゃん」。

                                                                                                                                                            天狗なすは、奥三河で作られたものを天狗なすと称し、

                                                                                                                                                            種を守り、津具村で守られています。


                                                                                                                                                            百肖「北設楽」佐々木富子


                                                                                                                                                            この大きさ、ツヤ、色…

                                                                                                                                                            そしてびっくりする、とろとろのおいしさ。

                                                                                                                                                            百肖「北設楽」佐々木富子


                                                                                                                                                            ハウスで大切に育てられ、

                                                                                                                                                            出荷の時を待ちます。

                                                                                                                                                            天狗なすは、天狗のような鼻が特徴…っと思われがちですが、

                                                                                                                                                            実は、鼻のついているのは奇形になります。

                                                                                                                                                            本来は、ついてはいないのです。



                                                                                                                                                            油との相性がバツグン!と、

                                                                                                                                                            とみちゃんが言うとおり、

                                                                                                                                                            素揚げした煮びたしや、はさみ揚げなど、

                                                                                                                                                            バツグンにおいしい。


                                                                                                                                                            百肖「北設楽」佐々木富子


                                                                                                                                                            丁寧に育てられた天狗なすは、

                                                                                                                                                            浜松方面、名古屋方面など、

                                                                                                                                                            有名ホテルのレストランさんをはじめ、

                                                                                                                                                            シェフたちが欲しがる逸品なのです。


                                                                                                                                                            百肖「北設楽」佐々木富子


                                                                                                                                                            しましまになっているのは、

                                                                                                                                                            日々、成長している証拠。

                                                                                                                                                            撮影時は、雨が多く、ゆっくり育っている状態ということでしたが、

                                                                                                                                                            力強い生命力を感じます。


                                                                                                                                                            天狗なすファンの1人としても、

                                                                                                                                                            これからも応援し続けていきたいです。





                                                                                                                                                            しずく佐々木富子さん掲載


                                                                                                                                                            季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                            季節誌しずく


                                                                                                                                                            季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                            アイスタイルデザイン





                                                                                                                                                             
                                                                                                                                                            photo by shizuku2015
                                                                                                                                                            0

                                                                                                                                                              岡田秀夫さん【田原】とんがりぼうしキャベツの農家さん

                                                                                                                                                              百肖「田原」岡田秀夫
                                                                                                                                                              田原では数少ない「とんがりぼうしキャベツ」を栽培する岡田さん。
                                                                                                                                                              就農して37年、露地野菜を中心にキャベツとスイカを育てています。


                                                                                                                                                              百肖「田原」岡田秀夫
                                                                                                                                                              このところの悪天候で、現在定植待ちの「苗」。


                                                                                                                                                              百肖「田原」岡田秀夫

                                                                                                                                                              すごい数の苗くんたちが出番を待っています。

                                                                                                                                                              百肖「田原」岡田秀夫

                                                                                                                                                              現在はキャベツも種類が増えて、定植時期などを守れば様々なタイミングで収穫できる品種はありますが岡田さんのこだわりは「ペイズリーキャベツ」。現在でこそ、珍しい野菜に注目が集まり珍重される時代。始められた当時はキャベツの低価格があり、割れてとんがっているのが特徴の「とんがりぼうしキャベツ」はB級品とされました。

                                                                                                                                                              しかし、岡田さんは諦めることなくお仲間9名と続けてきました。ある時、ネットで知った県外のスーパーさんからのアプローチがきっかけでどうにか軌道に乗ったそうです。


                                                                                                                                                              百肖「田原」岡田秀夫
                                                                                                                                                              始めは少し、しずくスタッフのお話を厳しい顔で確認されていた岡田さん。
                                                                                                                                                              ちゃんと趣旨を理解していただいてからはいろいろな話をたくさんしてくださいました。
                                                                                                                                                              そのうえ、先輩のご紹介までしていただいて〜感謝です。


                                                                                                                                                              百肖「田原」岡田秀夫

                                                                                                                                                              この広い畑いっぱいになるというお話ですが、裂皮したことが収穫前のサインというペイズリーキャベツの「とんがりぼうしキャベツ」。つまり…1個1個確認して収穫時期を決めるのでものすごく手間と根気がいるのです。
                                                                                                                                                              現在、地元ではほとんど流通していませんが認知度が上がり、東三河一帯でも消費が進めばもちろん地元の方々に食べてもらいたいと思う岡田さんなのです。

                                                                                                                                                              帰り間際になんと!あの人気TV番組「満天☆青空レストラン」に出演されたとお聞きしてびっくり!
                                                                                                                                                              当時は話題になったそうでそうです。

                                                                                                                                                              天候も回復の兆しを見せはじめ、遅ればせながら準備をはじめたキャベツ!

                                                                                                                                                              これから最盛期を迎える日本でも最強クラスの田原産「キャベツ」の中に、
                                                                                                                                                              また新しい話題を見つけ心躍るしずくスタッフなのです。




                                                                                                                                                              季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                              季節誌しずく


                                                                                                                                                              季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                              アイスタイルデザイン

                                                                                                                                                               
                                                                                                                                                              photo by shizuku2015
                                                                                                                                                              0

                                                                                                                                                                瓜生陽一さん【田原】東三河に美味しい豚肉を

                                                                                                                                                                百肖「田原」瓜生陽一
                                                                                                                                                                18歳の時から約30年間「養豚」一筋の瓜生さん。
                                                                                                                                                                東三河に流通する「豚肉」の一部を担っておみえです。


                                                                                                                                                                百肖「田原」瓜生陽一

                                                                                                                                                                現在、母豚約250頭、年間約5000頭を出荷しています。

                                                                                                                                                                豚さんはとっても神経質。
                                                                                                                                                                子豚さんの豚舎を見せていただきました。
                                                                                                                                                                興味があるけど見慣れないしずくスタッフにおびえています。
                                                                                                                                                                ごめんなさい〜

                                                                                                                                                                百肖「田原」瓜生陽一

                                                                                                                                                                豚さんのデリケートにはしっかりしたケアも必要で、夏場には暑さで食欲が下がる「ヒートストレス」。
                                                                                                                                                                健康管理や栄養バランスも管理してあげないと美味しいお肉はできないんです。

                                                                                                                                                                百肖「田原」瓜生陽一
                                                                                                                                                                エサは「エコフィールド」を採用し、輸入トウモロコシを減らすなど努力も欠かしません。


                                                                                                                                                                百肖「田原」瓜生陽一

                                                                                                                                                                三河トコ豚極め隊」の一員でもある瓜生さん。広報のイベント活動にも積極的に参加されています。

                                                                                                                                                                百肖「田原」瓜生陽一

                                                                                                                                                                養豚業界も類にもれず厳しい時代。全国に2万5000あった養豚農家も今や5000程度。
                                                                                                                                                                それでも続けている理由に感動しました。

                                                                                                                                                                「おいしい」と言ってくれる消費者さんの声があるから。

                                                                                                                                                                いつもたくさん食べていますけど〜
                                                                                                                                                                もっともっと豚肉を食べないと!と思うしずくスタッフなのです。




                                                                                                                                                                季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                季節誌しずく


                                                                                                                                                                季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                アイスタイルデザイン


                                                                                                                                                                photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                0

                                                                                                                                                                  岡本直樹さん【田原】親子2代のミニトマト農家さん

                                                                                                                                                                  百肖「田原」岡本直樹

                                                                                                                                                                  ミニトマト(アイコ)を専門に育てる岡本さん。
                                                                                                                                                                  伺ったこの日は久しぶりの晴れ間の出た日、ハウスのトマトたちも活発に光合成ができそうです。

                                                                                                                                                                  百肖「田原」岡本直樹

                                                                                                                                                                  温度はもちろん、栽培要素を管理することでコントロールできる技術で一定の品質を出荷できるノウハウをお持ちです。
                                                                                                                                                                  しかし、この日照条件の悪さにちょっとお困りのご様子でした。

                                                                                                                                                                  百肖「田原」岡本直樹

                                                                                                                                                                  そんな岡本さん、全国にトマト仲間がお見えのようで先日の「鬼怒川決壊で被害のあった茨城県常総市」にもお友達が見えてその方のハウスの被害にあわれていて心配だとお話ししてくれました。

                                                                                                                                                                  百肖「田原」岡本直樹

                                                                                                                                                                  もちろん地元でもミニトマト農家さんだけの「Accel」という組織を作り、日夜、高品位のミニトマト生産のためのノウハウなどの情報を交換し合っているそうです。とっても心強い!お話しです。

                                                                                                                                                                  百肖「田原」岡本直樹

                                                                                                                                                                  このハウスを含め、4か所(8棟)でアイコを育てる岡本さんのこれからにとっても期待大なしずくスタッフでした。




                                                                                                                                                                  季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                  季節誌しずく


                                                                                                                                                                  季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                  アイスタイルデザイン


                                                                                                                                                                   
                                                                                                                                                                  photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                  0

                                                                                                                                                                    河合重昭・みさ子さん【田原】どうまい牛乳の生みの親の一人

                                                                                                                                                                    百肖「田原」河合重明・みさ子
                                                                                                                                                                    「どうまい牛乳」を世に送り出した立役者のおひとり「河合重昭」さんと奥様の「みさ子」さん。

                                                                                                                                                                    市内へと、乳牛と肉牛を出荷されています。




                                                                                                                                                                    百肖「田原」河合重明・みさ子

                                                                                                                                                                    しずくスタッフ、実は「牛舎」初体験!

                                                                                                                                                                    感動~の嵐なのです。

                                                                                                                                                                    「牛」さんがこちらを気にしてる…

                                                                                                                                                                    百肖「田原」河合重明・みさ子
                                                                                                                                                                    視線がとってもかわいいです。


                                                                                                                                                                    ここにいるのはすべて乳牛、肉牛はこの乳牛と和牛をかけわせて誕生させています。
                                                                                                                                                                    いわゆる「交雑牛」。田原牛もこの一つだそうです。

                                                                                                                                                                    で、ホルスタイン同士で掛け合わせた牛は乳牛として育てられる…
                                                                                                                                                                    これを「乳肉混合経営」といい愛知県ではこれが主流とか。

                                                                                                                                                                    百肖「田原」河合重明・みさ子百肖「田原」河合重明・みさ子

                                                                                                                                                                    やっぱり牛さん、こちらを気にしてる〜

                                                                                                                                                                    百肖「田原」河合重明・みさ子

                                                                                                                                                                    いろいろな人たちの熱意、縁などが重なり誕生したブランド牛乳「どうまい牛乳
                                                                                                                                                                    この河合さんの尽力なくしては誕生しなかったのです。

                                                                                                                                                                    百肖「田原」河合重明・みさ子

                                                                                                                                                                    ぜひ、一度飲んでいただきたい!
                                                                                                                                                                    個人的には「とってもおいしい」と思うのです。




                                                                                                                                                                    季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                    季節誌しずく


                                                                                                                                                                    季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                    アイスタイルデザイン


                                                                                                                                                                     
                                                                                                                                                                    photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                    0

                                                                                                                                                                      大和義弘・八重子さん【田原】家族総動員!力をあわせて

                                                                                                                                                                      百肖「田原」大和義弘・八重子
                                                                                                                                                                      とっても元気な印象の大和夫妻。義弘さんは18歳から農業をはじめ42年!
                                                                                                                                                                      貫禄のある大ベテランの農家さんです。

                                                                                                                                                                      キャベツとブロッコリー、メロン、お米など1年中何かしらを収穫し、
                                                                                                                                                                      息子さんとその奥様、ほかに少しお手伝いさんをお願いし、13町歩もある畑をこなしています。
                                                                                                                                                                      13町歩って忙しいわけです(^^;)


                                                                                                                                                                      伺ったこの日は、まだ定植前の苗を見せていただきました。

                                                                                                                                                                      百肖「田原」大和義弘・八重子
                                                                                                                                                                      キャベツ〜キャベツ〜キャベツ〜キャベツ〜キャベツ〜キャベツ〜キャベツ…

                                                                                                                                                                      百肖「田原」大和義弘・八重子
                                                                                                                                                                      ブロッコリー…ブロッコリー…ブロッコリー…ブロッコリー…

                                                                                                                                                                      百肖「田原」大和義弘・八重子
                                                                                                                                                                      赤ちゃんの苗、みんな陽の方を見てる、かわいいです。


                                                                                                                                                                      百肖「田原」大和義弘・八重子
                                                                                                                                                                      キャベツも久しぶりの陽の光に生き生きしています。



                                                                                                                                                                      百肖「田原」大和義弘・八重子
                                                                                                                                                                      とってもお茶目で元気な御年還暦を迎える義弘さん、畑仕事も自治とのお付き合いにとっても忙しいとお話ししてくれました。

                                                                                                                                                                      この先もご家族、力をあわせて田原を盛り上げてくれそうな…
                                                                                                                                                                      12月になったら「キャベツ」の取材においでと誘ってくださいました。

                                                                                                                                                                      ぜひ、お邪魔できたらと思います〜。
                                                                                                                                                                      ありがとうございました。



                                                                                                                                                                      季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                      季節誌しずく


                                                                                                                                                                      季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                      アイスタイルデザイン


                                                                                                                                                                       
                                                                                                                                                                      photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                      0

                                                                                                                                                                        渡辺吉成さん【田原】ハンデを力に

                                                                                                                                                                        百肖「田原」渡辺吉成
                                                                                                                                                                        田原でキャベツとスイカ、セルリーを育てる渡辺さん。
                                                                                                                                                                        とっても穏やかな方です。

                                                                                                                                                                        20歳で就農されて32年間続けられている大ベテランです。

                                                                                                                                                                        お父様が突然、吉成さんが中学の頃に就農。
                                                                                                                                                                        急に農家の子になったそうです。



                                                                                                                                                                        百肖「田原」渡辺吉成

                                                                                                                                                                        伺ったこの日は引き続く長雨の影響で少しおとなしい畑…でも収穫期には元気に育った1畝200個の「冬キャベツ」がいっぱいになるそうです。



                                                                                                                                                                        百肖「田原」渡辺吉成

                                                                                                                                                                        代を継ぎ、就農を決められた時から、代々の農家でない分、いろいろな設備投資や技術習得などに苦労されたとか。。。そのハンデを乗り越えてようやく軌道に乗り、これからまた頑張らないと、渡辺さん。

                                                                                                                                                                        百肖「田原」渡辺吉成

                                                                                                                                                                        この先の天候に希望を持ちつつ、

                                                                                                                                                                        百肖「田原」渡辺吉成
                                                                                                                                                                        これからセルリーも始めると笑顔を見せてくれました。


                                                                                                                                                                        とっても優しい時間に癒されました〜
                                                                                                                                                                        ありがとうございました。




                                                                                                                                                                        季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                        季節誌しずく


                                                                                                                                                                        季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                        アイスタイルデザイン
                                                                                                                                                                         
                                                                                                                                                                        photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                        0

                                                                                                                                                                          岡本尚子さん【豊橋】自分のやり方を模索中…


                                                                                                                                                                          石巻の次郎柿を支える一人、岡本尚子さん。

                                                                                                                                                                          小柄ながら、いつも元気いっぱい!


                                                                                                                                                                          百肖「豊橋」岡本尚子


                                                                                                                                                                          母親として、農家として毎日忙しい日々。

                                                                                                                                                                          次郎柿やお米の栽培をしており、

                                                                                                                                                                          受け継いでいる次郎柿は樹齢が100年に近く、

                                                                                                                                                                          次郎柿の歴史と共に歩んでいる。


                                                                                                                                                                          百肖「豊橋」岡本尚子


                                                                                                                                                                          百肖「豊橋」岡本尚子


                                                                                                                                                                          ひとつひとつ、木の成り方(形やスタイル)が違い、

                                                                                                                                                                          どう剪定していくのか…

                                                                                                                                                                          受け継ぐものは受け継ぎ、

                                                                                                                                                                          でもこうしたほうが…

                                                                                                                                                                          なんて、

                                                                                                                                                                          自分のやり方をまだまだ模索中…。


                                                                                                                                                                          百肖「豊橋」岡本尚子


                                                                                                                                                                          石巻山の地形が生みだした次郎柿の産地。

                                                                                                                                                                          せっかくブランドに育てられてきたのだから、

                                                                                                                                                                          自分たちがなんとかしちゃきゃと、

                                                                                                                                                                          収穫時期前に力が入る。

                                                                                                                                                                          株式会社石巻柿工房の一人としても活躍。




                                                                                                                                                                          季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                          季節誌しずく


                                                                                                                                                                          季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                          アイスタイルデザイン







                                                                                                                                                                           
                                                                                                                                                                          photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                          0

                                                                                                                                                                            原田愛子さん【豊橋】石巻の次郎柿を愛す


                                                                                                                                                                            豊橋市北部の象徴と言えば…

                                                                                                                                                                            石巻山。

                                                                                                                                                                            その石巻山のふもとで柿を育てる、

                                                                                                                                                                            原田愛子さん。


                                                                                                                                                                            百肖「豊橋」原田愛子


                                                                                                                                                                            石巻山は石灰岩が多く、水はけがよく、柿には最適だそう。

                                                                                                                                                                            次郎柿はやはり、豊橋の名産のひとつ。

                                                                                                                                                                            100年を迎えた次郎柿は、代々、受け継がれてきた、

                                                                                                                                                                            豊橋の宝。


                                                                                                                                                                            百肖「豊橋」原田愛子


                                                                                                                                                                            石巻の柿農家も高齢化がとまらない。

                                                                                                                                                                            原田さんは若手に入り、他の畑の年齢の上の人を助け、

                                                                                                                                                                            手入れや収穫など手伝いながら、

                                                                                                                                                                            守り続けています。

                                                                                                                                                                            ひとつひとつを大切に、ゆっくりと秋を待ちます。



                                                                                                                                                                            百肖「豊橋」原田愛子


                                                                                                                                                                            そして、株式会社石巻柿工房の社長として、

                                                                                                                                                                            セミドライ柿など、柿を使った加工品を作っています。

                                                                                                                                                                            収穫時期と加工品を作る時期は一緒で、

                                                                                                                                                                            これから秋本番を迎えると、

                                                                                                                                                                            ぎゅっと詰まった忙しい毎日となります。


                                                                                                                                                                            百肖「豊橋」原田愛子


                                                                                                                                                                            取材時はまだ青かったものの、

                                                                                                                                                                            あと1ヶ月もすれば、オレンジ色の自慢の次郎柿がお目見え。

                                                                                                                                                                            今年も楽しみです。


                                                                                                                                                                            百肖「豊橋」原田愛子


                                                                                                                                                                            原田農園はこの自然の中に囲まれています。

                                                                                                                                                                            私はこの景色が好きです。



                                                                                                                                                                            季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                            季節誌しずく



                                                                                                                                                                            季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                            アイスタイルデザイン


                                                                                                                                                                            原田農園





                                                                                                                                                                             
                                                                                                                                                                            photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                            0

                                                                                                                                                                              内田浩之さん【田原】たべりん王国の裏方さん

                                                                                                                                                                              百肖「田原内田浩之

                                                                                                                                                                              田原の観光農園「たべりん王国」を管理されている内田さん。

                                                                                                                                                                              6年前にいろいろなご縁があって転職したのをきっかけに就農。
                                                                                                                                                                              当時の管理されている方に教わりながら1から勉強を始め、現在まで独学で引き継がれました。

                                                                                                                                                                              百肖「田原内田浩之

                                                                                                                                                                              観光農園ということもあり、かなり気を遣われると思われたが、前職とは違う刺激にとても楽しそうでした。

                                                                                                                                                                              百肖「田原」内田浩之

                                                                                                                                                                              今、育っている苗は12月からスタートする「いちご狩り」のもの。
                                                                                                                                                                              ここから育てあげていくそうです。

                                                                                                                                                                              百肖「田原」内田浩之

                                                                                                                                                                              たくさんのハウスを管理していくのはとっても大変で家が近いこともあり、天候の変化で寝られずにハウスの様子を見に来ることもあるとか・・・

                                                                                                                                                                              百肖「田原」内田浩之

                                                                                                                                                                              まだまだ収納歴が浅いこともあり、「いちご農家の先輩に笑われるかもしれない」と話しながらも、これも勉強と謙虚に認められる姿勢にとても好感が持てました。

                                                                                                                                                                              百肖「田原」内田浩之

                                                                                                                                                                              男ばかりの小学生のお子様を子育て中の「イクメン」さんでした。

                                                                                                                                                                              これからの活躍に胸が躍りました(^^)




                                                                                                                                                                              季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                              季節誌しずく


                                                                                                                                                                              季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                              アイスタイルデザイン


                                                                                                                                                                               
                                                                                                                                                                              photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                              0

                                                                                                                                                                                鈴木美仁さん【田原】養豚ブランドのパイオニア

                                                                                                                                                                                しずくで大変お世話になっている田原「G・ファーム」鈴木さん。

                                                                                                                                                                                百肖「田原」鈴木美仁

                                                                                                                                                                                以前からいろいろとお声掛けする度に、嫌な顔一つせずとっても協力的に対応していただける、勝手な思い込みで…「兄貴」的な存在です。

                                                                                                                                                                                今回はいろいろなことを配慮して豚舎への出入りはご遠慮いたしましたが、初めての時は快く入れていただけました。

                                                                                                                                                                                いろいろな話を分かりやすくしていただいたのがとっても印象的な真摯な鈴木さんです。

                                                                                                                                                                                百肖「田原」鈴木美仁

                                                                                                                                                                                豚舎のコンクリートにこんなことをしちゃうほど、しっかりとブランドを意識されています。

                                                                                                                                                                                豊橋百儂人三河トコ豚極め隊のメンバーでの活躍も、地元での活動にも積極的です。
                                                                                                                                                                                何より、豚肉のすばらしさを伝える活動に尽力されています。

                                                                                                                                                                                個人的に超リスペクトです(^^)

                                                                                                                                                                                百肖「田原」鈴木美仁

                                                                                                                                                                                すてきすぎなんです。


                                                                                                                                                                                しずくの「地のしずく」での出会いから全くスタンスが変わらない鈴木さん。


                                                                                                                                                                                百肖「田原」鈴木美仁

                                                                                                                                                                                これから迎える「冬」を迎える豚さんの病気の心配をしながら、何かまた挑戦されるとお話ししてくれました。
                                                                                                                                                                                取材の翌日も「まちなかマルシェ」に出店予定と話された笑顔で話していただいたバイタリティに脱帽、

                                                                                                                                                                                そして

                                                                                                                                                                                百肖「田原」鈴木美仁

                                                                                                                                                                                この男前の背中にまた惚れてしまうしずくスタッフなのです。



                                                                                                                                                                                G・ファームの情報はこちら

                                                                                                                                                                                季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                                季節誌しずく


                                                                                                                                                                                季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                                アイスタイルデザイン


                                                                                                                                                                                 
                                                                                                                                                                                photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                                0

                                                                                                                                                                                  竹田克義・綾子さん【豊橋】夫婦で作る新しいカタチ


                                                                                                                                                                                  豊橋市の北部に竹田克義・綾子さんの畑・果樹園はあります。

                                                                                                                                                                                  「居土畑」という名で活動しています。

                                                                                                                                                                                  百肖「豊橋」竹田克義・綾子


                                                                                                                                                                                  克義さんと綾子さんはそれぞれ、農家として活動していましたが、

                                                                                                                                                                                  2年前に結婚。

                                                                                                                                                                                  綾子さんの実家の果樹園で新たに夫婦としてスタート。


                                                                                                                                                                                  百肖「豊橋」竹田克義・綾子

                                                                                                                                                                                  豊川有機農業の会としても活動を行い、

                                                                                                                                                                                  有機農業を広めている御夫婦でもあります。

                                                                                                                                                                                  若い御夫婦ですが、「安心・安全な野菜」という気持ちが、

                                                                                                                                                                                  とても芯がしっかりと伝わってきます。


                                                                                                                                                                                  伺った時は、綾子さんは妊娠8カ月。

                                                                                                                                                                                  冬前には居土畑は3人になります。



                                                                                                                                                                                  そして…

                                                                                                                                                                                  なんといっても、

                                                                                                                                                                                  農業というスタイルがカッコイイのです。

                                                                                                                                                                                  綾子さんは元、アパレル業についていましたが、

                                                                                                                                                                                  体を一番にと実家へ戻り、果樹園を継ぎました。

                                                                                                                                                                                  その、農業スタイルはアパレル業で活かされた感覚を取り入れ、

                                                                                                                                                                                  初めてお会いした時に、

                                                                                                                                                                                  カッコイイ!っとドキッとしたのです。



                                                                                                                                                                                  百肖「豊橋」竹田克義・綾子


                                                                                                                                                                                  百肖「豊橋」竹田克義・綾子



                                                                                                                                                                                  畑は自然に近い状態で、

                                                                                                                                                                                  ゆっくりと育てられています。


                                                                                                                                                                                  百肖「豊橋」竹田克義・綾子




                                                                                                                                                                                  百肖「豊橋」竹田克義・綾子


                                                                                                                                                                                  果樹園としての、「今川果樹園」さんの、

                                                                                                                                                                                  桃、梨、柿ともに私もファンであります。




                                                                                                                                                                                  居土畑さんのブログはこちら

                                                                                                                                                                                  季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                                  季節誌しずく


                                                                                                                                                                                  季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                                  アイスタイルデザイン








                                                                                                                                                                                   
                                                                                                                                                                                  photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                                  0

                                                                                                                                                                                    河合裕介さん【豊橋】子どもたちにも人気のやわらっかほうれん草


                                                                                                                                                                                    豊橋の南部地域に位置する杉山町にある、河合農園さん。

                                                                                                                                                                                    26歳の時にこのハウスを建て、水耕栽培で葉物を作る河合裕介さん。


                                                                                                                                                                                    百肖「豊橋」河合裕介


                                                                                                                                                                                    ハウスの中は、ほうれんそうをはじめとする、

                                                                                                                                                                                    ルッコラや小松菜でいっぱい。

                                                                                                                                                                                    百肖「豊橋」河合裕介


                                                                                                                                                                                    河合さんオリジナルの溶液栽培システムを使った、

                                                                                                                                                                                    土壌を使わない溶液栽培を導入。

                                                                                                                                                                                    周年で安定した栽培をすることができます。


                                                                                                                                                                                    百肖「豊橋」河合裕介


                                                                                                                                                                                    河合さんの作るほうれん草は、

                                                                                                                                                                                    その名も…

                                                                                                                                                                                    「やわらっかほうれん草」。

                                                                                                                                                                                    露地栽培のほうれん草よりやわらかく、クセが少なく、

                                                                                                                                                                                    スムージーにもピッタリだそう。


                                                                                                                                                                                    百肖「豊橋」河合裕介


                                                                                                                                                                                    小さく出た芽は、本当にかわいいですハート

                                                                                                                                                                                    見るからにフワフワしているんです。


                                                                                                                                                                                     
                                                                                                                                                                                    季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                                    季節誌しずく 

                                                                                                                                                                                     
                                                                                                                                                                                    季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                                    アイスタイルデザイン



                                                                                                                                                                                     








                                                                                                                                                                                     
                                                                                                                                                                                    photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                                    0

                                                                                                                                                                                      大谷至弘さん【新城】環境保全型農業『蓮華米』

                                                                                                                                                                                      百肖「新城」大谷至弘
                                                                                                                                                                                      この日に訪れたのは今年発足した「新城環境保全の会」会長の大谷さん。
                                                                                                                                                                                      がっちりとしたダンディーな方でとても好印象。

                                                                                                                                                                                      百肖「新城」大谷至弘
                                                                                                                                                                                      広い田んぼに案内していただきました、ここをおひとりで管理なさっていると!
                                                                                                                                                                                      正直驚きました。

                                                                                                                                                                                      ちなみに「新城環境保全の会」は、会員8名で全員がエコファーマー認定農業者、稲作での化学肥料などの低減のためにレンゲやイタリアン(飼料作物)を植えて土と一緒にすきこみ、緑肥にしています。特にレンゲは環境美化にもなるため8人中7人が実施しています。化学肥料・農薬も県で定めた慣行レベルの5割低減でお米を栽培しています。
                                                                                                                                                                                      ※詳しくはこちら

                                                                                                                                                                                      百肖「新城」大谷至弘

                                                                                                                                                                                      稲穂に近づいていてみると立派な稲穂がとっても元気で、これも「れんげ」のおかげかと思う程。。。(^^;)
                                                                                                                                                                                      大谷さんの愛情が感じられます。

                                                                                                                                                                                      百肖「新城」大谷至弘

                                                                                                                                                                                      初めて会ったしずくスタッフにも親切丁寧に説明してくれました。
                                                                                                                                                                                      蓮華で一面になった写真があるから必要だったら送ってあげるよと気遣ってくれた大谷さん。
                                                                                                                                                                                      それがこの1枚。
                                                                                                                                                                                      百肖「新城」大谷至弘
                                                                                                                                                                                      この蓮華畑を一気に耕して土に混ぜて安全な土壌を作るそうです。

                                                                                                                                                                                      百肖「新城」大谷至弘

                                                                                                                                                                                      そんな安全安心な「蓮華米」。刈り取る前に一部は牛豚の飼料として利用され、残りは近くの産直などで販売されるそうです。


                                                                                                                                                                                      これからも大谷さんの「新城環境保全の会」の活動に注目です!


                                                                                                                                                                                      東三河の素晴らしい生産者〜百肖ホームページへもどる

                                                                                                                                                                                      季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                                      季節誌しずく


                                                                                                                                                                                      季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                                      アイスタイルデザイン


                                                                                                                                                                                       
                                                                                                                                                                                      photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                                      0

                                                                                                                                                                                        岩瀬弘二さん【豊橋】テニスから果樹園へ


                                                                                                                                                                                        石巻と言えば、果樹園。

                                                                                                                                                                                        その1軒が、岩瀬果樹園さん。

                                                                                                                                                                                        二代目の岩瀬弘二さんは、学生時代はテニス一筋。

                                                                                                                                                                                        実家の果樹園を10年前に引き継ぎ、

                                                                                                                                                                                        自分のブランドとして、チロルの農園を作りました。



                                                                                                                                                                                        百肖「豊橋」岩瀬弘二


                                                                                                                                                                                        柿、梨、ぶどうを主に栽培。


                                                                                                                                                                                        百肖「豊橋」岩瀬弘二


                                                                                                                                                                                        一面に広がる果樹園にうっとり…
                                                                                                                                                                                        (取材時は雨…)

                                                                                                                                                                                        梨だけでも10種類以上。

                                                                                                                                                                                        時期をずらして長期間楽しむことができます。

                                                                                                                                                                                        たわわに恵みたっぷりに育っていました。

                                                                                                                                                                                        百肖「豊橋」岩瀬弘二


                                                                                                                                                                                        ぶどうは、ワイン用の加工品用も試行錯誤中。

                                                                                                                                                                                        柿は、石巻のブランド、「次郎柿」。


                                                                                                                                                                                        百肖「豊橋」岩瀬弘二


                                                                                                                                                                                        ひとつひとつ、丁寧に仕分けられ、梱包。

                                                                                                                                                                                        農産物だけでなく、

                                                                                                                                                                                        この地域だからできることをしていきたいそう。

                                                                                                                                                                                        環境、自然…

                                                                                                                                                                                        本当に、癒されます。

                                                                                                                                                                                        百肖「豊橋」岩瀬弘二

                                                                                                                                                                                        そして、そして…

                                                                                                                                                                                        いろいろな道具も、目を奪われます。




                                                                                                                                                                                        季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                                        季節誌しずく


                                                                                                                                                                                        季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                                        アイスタイルデザイン


                                                                                                                                                                                        チロルの農園



                                                                                                                                                                                         
                                                                                                                                                                                        photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                                        0

                                                                                                                                                                                          小林めぐみ【豊橋】できる範囲でできる農業


                                                                                                                                                                                          豊橋の街に程良く近い、小林さん宅。

                                                                                                                                                                                          広いお庭に畑はあります。

                                                                                                                                                                                          そして、笑顔が素敵な小林さん。


                                                                                                                                                                                          百肖「豊橋」小林めぐみ


                                                                                                                                                                                          子育てをしながら、お母さんとできる範囲の農業をしています。


                                                                                                                                                                                          百肖「豊橋」小林めぐみ


                                                                                                                                                                                          伺った時は、かぼちゃや、


                                                                                                                                                                                          百肖「豊橋」小林めぐみ


                                                                                                                                                                                          ハウスのピーマン、ゴーヤ、


                                                                                                                                                                                          百肖「豊橋」小林めぐみ


                                                                                                                                                                                          空芯菜。

                                                                                                                                                                                          夏野菜は終わりに近づいていました。


                                                                                                                                                                                          勉強しながらだから、ペースはゆっくり。

                                                                                                                                                                                          お母さんにも教わりながら、

                                                                                                                                                                                          手の行き届いた自慢の野菜を、丁寧に収穫していきます。


                                                                                                                                                                                          百肖「豊橋」小林めぐみ



                                                                                                                                                                                          これから、いろんな野菜にも挑戦していきたいそう。








                                                                                                                                                                                          季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                                          季節誌しずく


                                                                                                                                                                                          季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                                          アイスタイルデザイン






                                                                                                                                                                                           
                                                                                                                                                                                          photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                                          0

                                                                                                                                                                                            今泉健次さん・次子さん【新城】バイタリティに脱帽!

                                                                                                                                                                                            伺ったこの日は快晴!暑い日でしたがお二人はとっても元気!
                                                                                                                                                                                            百肖「新城」今泉健次/次子

                                                                                                                                                                                            我々、しずくスタッフも大好きなお二人です。

                                                                                                                                                                                            百肖「新城」今泉健次/次子

                                                                                                                                                                                            とにかくバイタリティがすごくって、この日も新しく農地を借りたから新たにそばを植えるとトラクターで耕してみえました。

                                                                                                                                                                                            百肖「新城」今泉健次/次子

                                                                                                                                                                                            なんといっても次子さんのことがとにかく好きな我々はさんざんお世話になっています。

                                                                                                                                                                                            百肖「新城」今泉健次/次子

                                                                                                                                                                                            手作りの味噌、自家製のそばの実を製麺所で製品化してもらったり、シフォンケーキを焼いてくれたり…

                                                                                                                                                                                            しずく朝市では、自分で育てた青大豆で「手作りざる豆腐教室」をしてくれたりと、
                                                                                                                                                                                            とにかく感謝感謝のお二人なのです。。。

                                                                                                                                                                                            はじめのころは写真も嫌がられていたのですが、最近ではとっても快く撮影に協力してくれます。
                                                                                                                                                                                            何より、季節誌しずくを楽しみにしてくれている大切な読者のおひとりなんです。

                                                                                                                                                                                            今泉さんの野菜や加工品は「新城旬のひろば」で買うことができます。

                                                                                                                                                                                            百肖「新城」今泉健次/次子

                                                                                                                                                                                            お二人の田んぼに案内していただきました。
                                                                                                                                                                                            「他のたんぼよりも、ずぼらだから…」と目にとまった雑草を抜き始める健次さん。

                                                                                                                                                                                            ほんとにこのお二人は働き者です。。。

                                                                                                                                                                                            お米は「FFC農法米ひのひかり」、豊川の「米のだや」さんで購入できます。
                                                                                                                                                                                            でも、人気があってすぐに売り切れてしまうそうです。

                                                                                                                                                                                            百肖「新城」今泉健次/次子

                                                                                                                                                                                            もうすぐ収穫。今年もおいしい新米が食べられそうです。

                                                                                                                                                                                            そして、スタッフの大好きな一押し!
                                                                                                                                                                                            「次子のおそば」もたくさん作るそうみたいですから〜楽しみで仕方ありません(^^)

                                                                                                                                                                                            百肖「新城」今泉健次/次子

                                                                                                                                                                                            これからも元気で、よろしくお願いします(^^)。


                                                                                                                                                                                            今泉さんの詳しい情報はコチラ

                                                                                                                                                                                            東三河の素晴らしい生産者〜百肖ホームページへもどる

                                                                                                                                                                                            季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                                            季節誌しずく


                                                                                                                                                                                            季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                                            アイスタイルデザイン




                                                                                                                                                                                             
                                                                                                                                                                                            photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                                            0

                                                                                                                                                                                              粕谷祐一郎さん【豊川】土木業から農業へ…


                                                                                                                                                                                              東名高速道路見える、豊川市の平尾町にある、

                                                                                                                                                                                              粕谷祐一郎さんの畑に伺いました。

                                                                                                                                                                                              足袋をはき、おしゃれな麦わら帽子を被った粕谷さん。





                                                                                                                                                                                              百肖「豊川」粕谷祐一郎


                                                                                                                                                                                              でも、本来は…


                                                                                                                                                                                              百肖「豊川」粕谷祐一郎


                                                                                                                                                                                              こちらのユニホームを着て出陣するそう…。

                                                                                                                                                                                              なんともかっこいいです!

                                                                                                                                                                                              粕谷さんは、土木業から農業へ。

                                                                                                                                                                                              先輩の「これからは農業だ。」の一言で、決めたそう。

                                                                                                                                                                                              新規就農して9月で1年。


                                                                                                                                                                                              百肖「豊川」粕谷祐一郎

                                                                                                                                                                                              伺った時は、たくさんのなすとオクラがお出迎えしてくれました。

                                                                                                                                                                                              百肖「豊川」粕谷祐一郎

                                                                                                                                                                                              自慢のなすは、どれもピカピカき


                                                                                                                                                                                              百肖「豊川」粕谷祐一郎


                                                                                                                                                                                              研修先で習ったなすに惚れ込み、

                                                                                                                                                                                              なすを中心に栽培。

                                                                                                                                                                                              いろいろななすにも挑戦。

                                                                                                                                                                                              百肖「豊川」粕谷祐一郎

                                                                                                                                                                                              現在、豊川有機農業の朝市にも出店中。

                                                                                                                                                                                              直接お話しを聞いたり、栽培のこだわりを聞くと、

                                                                                                                                                                                              もっともっとおいしく味わうことができると思います。



                                                                                                                                                                                              季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                                              季節誌しずく


                                                                                                                                                                                              季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                                              アイスタイルデザイン




                                                                                                                                                                                               
                                                                                                                                                                                              photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                                              0

                                                                                                                                                                                                スフィーダ【新城】地元活性期待の勢力

                                                                                                                                                                                                新城で活躍するスフィーダは白井陽さん、白井俊充さん、保坂進之介さんの3人の農業集団。

                                                                                                                                                                                                百肖「新城」スフィーダ


                                                                                                                                                                                                近隣のイベント参加はもちろん、しずく朝市にも協力してくれています。

                                                                                                                                                                                                百肖「新城」スフィーダ

                                                                                                                                                                                                広い農地に所狭しとたくさんの野菜が育っています。
                                                                                                                                                                                                でも時期が悪く、収穫の狭間期&天候不順で生育はあまりかくにんできませんでした…(汗)

                                                                                                                                                                                                百肖「新城」スフィーダ

                                                                                                                                                                                                それでも若いチカラはさすが!朝からとっても元気な3人です!!

                                                                                                                                                                                                百肖「新城」スフィーダ
                                                                                                                                                                                                百肖「新城」スフィーダ

                                                                                                                                                                                                もちろん、取材にも快く応じてくれました。

                                                                                                                                                                                                百肖「新城」スフィーダ

                                                                                                                                                                                                スフィーダの野菜は、地元ですとフードオアシスあつみさんなどで購入できます。

                                                                                                                                                                                                百肖「新城」スフィーダ
                                                                                                                                                                                                百肖「新城」スフィーダ

                                                                                                                                                                                                3人で頑張ってきたスフィーダですが、訪問時に悲しいお知らせが。

                                                                                                                                                                                                保坂さんが9月で脱退し、地元の関東へ帰られるそうです(T^T)。

                                                                                                                                                                                                しかし未来のある若者のこれからの人生にしずくスタッフもただただエールを送るのです。

                                                                                                                                                                                                百肖「新城」スフィーダ

                                                                                                                                                                                                がんばってくださいね。

                                                                                                                                                                                                そしてこれからも3人で始めたスフィーダが、2人になっても変わらず、この新城の農業をけん引する存在に成長することにとっても期待しています。

                                                                                                                                                                                                百肖「新城」スフィーダ

                                                                                                                                                                                                とってもすがすがしい3人でした(^^)
                                                                                                                                                                                                ありがとうございました。


                                                                                                                                                                                                スフィーダの詳しい情報はコチラ

                                                                                                                                                                                                ●季節誌しずくの登場回は「こちら

                                                                                                                                                                                                季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                                                季節誌しずく


                                                                                                                                                                                                季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                                                アイスタイルデザイン



                                                                                                                                                                                                 
                                                                                                                                                                                                photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                                                0

                                                                                                                                                                                                  河辺泰章さん【田原】アスパラの先生

                                                                                                                                                                                                  田原の河辺さんはしずくスタッフにとっては「アスパラの先生」。

                                                                                                                                                                                                  百肖「田原」河辺泰章

                                                                                                                                                                                                  いろいろなことを教えてくれます。
                                                                                                                                                                                                  最近ではアスパラに「メス」があるなんで話を聞かせてくれました。テレビでも話題になったことですが見分け方などを店頭のPOPにして紹介するなどユニークな販売をしています。
                                                                                                                                                                                                  百肖「田原」河辺泰章
                                                                                                                                                                                                  取材に伺った時期は天候が変わり始めた頃でまだ暑さがあり、アスパラにも影響が出ていると…

                                                                                                                                                                                                  百肖「田原」河辺泰章

                                                                                                                                                                                                  毎年毎年、違うからと話されていましたが、年々上がる気温上昇は気になるというお話でした。

                                                                                                                                                                                                  百肖「田原」河辺泰章

                                                                                                                                                                                                  この時期になるとアスパラ自体も少し細くなるのですが、それでも天に向かってすくっと伸びるアスパラはとってもおいしそうでした。

                                                                                                                                                                                                  ハウスの中には「抜かなかったブドウ」…育てているわけではないけど甘いよと一粒いただきました。

                                                                                                                                                                                                  百肖「田原」河辺泰章百肖「田原」河辺泰章
                                                                                                                                                                                                  百肖「田原」河辺泰章

                                                                                                                                                                                                  「甘い!」!土壌の良さを感じました。

                                                                                                                                                                                                  百肖「田原」河辺泰章百肖「田原」河辺泰章
                                                                                                                                                                                                  これはアスパラの種だそうです。

                                                                                                                                                                                                  百肖「田原」河辺泰章
                                                                                                                                                                                                  秋から冬にかけてこの葉どんどん金色に変わるってご存知ですか?

                                                                                                                                                                                                  アスパラは自己防衛のために冬に向かうつれて準備を始めていきます。。。
                                                                                                                                                                                                  この葉から根に向かって養分が送られていくんです、すると葉は黄色というか金色になるのです。ただ枯れていくのではないのです。そして、その養分を根にためていくと糖分がたまり冬の間「凍らない」のです。そして越冬します。

                                                                                                                                                                                                  百肖「田原」河辺泰章

                                                                                                                                                                                                  だから…

                                                                                                                                                                                                  初採りの春の「アスパラガス」は甘くて太いのです!そしておいしいんです(^^)


                                                                                                                                                                                                  百肖「田原」河辺泰章

                                                                                                                                                                                                  百肖「田原」河辺泰章

                                                                                                                                                                                                  お話も聞いたこの日はあいにくのお天気でしたが、お話を聞いた我々スタッフに元気をくれた「河辺さん」。
                                                                                                                                                                                                  ありがとうございました。



                                                                                                                                                                                                  そうそう、お店で売っているアスパラガス。切り口を水に浸して売っていますよね?
                                                                                                                                                                                                  実はあれ…おいしさを浸した水に溶かしていくので味が落ちているそうです。

                                                                                                                                                                                                  産直などで見かけたら「袋詰め」のアスパラを購入くださいね。



                                                                                                                                                                                                  河辺さんの詳しい情報はコチラ

                                                                                                                                                                                                  東三河の素晴らしい生産者〜百肖ホームページへもどる

                                                                                                                                                                                                  季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                                                  季節誌しずく


                                                                                                                                                                                                  季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                                                  アイスタイルデザイン





                                                                                                                                                                                                   
                                                                                                                                                                                                  photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                                                  0

                                                                                                                                                                                                    山本剛司さん【豊橋】産直のプロ一筋


                                                                                                                                                                                                    本誌の季節誌しずく第6号「旬のしずく」に登場していただいた、

                                                                                                                                                                                                    山本剛司さん。

                                                                                                                                                                                                    百肖「豊橋」山本剛司


                                                                                                                                                                                                    産直のプロと私たちはお呼びします。

                                                                                                                                                                                                    私たちが13年初めにお邪魔した時は、いちごの山本さんで、

                                                                                                                                                                                                    いちごの山本さんともお呼びします。


                                                                                                                                                                                                    冬はいちご、夏はきゅうりを主にしていますが、

                                                                                                                                                                                                    スーパーの野菜の流れ…っというより、

                                                                                                                                                                                                    産直でいかにお客さんに喜んでもらえる野菜を作るか…

                                                                                                                                                                                                    そして、オーダーに応えていくか…

                                                                                                                                                                                                    っが、プロなのです。


                                                                                                                                                                                                    この大きさのイチゴを50個を何月何日に…

                                                                                                                                                                                                    このようなオーダーに応えるのです。


                                                                                                                                                                                                    百肖「豊橋」山本剛司


                                                                                                                                                                                                    近くの農家仲間や、長年知り合った仲間からの信頼も厚く、

                                                                                                                                                                                                    技術や情報を聞きたくて、山本さんの元へやってきます。


                                                                                                                                                                                                    御夫婦で、いろいろな所に出向き、

                                                                                                                                                                                                    これから作る野菜のリサーチや情報を探しに足を運びます。

                                                                                                                                                                                                    こうした長年の積み重ねが、今の現状を支え、

                                                                                                                                                                                                    そして、若い世代の農家さんへと受け継がれています。


                                                                                                                                                                                                    百肖「豊橋」山本剛司


                                                                                                                                                                                                    田んぼも次世代への受け継ぎがいない…

                                                                                                                                                                                                    なんとかできないのか…

                                                                                                                                                                                                    山本さんは言います。


                                                                                                                                                                                                    高齢化…

                                                                                                                                                                                                    これからどう農業をしてくのか…

                                                                                                                                                                                                    不安もあるそうですが、

                                                                                                                                                                                                    新しい野菜の品種を試しながら見極める、

                                                                                                                                                                                                    産直のプロの経験や感性が、山本さんからは強く伝わってきます。


                                                                                                                                                                                                    常にアンテナをはり、

                                                                                                                                                                                                    周りをいろいろな目で見守りながら見ているのです…ひらめき






                                                                                                                                                                                                    季節誌しずく 第6号 山本剛司さん


                                                                                                                                                                                                    季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                                                    季節誌しずく


                                                                                                                                                                                                    季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                                                    アイスタイルデザイン



























                                                                                                                                                                                                     
                                                                                                                                                                                                    photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                                                    0

                                                                                                                                                                                                      白井倫啓さん【新城】旬のひろば代表

                                                                                                                                                                                                      新城で有機無農薬の旬の野菜を販売する「新城旬のひろば」。その代表を務める白井さん。

                                                                                                                                                                                                      百肖「新城」白井倫啓

                                                                                                                                                                                                      市議会議員としての一面を持つ白井さんは現在、農業は少しお休みしているという。
                                                                                                                                                                                                      白井さんはこの他にも新城の町おこしの新城笛の盆実行委員会」としても
                                                                                                                                                                                                      精力的に新城に貢献している。


                                                                                                                                                                                                      今回は「旬のひろば」のみなさんで植えたという「エゴマ」の畑での取材。

                                                                                                                                                                                                      百肖「新城」白井倫啓
                                                                                                                                                                                                      昨年も旬のひろばでは「えごま油」を販売、油ブームも手伝って反響が大きかったそう。

                                                                                                                                                                                                      有機無農薬だけあって畑の様子はこんな感じ。

                                                                                                                                                                                                      百肖「新城」白井倫啓

                                                                                                                                                                                                      それでも日を浴びたエゴマはとっても元気で成長が楽しみ。

                                                                                                                                                                                                      店頭に並ぶ日が楽しみです。

                                                                                                                                                                                                      百肖「新城」白井倫啓

                                                                                                                                                                                                      新城 旬のひろばの詳しい情報はコチラ


                                                                                                                                                                                                      ●季節誌しずく「しずくtimes」で紹介しています。

                                                                                                                                                                                                      東三河の素晴らしい生産者〜百肖ホームページへもどる

                                                                                                                                                                                                      季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                                                      季節誌しずく


                                                                                                                                                                                                      季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                                                      アイスタイルデザイン

                                                                                                                                                                                                       
                                                                                                                                                                                                      photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                                                      0

                                                                                                                                                                                                        平松真美さん【豊川】祖父母からバトンタッチ 新しい農業


                                                                                                                                                                                                        豊川市にある旧小坂井町で一人で農業を営む、平松真美さん。





                                                                                                                                                                                                        祖父母から農地を譲りうけ、土壌改良からはじめ、

                                                                                                                                                                                                        自分の新しい農業スタイルを作り上げています。


                                                                                                                                                                                                        取材に伺ったこの畑は、なんと!ごま畑。

                                                                                                                                                                                                        といっても、収穫まではまだまだで、

                                                                                                                                                                                                        きれいなお花を咲かせていました。

                                                                                                                                                                                                        まるで、お花畑!!





                                                                                                                                                                                                        教えてもらわなければ、ごまとはわかりませんでした。





                                                                                                                                                                                                        この畑も、カチカチだっただったそう…

                                                                                                                                                                                                        土壌を改良し、フカフカになっていました。

                                                                                                                                                                                                        祖父母は農薬を使っていたそうですが、

                                                                                                                                                                                                        真美さんは、農薬を使わない方針。





                                                                                                                                                                                                        ごまも、去年からチャレンジして、とても好評だったそう。

                                                                                                                                                                                                        空芯菜、水菜、ルッコラ…

                                                                                                                                                                                                        いろんな野菜にどんどんチャレンジしていくひたむきな姿は、

                                                                                                                                                                                                        まわりの農業女子にも刺激を与えています。


                                                                                                                                                                                                        産直で見かける真美さんの野菜には、

                                                                                                                                                                                                        手書きのイラスト付きレシピが付いています。

                                                                                                                                                                                                        トレードマークにもなっています。


                                                                                                                                                                                                        身近に感じてもらえるよう、

                                                                                                                                                                                                        そして安全においしくいっぱい野菜を食べてもらいたい!

                                                                                                                                                                                                        っという、願いも込められているのでしょう…


                                                                                                                                                                                                        平松さんの詳しい情報はコチラ

                                                                                                                                                                                                        東三河の素晴らしい生産者〜百肖ホームページへもどる

                                                                                                                                                                                                        季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                                                        季節誌しずく


                                                                                                                                                                                                        季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                                                        アイスタイルデザイン


                                                                                                                                                                                                         
                                                                                                                                                                                                        photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                                                        0

                                                                                                                                                                                                          榎本佐和子さん【豊川】スーパー農業女子


                                                                                                                                                                                                          豊川市の御津町。

                                                                                                                                                                                                          23号線バイパスを望む、田んぼと畑が広がるところ。

                                                                                                                                                                                                          ここで、養蜂、ブルーベリーなどなど…

                                                                                                                                                                                                          幅広い経営をしている、榎本佐和子さん。


                                                                                                                                                                                                          百肖「豊川」榎本佐和子



                                                                                                                                                                                                          今では、テレビや新聞連載まで持っている、売れっ子農業女子さん。

                                                                                                                                                                                                          「榎本はちみつベリーファーム」の名のとおり、

                                                                                                                                                                                                          養蜂、ブルーベリーをはじめ、うこっけい、ウコン、さつまいも、小麦粉などなど…

                                                                                                                                                                                                          たくさんの品種を楽しみながら栽培、飼育しています。

                                                                                                                                                                                                          子育てしながらとはいえ、規模は大きいです。


                                                                                                                                                                                                          百肖「豊川」榎本佐和子


                                                                                                                                                                                                          なんと、ヤギも飼育。

                                                                                                                                                                                                          かわいいのです。



                                                                                                                                                                                                          百肖「豊川」榎本佐和子


                                                                                                                                                                                                          蜂の巣箱も、年々増えています。



                                                                                                                                                                                                          百肖「豊川」榎本佐和子


                                                                                                                                                                                                          ブルーベリーは、取材にはもう終わりを迎えていました。

                                                                                                                                                                                                          ブラックベリーも栽培しており、

                                                                                                                                                                                                          ベリー類は、ジャムとして加工品も手掛けています。



                                                                                                                                                                                                          百肖「豊川」榎本佐和子



                                                                                                                                                                                                          養蜂で問題になっているのが、蜜源。

                                                                                                                                                                                                          これから、蓮華などを植える活動をしていきたいなど、

                                                                                                                                                                                                          周りの環境があってこその養蜂。

                                                                                                                                                                                                          農薬の問題もありますが、

                                                                                                                                                                                                          「自分でできる範囲のことは、蜂のためにも環境づくりも…」っと、

                                                                                                                                                                                                          これから先のことを見据えて、がんばってみえます。


                                                                                                                                                                                                          榎本さんの詳しい情報はコチラ


                                                                                                                                                                                                          ●季節誌しずく「地のしずく」で紹介しています。

                                                                                                                                                                                                          東三河の素晴らしい生産者〜百肖ホームページへもどる

                                                                                                                                                                                                          季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                                                          季節誌しずく


                                                                                                                                                                                                          季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                                                          アイスタイルデザイン


                                                                                                                                                                                                           
                                                                                                                                                                                                          photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                                                          0

                                                                                                                                                                                                            遠山祐司さん【新城】空”多楽農園

                                                                                                                                                                                                            新城で「空”多楽農園〜ぐうたらのうえん〜」を営む遠山さん。
                                                                                                                                                                                                            百肖「新城」遠山祐司

                                                                                                                                                                                                            自宅付近から新東名が見えるのどかな場所に住まいを構え、自然の中にお住まいです。
                                                                                                                                                                                                            百肖「新城」遠山祐司

                                                                                                                                                                                                            以前よりも少し大きくなった娘さんのいる自宅で数年前に取材させていただいた思い出話をした後に農園に案内していただきました。

                                                                                                                                                                                                            百肖「新城」遠山祐司

                                                                                                                                                                                                            今は、そばを育てているとお聞きして早速案内していただくと…
                                                                                                                                                                                                            随分と乾燥した感じの畑…それでもそばの苗は元気に育っています。

                                                                                                                                                                                                            百肖「新城」遠山祐司

                                                                                                                                                                                                            面倒を見なくても大きくなるんですよとお話ししてくれました。
                                                                                                                                                                                                            3週間ほどたった現在、ほんとに世話をやかなくても「そば」は強いので大丈夫だそうです。
                                                                                                                                                                                                            それでもきっと今までの畑での実績からのお話なのだと思います、お話の節々に「裏打ち」のようなものを感じました。

                                                                                                                                                                                                            百肖「新城」遠山祐司

                                                                                                                                                                                                            少し離れた場所に畑と田んぼがあるとのこと、早速そこへも案内していただきました。

                                                                                                                                                                                                            百肖「新城」遠山祐司
                                                                                                                                                                                                            途中に流れる水路にはきれいな水、おいしい作物のできる環境なんだと改めて感動しました。

                                                                                                                                                                                                            ほどなく見えてきた畑、途中のおばあさんに挨拶をすると…
                                                                                                                                                                                                            「ほんとにこの子はがんばってるだよ、感心するよ」と教えてくれました。
                                                                                                                                                                                                            「じだらくのうえん」と名乗るのはやっぱりその努力をみせないためで実際は人一倍、
                                                                                                                                                                                                            畑を農業を愛しているんだなと思えるお話でした。
                                                                                                                                                                                                            百肖「新城」遠山祐司
                                                                                                                                                                                                            手前が畑、その奥が遠山さんの田んぼです。

                                                                                                                                                                                                            もち米も取れる田んぼはとっても元気な稲穂がたわわに…
                                                                                                                                                                                                            開発が進む周辺は例外なく獣害が多く、悩まされることもしばしば。。。
                                                                                                                                                                                                            それでも明るく、近所の子供さんの農業体験などを通じて、農業を楽しみながら続けられる遠山さん。

                                                                                                                                                                                                            とっても力強さとすがすがしさを感じました。
                                                                                                                                                                                                            百肖「新城」遠山祐司


                                                                                                                                                                                                            豊橋有機農業の会に所属する遠山さんの野菜などは 場所:フードオアシス アツミ山田店(詳しい地図はこちら
                                                                                                                                                                                                            時間:毎週金曜日 8:30〜10:30で購入できます。


                                                                                                                                                                                                            ●季節誌しずく「地のしずく」で紹介しています。

                                                                                                                                                                                                            東三河の素晴らしい生産者〜百肖ホームページへもどる

                                                                                                                                                                                                            季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                                                            季節誌しずく


                                                                                                                                                                                                            季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                                                            アイスタイルデザイン
                                                                                                                                                                                                             
                                                                                                                                                                                                            photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                                                            0

                                                                                                                                                                                                              安形 真さん【新城】古民家カフェ&市民農園はちどり

                                                                                                                                                                                                              新城で話題のカフェ、市民貸し農園「はちどり」と自らも農業を営む安形さん。

                                                                                                                                                                                                              百肖「新城」安形真

                                                                                                                                                                                                              今回はお忙しいランチタイムのあとへカフェから貸し農園に移動して取材です。
                                                                                                                                                                                                              ジョジョのお散歩を兼ねて、農園のことやこれからのカフェのことをお聞きしました。
                                                                                                                                                                                                              百肖「新城」安形真
                                                                                                                                                                                                              農園は見晴らしも最高、とっても広くて道具も揃っていて、苗、肥料なども揃っています。
                                                                                                                                                                                                              いろいろと教えてくれるので初めての人でも安心。カフェも近いので少し遠くからでも、楽しみながら1日過ごせます。
                                                                                                                                                                                                              百肖「新城」安形真
                                                                                                                                                                                                              こちらは利用者の方の畑。とっても育っています。


                                                                                                                                                                                                              百肖「新城」安形真
                                                                                                                                                                                                              こちらに道具などが揃っているので道具なしで利用できます。

                                                                                                                                                                                                              百肖「新城」安形真
                                                                                                                                                                                                              カフェのこと、自分の畑のことや貸し農園のこと、考えることは多い、
                                                                                                                                                                                                              それでも充実しているので続けられるというのが魅力だとお話してくれました。
                                                                                                                                                                                                               
                                                                                                                                                                                                              そんなことはお構いなしで貸し農園を走り回るジョジョはとっても楽しそう…
                                                                                                                                                                                                              一時、行方不明になりましたが、安形さんの呼ぶ声に戻ってきたジョジョの足はビチョビチョ。。。
                                                                                                                                                                                                              暑いからさぞかし気持ちよかったことでしょう(^^)

                                                                                                                                                                                                              百肖「新城」安形真

                                                                                                                                                                                                              最後に記念撮影。
                                                                                                                                                                                                              笑顔の安形さんとジョジョがとっても印象的な取材になりました。

                                                                                                                                                                                                              百肖「新城」安形真

                                                                                                                                                                                                              これからも新城を盛り上げていく存在になる「はちどり」からこれからも目が離せません(^^)


                                                                                                                                                                                                              古民家カフェ はちどりはこちらから

                                                                                                                                                                                                              東三河の素晴らしい生産者〜百肖ホームページへもどる

                                                                                                                                                                                                              ●季節誌しずく「地のしずく」で紹介しています。



                                                                                                                                                                                                              季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                                                              季節誌しずく


                                                                                                                                                                                                              季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                                                              アイスタイルデザイン


                                                                                                                                                                                                               
                                                                                                                                                                                                              photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                                                              0

                                                                                                                                                                                                                山内章裕さん【豊川】季節誌しずくの生みの親

                                                                                                                                                                                                                ようやくご紹介できました。この方が「季節誌しずく」の創刊を後押ししてくれた「山内さん」です。

                                                                                                                                                                                                                百肖「豊川」山内章裕
                                                                                                                                                                                                                そのころの我々は右も左もわからない本当の素人でした。
                                                                                                                                                                                                                実は山内さんはスタッフの兄の友人で「こんな人が友達にいるから紹介してやるよ。」と
                                                                                                                                                                                                                不思議な縁でお会いすることになりました。

                                                                                                                                                                                                                百肖「豊川」山内章裕
                                                                                                                                                                                                                そんな訳のわからない我々スタッフにわかりやすく、そしてゆっくりと理解できるように
                                                                                                                                                                                                                「地産地消」のことや「農業界」のことをたくさん話してくれました。
                                                                                                                                                                                                                あれから早4年。。。
                                                                                                                                                                                                                ようやく「季節誌しずく」の別冊ならと取材を引き受けてくれました。

                                                                                                                                                                                                                この日は専門の果樹園「次郎柿」の畑での取材です。
                                                                                                                                                                                                                ここ以外にも何か所か柿畑はあるとのことでした。
                                                                                                                                                                                                                最盛期にはたくさんの柿がたわわになるんだととっても期待が膨らみます。

                                                                                                                                                                                                                山内さんのこだわりは「木なり完熟」を出荷すること。

                                                                                                                                                                                                                百肖「豊川」山内章裕
                                                                                                                                                                                                                「木なり完熟」とは、木に成ったまま甘みや大きくするために採らずにおいて置き、ギリギリに出荷するもの。
                                                                                                                                                                                                                実はリスクが高いってご存知ですか?鳥に見つけやすくなるから…

                                                                                                                                                                                                                もともと、果樹は緑色、熟すにつれて色づき目立つようになる…
                                                                                                                                                                                                                なんでかわかりますか?
                                                                                                                                                                                                                というのも、実と共に中の種を運んでもらい、別の場所で芽が出て木に成る…
                                                                                                                                                                                                                そうなんです、これが「子孫繁栄」なるからなんです。
                                                                                                                                                                                                                なんて話も聞かせてくれました。

                                                                                                                                                                                                                そして「次郎柿」が甘柿だっていうのもご存知ですか?
                                                                                                                                                                                                                実は関東ぐらいまでを境に北の方ではほとんど「渋柿」になるのです。

                                                                                                                                                                                                                百肖「豊川」山内章裕
                                                                                                                                                                                                                とっても狭い範囲でしか採れない甘柿で本当は「次郎柿」は貴重なんだよというお話もきかせてくださいました。


                                                                                                                                                                                                                百肖「豊川」山内章裕
                                                                                                                                                                                                                そしてこの山内さん、実はアスパラガスも育てています。
                                                                                                                                                                                                                でも夏場は果樹との兼ね合いがあって今年は休んでいるそうです。

                                                                                                                                                                                                                そんな中上の写真の芽を例えにアスパラガスの話もしてくださいました。
                                                                                                                                                                                                                今年のような異常な暑さが続くことで温感センサー機能が壊れてしまい、どんどん芽が出てしまうそうです。
                                                                                                                                                                                                                柿も芽が用意されているので育ってもいいはずなのに育たないのはそんなセンサーがちゃんと働いているからなんだそうです。
                                                                                                                                                                                                                なるほど…ホント勉強になります。


                                                                                                                                                                                                                百肖「豊川」山内章裕
                                                                                                                                                                                                                あと2〜3ヶ月でオレンジ色に熟した柿が見られるようです。
                                                                                                                                                                                                                木なり完熟の柿、リスクを冒して鳥に食べられてもそれは「神様の思し召し」。
                                                                                                                                                                                                                全部採ろうなんて贅沢なんだよと話してくれたのがとっても印象的でした。


                                                                                                                                                                                                                百肖「豊川」山内章裕

                                                                                                                                                                                                                百肖「豊川」山内章裕
                                                                                                                                                                                                                これからも「季節誌しずく」を応援してるからと励ましていただきました。

                                                                                                                                                                                                                久しぶりの再会にまた新たな刺激と元気を頂きました。
                                                                                                                                                                                                                ありがとうございました。



                                                                                                                                                                                                                東三河の素晴らしい生産者〜百肖ホームページへもどる



                                                                                                                                                                                                                季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                                                                季節誌しずく


                                                                                                                                                                                                                季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                                                                アイスタイルデザイン
                                                                                                                                                                                                                 
                                                                                                                                                                                                                photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                                                                0

                                                                                                                                                                                                                  磯野義弘・綾子さん【豊川】里いもなど露地野菜生産者


                                                                                                                                                                                                                  豊川西部地域で露地野菜を作る磯野さん。

                                                                                                                                                                                                                  この地域は一面に広がる田んぼもあれば、

                                                                                                                                                                                                                  野菜をはじめ、いちごなど露地栽培が盛んなところ。


                                                                                                                                                                                                                  義弘さんは定年退職された後、JAひまわりさんの農業研修を受け、農家として10年。

                                                                                                                                                                                                                  ご夫婦二人三脚で、野菜を作り続けています。






                                                                                                                                                                                                                  百肖「豊川」磯野義弘・綾子


                                                                                                                                                                                                                  伺った時期はちょうど、里いもを出荷。

                                                                                                                                                                                                                  石川早生と赤目大吉の時期をずらした栽培。

                                                                                                                                                                                                                  背丈以上の里いもを1人で掘り起こす。


                                                                                                                                                                                                                  百肖「豊川」磯野義弘・綾子


                                                                                                                                                                                                                  トトロに出てきそうなくらい大きいのです…


                                                                                                                                                                                                                  百肖「豊川」磯野義弘・綾子


                                                                                                                                                                                                                  つるはし1本で…


                                                                                                                                                                                                                  百肖「豊川」磯野義弘・綾子


                                                                                                                                                                                                                  写真は石川早生。

                                                                                                                                                                                                                  一般的に出回っているものですが、

                                                                                                                                                                                                                  磯野さんは少々早めの出荷。

                                                                                                                                                                                                                  冬に向けては赤芽大吉という、

                                                                                                                                                                                                                  赤芽品種になるそうです。


                                                                                                                                                                                                                  百肖「豊川」磯野義弘・綾子


                                                                                                                                                                                                                  奥様が一つ一つ丁寧に切り分けて、梱包。

                                                                                                                                                                                                                  こちらもとても大変な作業です。


                                                                                                                                                                                                                  百肖「豊川」磯野義弘・綾子



                                                                                                                                                                                                                  分けられる前の状態はほとんど見ることがないため、

                                                                                                                                                                                                                  親、子、孫、…

                                                                                                                                                                                                                  里いものお話も楽しいのです…


                                                                                                                                                                                                                  夫婦二人、どちらかがいなくなっても、もう続けられない。

                                                                                                                                                                                                                  二人でできるうちは、できる範囲で楽しんでやっていきたい。

                                                                                                                                                                                                                  その気持ちが野菜にもあらわれ、

                                                                                                                                                                                                                  お客さんのおいしいの笑顔にもつながっているんだなと思うのです。



                                                                                                                                                                                                                  東三河の素晴らしい生産者〜百肖ホームページへもどる



                                                                                                                                                                                                                  季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                                                                  季節誌しずく


                                                                                                                                                                                                                  季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                                                                  アイスタイルデザイン







                                                                                                                                                                                                                   
                                                                                                                                                                                                                  photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                                                                  0

                                                                                                                                                                                                                    鈴木晋示さん・希世美さん【豊川市】音羽米生産者



                                                                                                                                                                                                                    豊川市音羽町。

                                                                                                                                                                                                                    東名高速道路音羽・蒲郡インターが近くにあり、国道一号線からも、

                                                                                                                                                                                                                    田んぼを見る事ができます。


                                                                                                                                                                                                                    音羽米は、この地域では珍しい有機栽培米。

                                                                                                                                                                                                                    ブランド米として、約100軒の農家が農薬を使うことなく、

                                                                                                                                                                                                                    大切に育てられています。



                                                                                                                                                                                                                    百肖「豊川」鈴木晋示・希世美






                                                                                                                                                                                                                    水もとってもきれい。

                                                                                                                                                                                                                    山から来た、恵みの水ですね。

                                                                                                                                                                                                                    水が田んぼに力を与えている…納得です。


                                                                                                                                                                                                                    たびたび季節誌しずくに登場していただいている、

                                                                                                                                                                                                                    こだわり農場の鈴木晋示さん。

                                                                                                                                                                                                                    音羽米の生産者の1人です。



                                                                                                                                                                                                                    百肖「豊川」鈴木晋示・希世美


                                                                                                                                                                                                                    音羽米を使った、加工品も手掛けられ、地元産直(グリーンセンター)で購入することができます。

                                                                                                                                                                                                                    ポン菓子や赤ちゃんせんべいなどなど…

                                                                                                                                                                                                                    インターネットでも販売可能。

                                                                                                                                                                                                                    こだわり農場すずき




                                                                                                                                                                                                                    百肖「豊川」鈴木晋示・希世美


                                                                                                                                                                                                                    4月の下旬から田植えされた音羽米は、

                                                                                                                                                                                                                    9月に入り、収穫が始まります。


                                                                                                                                                                                                                    撮影時には、もうすでに金色に輝きはじめ、風が吹くとなびく姿がとってもきれいでした。

                                                                                                                                                                                                                    今年も、おいしい音羽米の新米が楽しみです。


                                                                                                                                                                                                                    百肖「豊川」鈴木晋示・希世美



                                                                                                                                                                                                                    ちょっと照れながら、

                                                                                                                                                                                                                    ご夫婦でツーショットを撮らせていただきました。

                                                                                                                                                                                                                    ありがとうございました。










                                                                                                                                                                                                                    鈴木さんの詳しい情報はコチラ

                                                                                                                                                                                                                    東三河の素晴らしい生産者〜百肖ホームページへもどる

                                                                                                                                                                                                                    季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                                                                    季節誌しずく


                                                                                                                                                                                                                    季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                                                                    アイスタイルデザイン

















                                                                                                                                                                                                                     
                                                                                                                                                                                                                    photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                                                                    0

                                                                                                                                                                                                                      小澤功二さん【豊川】小松菜を愛す



                                                                                                                                                                                                                      季節誌しずく第2号に登場していただいた、小澤功二さん。

                                                                                                                                                                                                                      新東名高速道路の一部を眺めることができる、場所に小澤さんの畑はあります。


                                                                                                                                                                                                                      ここは、豊川市萩町。

                                                                                                                                                                                                                      音羽町を奥に入り、山を越えると岡崎。


                                                                                                                                                                                                                      百肖「豊川」小澤功二


                                                                                                                                                                                                                      田んぼが広がり、なんとも気分はゆったり。


                                                                                                                                                                                                                      ここに小澤さんの小松菜ハウスはあります。








                                                                                                                                                                                                                      びっしりと育てられている小松菜は、とてもやさしい感じがします。

                                                                                                                                                                                                                      やわらかそうで、ふんわりした感じ♪

                                                                                                                                                                                                                      手間暇かけられ、丁寧に育てられた小松菜は小澤さんの愛情がたっぷりと思います。



                                                                                                                                                                                                                      百肖「豊川」小澤功二


                                                                                                                                                                                                                      もくもくと作業をする小澤さん。




                                                                                                                                                                                                                      百肖「豊川」小澤功二



                                                                                                                                                                                                                      小松菜一筋。

                                                                                                                                                                                                                      カッコイイです手





                                                                                                                                                                                                                      百肖「豊川」小澤功二



                                                                                                                                                                                                                      ゆっくりと流れる時間と共に、

                                                                                                                                                                                                                      ハウス内で小松菜たちがゆったりと育てられています。

                                                                                                                                                                                                                      年末年始が本来の旬。

                                                                                                                                                                                                                      このあたりの地域では、お正月のお雑煮に小松菜が入れられるため。

                                                                                                                                                                                                                      地域にとっても、切っても切れない存在なのです。



                                                                                                                                                                                                                      東三河の素晴らしい生産者〜百肖ホームページへもどる


                                                                                                                                                                                                                      季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                                                                      季節誌しずく


                                                                                                                                                                                                                      季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                                                                      アイスタイルデザイン











                                                                                                                                                                                                                       
                                                                                                                                                                                                                      photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                                                                      0

                                                                                                                                                                                                                        石河 悟/美佐江さん【新城】農家を愉しむ明るいご夫婦


                                                                                                                                                                                                                        「百肖」石河悟・美佐江,新城

                                                                                                                                                                                                                        取材に伺った当日も「もっくる新城」さんに納品に行こうと思ったら、産直の品が無くなっていたので納品先を急きょ変更しておいてきたと笑顔で我々を迎えてくれた「石河 悟さん、美佐江さん」ご夫妻。少量多品目の野菜を地元の産直をメインに販売をしてみえます。


                                                                                                                                                                                                                        「百肖」石河悟・美佐江,新城

                                                                                                                                                                                                                        「今年の夏は本当に暑いね〜」とはじめて会う我々に倉庫の中の日の当たらない場所に誘導くれ、扇風機もと進めてくれました、とっても優しいお二人です(^^)
                                                                                                                                                                                                                        「季節誌しずくとは?」と身の上話からのスタートです。まだまだ認知度が低い…(汗)
                                                                                                                                                                                                                        (頑張りませんと!)お話し好きなお二人で本当に助かります!いろいろとお聞きできて本当に刺激的です! 特に獣害についてはいろいろとお話を聞くことができました。


                                                                                                                                                                                                                        「百肖」石河悟・美佐江,新城

                                                                                                                                                                                                                        家のすぐ横の畑。ご訪問した時に「なんで枯れた畑があるのだろう?」と思っていた疑問が解消しました。なんと!何を植えてもサルが来て食べてしまうのだそうです。だから植えないそうです(納得!)
                                                                                                                                                                                                                        「百肖」石河悟・美佐江,新城

                                                                                                                                                                                                                        新城のこの辺りは以前にも獣害がひどいと聞いてはいたものの本当に深刻なところまで来ているのだと改めて通関しました。
                                                                                                                                                                                                                        特にお米は被害がひどく、ちょうど身が柔らかいこれからって時期に穂先を部分を歯に挟み一気に実をそいでしまうそうです。この頃のお米はまだ身が水分で甘いらしくそれを狙っていると。でも水分だからお腹が膨らまないからすごい勢いで稲穂が無くなってしまうと…。今の時分はまだ大丈夫と言っても近いうちには対策を講じるようとのこと、本当に大変です。

                                                                                                                                                                                                                        「百肖」石河悟・美佐江,新城

                                                                                                                                                                                                                        他の作物も例外なく狙われる中、ハウスで育てる苗は産直でも人気があり、育て甲斐があると教えてくれました。

                                                                                                                                                                                                                        「百肖」石河悟・美佐江,新城

                                                                                                                                                                                                                        産直に出す野菜についても、人気のあるものや皆が育てないようなものも取り入れながらこれからも探究心を忘れずに取り組むとおっしゃってくれたお二人の野菜に対する情熱に脱帽でした。



                                                                                                                                                                                                                        東三河の素晴らしい生産者〜百肖ホームページへもどる


                                                                                                                                                                                                                        季節誌しずくをもっと知りたい…
                                                                                                                                                                                                                        季節誌しずく


                                                                                                                                                                                                                        季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                                                                        アイスタイルデザイン
                                                                                                                                                                                                                         
                                                                                                                                                                                                                        photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                                                                        0

                                                                                                                                                                                                                          河合竹男さん【田原】ニッチな露地野菜



                                                                                                                                                                                                                          しずく9号(2013.12月号)の旬のしずくに登場していただいた、河合さん。

                                                                                                                                                                                                                          本誌取材時は、河合さんの主力野菜のカリフラワーやサボイキャベツなどなどでお邪魔しました。

                                                                                                                                                                                                                          その時から、私は「ニッチ河合さん」と勝手にお呼びしております。


                                                                                                                                                                                                                          紹介していただいた農家さん曰く、

                                                                                                                                                                                                                          「変な野菜を作っとる人がおる。」っと…。

                                                                                                                                                                                                                          そう、人の作る野菜はあまり作らない。(かっこよく言うと時代を先取り!)


                                                                                                                                                                                                                          ネットで情報収集し、珍しい野菜を中心に1人で栽培。

                                                                                                                                                                                                                          カリフラワーも、白でなく、紫、オレンジ、緑…

                                                                                                                                                                                                                          かぼちゃも普通のかぼちゃではなく、トランペットかぼちゃ…


                                                                                                                                                                                                                          百肖「田原」河合竹男


                                                                                                                                                                                                                          こちらは、今、人気が出てきているバターナッツ。

                                                                                                                                                                                                                          百肖「田原」河合竹男


                                                                                                                                                                                                                          河合さんのかぼちゃは、土に面していません。

                                                                                                                                                                                                                          つる下げて作るのがこだわり。


                                                                                                                                                                                                                          百肖「田原」河合竹男


                                                                                                                                                                                                                          撮影に伺った時は、雨が降らず、土壌もカラカラの状態の時。

                                                                                                                                                                                                                          葉は枯れていても、かぼちゃは落ちずに育っていました。



                                                                                                                                                                                                                          百肖「田原」河合竹男


                                                                                                                                                                                                                          百肖「田原」河合竹男



                                                                                                                                                                                                                          大きなピーマンに、UFOズッキーニ…



                                                                                                                                                                                                                          そしてそして…

                                                                                                                                                                                                                          なんと先日、しずくをきっかけに、メーテレさんが取材に訪れ、テレビデビュー!!!





                                                                                                                                                                                                                          私も、河合さんからのご一報にビックリしました。Docomo_hart2


                                                                                                                                                                                                                          お会いした時は、いつも挑戦している野菜のことを教えてくれます。

                                                                                                                                                                                                                          本当に、楽しみなんです。


                                                                                                                                                                                                                          プロの料理人さんからも、

                                                                                                                                                                                                                          「この野菜欲しいんだけど…」っと、オーダーが入るそうで、

                                                                                                                                                                                                                          その声に応え、試行錯誤して作り出す河合さんの野菜は、

                                                                                                                                                                                                                          やっぱりニッチなお野菜です。



                                                                                                                                                                                                                           
                                                                                                                                                                                                                          百肖ホームページ 
                                                                                                                                                                                                                          河合竹男さんの旬しずく記事はコチラ…

                                                                                                                                                                                                                          季節誌しずくを作っているグラフィックデザイン事務所…
                                                                                                                                                                                                                          アイスタイルデザイン
                                                                                                                                                                                                                           





                                                                                                                                                                                                                           
                                                                                                                                                                                                                          photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                                                                          0

                                                                                                                                                                                                                            守田重徳さん【豊橋】巨峰農家


                                                                                                                                                                                                                            ここは豊橋市の北部・石巻地区。

                                                                                                                                                                                                                            桃に始り、ぶどう、梨、柿と、果樹栽培がとっても盛んな地域です。

                                                                                                                                                                                                                            田んぼを囲むように、起伏ある果樹園の山々はとっても清々しくて気持ちいいです。


                                                                                                                                                                                                                            百肖「豊橋」守田重徳


                                                                                                                                                                                                                            その中でも、6月中旬からハウス栽培の巨峰の出荷が始まります。

                                                                                                                                                                                                                            種なしぶどうは豊橋発祥の地で知られており、今はほとんど種なし巨峰のようです。


                                                                                                                                                                                                                            巨峰農家さんの一人、守田重徳さん。

                                                                                                                                                                                                                            伺った時はハウス栽培が終わり、露地栽培にうつるところ。

                                                                                                                                                                                                                            柿畑を抜けると…


                                                                                                                                                                                                                            百肖「豊橋」守田重徳


                                                                                                                                                                                                                            露地の巨峰畑が見えてきました。


                                                                                                                                                                                                                            百肖「豊橋」守田重徳



                                                                                                                                                                                                                            百肖「豊橋」守田重徳


                                                                                                                                                                                                                            鈴なりになった巨峰には、丁寧に一つひとつ手でかけられた袋。

                                                                                                                                                                                                                            今年は4月の長雨、8月に入ってからの猛暑。

                                                                                                                                                                                                                            ですが、なんとかおいしい巨峰がそろったと、笑顔で教えてくれました。


                                                                                                                                                                                                                            百肖「豊橋」守田重徳


                                                                                                                                                                                                                            濃い紫をした、なんとも輝かしい巨峰。

                                                                                                                                                                                                                            まるで宝石のようですき


                                                                                                                                                                                                                            百肖「豊橋」守田重徳


                                                                                                                                                                                                                            「作業は中腰だから、とってもえらい。

                                                                                                                                                                                                                            奥さんと二人だけど、なんとか続けていきたい。おいしいのひとことがうれしい。」

                                                                                                                                                                                                                            っと、今年も自慢の巨峰を見せてくれました。

                                                                                                                                                                                                                            味は…

                                                                                                                                                                                                                            もちろん、これぞ巨峰の甘さ。濃いサキ

                                                                                                                                                                                                                            小さなお子さんから、ご年配の方まで手軽に食べれるのがぶどうの醍醐味。

                                                                                                                                                                                                                            豊橋、夏の味のひとつですきゃvネコ






                                                                                                                                                                                                                            東三河の素晴らしい生産者〜百肖ホームページへもどる
                                                                                                                                                                                                                            季節誌しずくをもっと知りたい…

                                                                                                                                                                                                                            季節誌しずくを作っているデザイン事務所…
                                                                                                                                                                                                                            アイスタイルデザイン









                                                                                                                                                                                                                             
                                                                                                                                                                                                                            photo by shizuku2015
                                                                                                                                                                                                                            0

                                                                                                                                                                                                                              blog information

                                                                                                                                                                                                                              >> Latest Photos
                                                                                                                                                                                                                              >> Recent Comments
                                                                                                                                                                                                                              >> Recommend
                                                                                                                                                                                                                              >> Mobile
                                                                                                                                                                                                                              qrcode
                                                                                                                                                                                                                              >> Links




                                                                                                                                                                                                                              百肖〜季節誌しずく写真集〜

                                                                                                                                                                                                                              創刊4周年を記念してアイスタイルデザイン「しずく企画室」が東三河の生産者100人をご紹介。写真集の詳細は下をクリック!

                                                                                                                                                                                                                              季節誌しずく写真集「百肖」



                                                                                                                                                                                                                              最近のブログ

                                                                                                                                                                                                                              このページの先頭へ

                                                                                                                                                                                                                              管理者ページ